1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「装甲騎兵ボトムズ CRIMSON EYES」2巻を購入

  • 2009/08/01(土) 22:24:27

引越先の書店で見かけたので購入。
この二巻の表紙は、ベルゼルガとバシリッサである。

一巻の表紙はスコープドッグとレッカであったが、つまりレッカとバシリッサは、それぞれこの作品を象徴する人物ということなのだろうと思う。

本作は色々と突っ込みどころはあるかもしれないが、自分としては好きな作品である。
単行本は通して読めるところがおもしろく、そして通して読むことで新たに見えてくるものに出会えることが楽しみである。


スポンサーサイト

「装甲騎兵ボトムズ CRIMSON EYES」1巻を購入

  • 2009/06/19(金) 23:59:18

本日は帰宅時間が遅くなり、午後10時半まで開いている書店が閉まってしまわないか冷や冷やしたが、どうにか間に合い、無事「装甲騎兵ボトムズ CRIMSON EYES」1巻を購入できた。私の近所の書店という、割と一般的な店舗でも扱っていたことは、嬉しい限りである。

この「CRIMSON EYES」であるが、まず通して読むことによる面白さを期待している。
また本作の連載開始は昨年4月であり、このくらい時間が経つと内容はおぼろげにしか覚えておらず、また新たな気持ちで楽しめるのではないかと思う。

これから読むのが楽しみである。

「装甲騎兵ボトムズ CRIMSON EYES」1巻、いよいよ明日発売

  • 2009/06/18(木) 23:59:32

「装甲騎兵ボトムズ CRIMSON EYES」(漫画:杉村麦太)のコミックス第1巻が、いよいよ明日(6/19)発売である。これは「チャンピオンレッド」2009年6月号(4/19発売)の情報であり、私は信じている。
明日は是非とも書店に立ち寄り購入の予定であり、楽しみである。




「チャンピオンレッド」2009年7月号(秋田書店)を購入

  • 2009/05/19(火) 23:59:47

連載漫画「装甲騎兵ボトムズ CRIMSON EYES」(漫画:杉村麦太)を最大の目当てに購入。
一年に渡った連載も、今回で最終回である。
レッカの戦いはどのような結末を迎えるのか、読むのが楽しみである。
そして、6月19日のコミックス第一巻も楽しみである。

「装甲騎兵ボトムズ CRIMSON EYES」1巻、2009年6月19日発売予定

  • 2009/05/02(土) 20:22:25

4/19に発売された「チャンピオンレッド」2009年6月号によると、「装甲騎兵ボトムズ CRIMSON EYES」(漫画:杉村麦太)のコミックス第1巻が、2009年6月19日に発売されるとのことである。
この情報、6月号の「CRIMSON EYES」の一ページ目の右上に記してある。

自分はボトムズを応援しており、「CRIMSON EYES」のために「チャンピオンレッド」を購読しているのであり、単行本も当然購入の予定である。

単行本については、まずは通して読むことが楽しみであり、表紙絵が楽しみである。
そして、限られた時間内で原稿を上げねばならない連載中にはどうしても手の行き届かないところがあるものだが、そのようなところへの加筆修正がなされるならば、嬉しい限りである。

「チャンピオンレッド」2009年6月号を購入

  • 2009/04/18(土) 23:59:25

連載漫画「装甲騎兵ボトムズCRIMSON EYES」(杉村麦太)を最大の目当てに購入。
レッカとサグート大統領との戦いの行方に、そして惑星クラビウスで繰り広げられる物語の行方に注目であり、楽しみである。



「チャンピオンレッド」2009年5月号を購入

  • 2009/03/20(金) 23:50:19

連載漫画「装甲騎兵ボトムズCRIMSON EYES」(杉村麦太)を最大の目当てに購入。
レッカとバシリッサとの戦いの行方がどのような展開を見せるのか、気になるところであり、これから読むのが楽しみである。


