1. 無料アクセス解析

速水螺旋人の馬車馬大作戦 bis 赤本(速水螺旋人/イカロス出版)

  • 2015/01/13(火) 23:59:51

本書は、2008年に刊行された漫画家・イラストレーターの速水螺旋人の作品集「速水螺旋人の馬車馬大作戦」を復刻し、さらに「赤本」「黒本」の二冊に分け、萌えミリタリー誌「MC☆あくしず」等に掲載のイラストコラムを多数収録した作品集のうちの「赤本」である。

この「赤本」には、「アームズマガジン」連載のイラストコラム・コミック「馬車馬戦記」0話~27話、その他のイラストコラム、そして「MC☆あくしず」掲載のイラストコラム「ロシア妄想主義概論」を完全収録している。
なお「赤本」というタイトルは、「ロシア妄想主義概論」で扱う旧ソ連軍、すなわち赤軍からきているのであろう(「黒本」は、コミック「黒色火薬時代」で扱う黒色火薬からきていると思われる)。

「馬車馬戦記」については以前感想を書いたのだが、速水螺旋人の描くアナログ架空兵器および架空戦記は、独特の不便さ、野暮ったさ、人間の愚かさによる恐竜的進化、そして無骨でありながらもどこか可愛らしく愛嬌があり、笑えるところが魅力的である。
http://yabumi.blog107.fc2.com/blog-entry-416.html

そして今回収録のイラストコラム「ロシア妄想主義概論」では、ロシア軍及び旧ソ連軍、さらにロシアの文化、宗教、民族などを扱っているのだが、著者のロシア愛が炸裂しており、人物及び兵器等のイラストも、手書きのコラムも大変興味深く魅力的な内容になっている。
たとえば第二回では「ソ連軍初の元帥、鬼騎兵将軍ブジョンヌイ元帥!」といきなりアクセル全開。
第三回は「大和より役に立った!赤い戦艦ガングート」などなどと、各連載では、帝政ロシア、社会主義国ソ連ならではの非合理と、同時に大変な合理性が混沌と共存する姿、その中で繰り広げられる人間のドラマが、無骨でありながら可愛らしいイラストで描かれ、独特の語り口の手書き文字で語られており、この調子で全17回の連載をフルスロットルで突っ走っているのである。

本書は、どこから読んでも楽しめる内容になっており、末永く手にとって楽しめるであろう一冊である。「黒本」も楽しみである。


グレートメカニックDX(31)を買った

  • 2014/12/15(月) 23:04:22

戦闘メカの魅力に様々な切り口から迫る、戦闘メカを愛する者のための雑誌の最新号。
今号の特集はガンダムビルドファイターズトライ、Gのレコンギスタ、宇宙戦艦ヤマト2199星巡る方舟、クロスアンジュ、フューリー、アルジェヴォルン、アップルシードアルファ、宇宙船サジタリウス、などなど。


■グレートメカニックDX(31) (双葉社MOOK)


「グレートメカニック.DX」10を購入

  • 2009/09/16(水) 23:59:17

「機動戦士ガンダム」「装甲騎兵ボトムズ」などの戦闘アニメで活躍する戦闘メカの魅力に毎号様々な切り口から迫る、戦闘メカを愛する者のための雑誌の最新号。
書店で見かけたので、パラパラとみたところ、今号もまたおもしろそうなので購入。

「グレートメカニック.DX」9を購入

  • 2009/06/16(火) 23:59:47

戦闘アニメで活躍する戦闘メカの魅力を毎号様々な切り口から熱く語る、戦闘メカを愛する者のための雑誌の最新号。
毎号楽しみにしている雑誌なので購入。

まず表紙イラストは新旧二機のバルキリー、VF1とVF25である。
そして表紙のでかでかと書かれた特集は、以下の通り。
◆VF進化論
◆ガンダム30年の法則
◆交響詩篇エウレカセヴン 京田知己総監督インタビュー
◆機動戦士ガンダムOO 海老沢兼武×柳瀬敬之

さらにパラパラと本をめくると、充実の内容が期待できそうな様子である。
今号も、戦闘メカ分を補給し、魂の戦闘メカ濃度をさらに高めてくれることを期待しており、楽しみである。