なお、ここ最近は夜遅くまで勤務せざるを得ない状況が続いていたのだが、今日は久々に丸一日休めてゆっくりできた。
明日明後日も休日出勤なのだが、これは来週土曜までとのこと。
この過酷な状況に、とりあえず出口が見えて、ほっとしている。
土日に普通に休めることがいかに幸せなことか思い知らされている今日この頃だが、もうしばらくの辛抱のようである。

正直なところ最近は、少しでも休めるときは極力休まないと身体が持たず、長文のブログ更新を行なう体力的精神的な余裕が全くない。
私にとってのこの非常事態が終わったら、長文の感想更新を再開する予定である。

「チャンピオンレッド」4月号を購入

  • 2009/02/20(金) 23:00:31

連載漫画「装甲騎兵ボトムズ CRIMSON EYES」(漫画:杉村麦太)を最大の目当てに購入。

前回、レッカは謎の少女バシリッサとAT同士で激突した。
その中で、バシリッサの正体が明かされるのである。

実はバシリッサは、サグート大統領の計画によりAT乗りの英才教育を受けた孤児なのである。
サグート大統領は、野盗軍閥が割拠し戦いの絶えないこの惑星で争いを止めるものは力のみとの結論に達した。だからこそサグートは、自らATを駆って軍閥を平定し、力による支配を惑星に敷いたのだ。そしてサグートは、無法を力で束ねる次世代の英雄の育成を進めていたのである。

もっとも、サグートが真に新世代の英雄と見なすのはレッカのみのようであり、これがサグートを慕うバシリッサには気に入らない。
ここら辺、バシリッサの孤独が伺えるところである。

レッカとバシリッサは激闘を繰り広げる。
バシリッサの操縦技量は尋常ではなく、加えて地の利もバシリッサのものである。
レッカは劣勢に追い込まれる。

だがレッカは、窮地に立たされながらも冷徹に戦場を見つめ、戦士の能力を研ぎ澄ます。
絶体絶命の危機の中、レッカは不利を逆手に取って反撃に転じ、バシリッサに一撃を繰り出す。
そしてレッカの攻撃はバシリッサ機の急所をとらえるが、バシリッサ機の撃破に至らない。

だがこの戦いの本質は、レッカは試合に負けるが勝負に勝ったというものであり、サグート大統領はレッカこそ真の勝者と見極めるのである。

ところがラストで、正体不明のATの大軍勢が出現、首都に接近しつつあった。
この軍勢は一体何者なのか。
軍の反乱か、あるいは反政府ゲリラの大攻勢であろうか。
風雲急を告げる首都アルザケルで、乱世はレッカに何をもたらし、レッカは運命をどのように切り開くのだろうか。

これから読むのが楽しみである。

「チャンピオンレッド」2009年3月号を購入

  • 2009/01/22(木) 22:32:14

連載漫画「装甲騎兵ボトムズ CRIMSON EYES」(漫画:杉村麦太)を最大の目当てに購入。
クエント人女傭兵ハリ・ハリラヤはどうなったのか、レッカとバシリッサはどうなるのか。これから読むのが楽しみである。

雑誌「チャンピオンレッド」2009年2月号を購入

  • 2008/12/25(木) 22:43:24

連載漫画「装甲騎兵ボトムズ CRIMSON EYES」を最大の目当てに購入。

前回、レッカは謎の少女バシリッサと出会った。
このバシリッサ、普段はおとなしいお嬢さまなのだが、ATに乗ると性格が一変。
好戦性を全開にし、驚異的な操縦技量を発揮するのである。
ちなみに前回、バシリッサはストロングバックスを駆り、ATで武装した無法者たちに戦いを挑み、ことごとく壊滅させている。
さらにバシリッサは、グランデュエロに出場するボトムズ乗りたちを皆殺しにするといい、凶悪な笑みを浮かべるのである。

今回、バシリッサはどのような動きを見せるのか。
いよいよ開催されたグランデュエロでは、あの異様なボトムズ乗りたちとカスタム化された様々なAT同士が、バトリングを繰り広げるのか。

そしてレッカは、どのような戦いと生き様を見せてくれるのか。

楽しみである。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。