「グレートメカニック.DX」8を購入

  • 2009/03/17(火) 22:55:45

パラパラとみたところ、充実の内容が期待できそうであり、これから読むのが楽しみである。
なお、主な記事はざっと以下の通り。

◆ガンダムMSディテール30年史
◆コードギアス反逆のルルーシュ
 谷口悟郎監督インタビュー 「コードギアス」という世界観の構築
◆装甲騎兵ボトムズ ペールゼンファイルズ
 [対談]スティーヴ塚田プロデューサ×ヤマザキ軍曹
◆グレメカ人生波止場 第二回
 [インタビュー]赤根和樹 (アニメーション演出家 「天空のエスカフローネ」「鉄腕バーディーDECODE」など
◆マクロスF
 「ゼロ」から「F」へ マクロス世界の歴史再探訪
◆宇宙開発最前線 宇宙事情の現在とこれから

「グレートメカニック.DX」7を購入

  • 2008/12/12(金) 23:59:43

戦闘メカを愛する者のための雑誌の最新号。
今号では、まず「ガンダム」シリーズ及び「ガンダムOO」、そして「コードギアス」「マクロスF」「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ」を大きく取り上げ、さらに荒牧伸志および板野一郎のロングインタビューを掲載している。
これは期待できそうであり、読むのが楽しみである。



島田フミカネART WORKS(角川書店)

  • 2008/11/10(月) 22:56:07

本書は、「ストライクウィッチーズ」などで有名な島田フミカネの作品集であり、商業誌および同人誌で発表した作品を中心に、約200点のイラストを掲載している。

デジタルのみで描いているというこだわりのメカ少女のイラストの数々は、実在の兵器と軍服を踏まえての様々なデザインと内面を感じさせる表情が魅力的であり、飛翔している姿など情景を描いたイラストは独特の背景世界の奥行きをかんじさせ、おもしろい。

また、様々なデザインのメカ少女からは、ストライクウィッチーズに至るまでの試行錯誤が伺え、ここら辺も興味深い。

さらに全掲載作品に作者コメントを掲載。
これが各作品のおもしろさをより深めてくれている。

そして作者インタビューと、パソコンによるイラスト作成プロセスを掲載。
こちらもそれぞれ興味深くおもしろかった。



グレートメカニックDX6(双葉社)

  • 2008/09/18(木) 23:29:49

本書は、「ガンダム」「ボトムズ」「マクロス」をはじめとする戦闘アニメで活躍する戦闘メカを愛する者のための雑誌である。
今号では、「ガンダムOO」セカンドシーズン・「コードギアス 反逆のルルーシュ R2」から「ボトムズ」「Zガンダム」「オーガス」といった作品について、「戦闘メカ」と「戦い」という切り口からメカと作品を分析する記事を掲載、誌面はまさに戦闘メカへの深い愛とこだわりに満ち満ちており、おもしろかった。
同時に戦闘機や航空機など現実のメカの最新事情についても紹介、こちらも興味ぶかく面白い。
今号で特に印象的だった記事は、以下の通りである。


【Believing a SIGN of Z ~今だからこそZガンダムという作品を振り返る~】
◆シリーズ戦略分析 U.C.0087年代の政治関係
Zガンダムの時代、物語の舞台となった「グリプス戦役」の頃の政治情勢についての考察である。
「ガンダム」の舞台である「一年戦争」は、地球連邦とジオン公国という国家間の戦争であった。一方、「Zガンダム」の舞台である「グリプス戦役」は、連邦軍内部の派閥抗争であり、国家間の「戦争」とは質的に異なるものである。この記事では、グリプス戦役の背景となった「一年戦争後の世界」の政治情勢や戦役の実体について考察している。

◆グリプス戦役を駆け抜けたモビルスーツたち
Zガンダムの時代の様々なMSと、その開発の状況の考察である。
一年戦争では、連邦とジオンと言う国家がそれぞれMSを開発した。
一方、グリプス戦役では、アナハイム・エレクトロニクス社をはじめとする開発拠点が各地に群雄割拠し、ティターンズやエゥーゴなどの各勢力とそれぞれつながりを持ち、MSを供給していた。
各開発拠点は各勢力とそれぞれどのような関係を築き、どのようにMSを開発したのか、特色ある様々なMSは何を意図して開発されたのかを、一年戦争後という国家間戦争の想定しづらい時代の軍事情勢や政治情勢も踏まえて考察している。

◆発掘!新ガンダム創生 ガンダムMk-Ⅱができるまで
ガンダムMk-Ⅱのデザインが決定するまでの事情とデザインの変遷を当時の準備稿多数を掲載して紹介。まだ「ガンダム」がロングシリーズとなる以前の、様々な紆余曲折と試行錯誤が伺え、興味深い。

◆Zガンダムプロデューサー 内田健二インタビュー
当時のプロデューサー・内田健二が作品舞台裏について明かすロングインタビューであり、当時のアニメ業界や制作の現場について触れており、興味ぶかい。


【特集 マクロスF】
◆マクロスF CGメカアクションの真髄とは?
マクロスFのCGメカアクションの製作舞台裏についてのインタビュー記事である。
マクロスFのCGメカアクションは、大変評価が高いが、実は「マクロスゼロ」から「創世のアクエリオン」といった作品によって試行錯誤を重ねノウハウを蓄積し、さらに「マクロスF」では本作ならではの新たなCGメカアクションを探求し、回を重ねるごとにCGスタッフの技量が向上していき、CGの表現もより進化していったことを、特にメカアクションの充実した回を具体例として紹介している。
CGメカアクションは、今まさに草創期であり、これからさらに進化していくとかんじられ、興味深かった。

◆デストロイドスペシャル~デストロイドから戦闘ポッドまで~
マクロスのデストロイド及び戦闘ポッドの特集記事である。
メカデザイナー・宮武一貴が「デストロイド」各機についてコメントし、独特の切り口から「デストロイド」を紹介。さらに、デストロイドの敵役という側面から「戦闘ポッド」についてもコメントを紹介し、分析。
無骨な陸戦兵器が好きなので、デストロイドが好きであり、興味深く、おもしろかった。

◆メカニック・デザイナー 宮武一貴インタビュー
宮武一貴へのデストロイドとマクロスという作品についての、インタビュー記事である。デストロイドの誕生秘話や「マクロス」という作品そのものについて語っており、興味深い。


【特集 装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ】
◆ロングインタビュー 郷田ほづみ
「グレートメカニック」ならではのインタビュー内容であり、おもしろく、興味深かった。ボトムズシリーズ全作品への郷田ほづみのコメントも、ボトムズへの思い入れが伺えて好きである。


【連載】
◆AT Stories アイアンファティーグ(漫画:曽根由大)
ATとボトムズ乗りたちの戦いと生き様を描くマンガ作品である。
今回は、短編で描かれた整備兵ササコ・アジャ上等兵が惑星ランプレアートに配属され、おなじみのボトムズ乗りたちのATを整備するお話である。
各ATは搭乗者の好みや過去の苦い経験からそれぞれカスタマイズされており、搭乗者の個性と人柄、さらには人生まで反映された各ATは、搭乗者ともども興味深く、そしてあまりに個性的な各ATに当初戸惑うササコだが、物資不足を独自の工夫で補う姿も描かれ、おもしろかった。
次回以降、ATの戦闘描写と同時に、ササコ上等兵のさらなる活躍が楽しみである。



「完本 太陽の牙ダグラム」(一迅社)、2008年8月発売予定

  • 2008/07/30(水) 22:31:54

アニメ「太陽の牙ダグラム」は、1981~83年に放映されたリアルロボットアニメであり、1980年代前半の代表的なリアルロボットアニメの一つである。
この度、一迅社より「完本 太陽の牙ダグラム」が2008年8月に発売されるとの事である。

「TUTAYA online」では、本書について以下のように紹介している。
http://lx02.www.tsutaya.co.jp/shopping/marugoto/index.pl?pg_id=4534

「メカ」「キャラクター」「ストーリー」「世界観」etc.
「ダグラム」の全てがこの1冊に集約!!
高橋良輔監督×井上幸一氏による「デロイア」放談を掲載するほか、特別企画「CBアーマー開発史」「デロイア独立戦争史」など、読み応えタップリ!!

これは充実の内容を期待したいところであり、購入の予定である。

今日の買い物

  • 2008/07/21(月) 23:49:03

ハイパーウエポン 2008 狂気の原風景-そして真実
(小林誠/艦船模型スペシャル別冊/モデルアート社)


メカデザインなどで活躍する小林誠による、オリジナルメカのイラストや3DCGなどの作品集。
「アーマード・コア フォーアンサー」「ロストオデッセイ」「ドルアーガの塔」などのゲーム用コンセプトデザイン、小林誠のファンによる造型作品、以前発表されたオリジナルストーリー「ハイパーウエポン2」の再録、雑誌「モデルカーレーサーズ」に掲載したミニチュアカーの製作ガイド記事などを収録。

小林誠による「ドラゴンズヘブン」「迷宮都市」などが好きであり、小林誠によるメカやイラスト・3DCGが好きなので購入。