1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 篤姫」(NHK出版)を購入

  • 2008/05/08(木) 21:27:32

本書「NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 篤姫」は、幕末、江戸城大奥の大実力者であった天璋院・篤姫とその時代を、豊富な図や写真も交えて紹介した本である。
分かり易く、おもしろそうなので購入。


スポンサーサイト

「最後の大奥 天璋院篤姫と和宮」(鈴木由紀子/幻冬舎新書)を購入

  • 2008/04/04(金) 23:59:22

本書「最後の大奥 天璋院篤姫と和宮」は、幕末維新期に、幕府方で活躍した二人の女性、天璋院と和宮について論述した本である。
しっかりした内容と読みやすさが期待できそうなので購入。



敗者たちの幕末維新 徳川を支えた13人の戦い(武光誠/PHP文庫)

  • 2008/03/26(水) 23:49:55

幕末の面白さの一つは、勤皇派、佐幕派の双方に優れた人物がおり、それぞれの立場で何らかの信念に基づいて行動していたところである。

本書「敗者たちの幕末維新」では、幕末の人物の中でも特に、敗者となった幕府方で奮闘した13人の人物を取り上げている。

扱う時代は、ペリー艦隊来航から江戸開城までであり、取り上げられる人物は、老中・阿部正弘にはじまり、会津藩主・松平容保など幕府のための奮闘で有名な人物を取り上げ、同時に京都所司代・松平定敬や老中・板倉勝静など、知名度は一歩譲るかもしれないがあくまで幕府に忠義を尽くす一本気で生き方の不器用な人物たちに光をあてている。

本書は一人の人物を20ページほどで描いていて読み易く、本書を通して読むと幕末維新における幕府側の奮闘を体系的に理解することができて興味深く、おもしろかった。



「幕末の大奥 天璋院と薩摩藩」(畑尚子/岩波新書)を購入

  • 2008/03/04(火) 23:58:14

本書「幕末の大奥 天璋院と薩摩藩」は、外様大名・島津家の分家の娘から13代将軍・家定の正室となった天璋院・篤姫について、幕末の大奥について、そして薩摩藩と江戸城大奥との歴史的なつながりについて、史料に即して考察した一冊。
本書「幕末の大奥 天璋院と薩摩藩」は、歴史上の人物としての篤姫を扱った本であり、おもしろそうなので購入。



「徳川将軍家の真実」(山下昌也/学研M文庫)を購入

  • 2008/02/12(火) 23:40:52

本書「徳川将軍家の真実」は、江戸時代、将軍を中心とする徳川将軍家の江戸城での日々の実態について紹介した本である。
パラパラと見たところ、史料に基づいたしっかりとした内容が期待され、時代劇で描かれる将軍と実際の将軍との比較も興味深く、一つの記事は3~5ページほどにまとめてあり、読みやすくおもしろそうなので購入。



天璋院と徳川将軍家101の謎(川口素生/PHP文庫)

  • 2008/01/18(金) 23:58:11

天璋院は、幕末の薩摩藩主・島津斉彬の養女であり、13代将軍・家定の正室である。
その人生は幕末・維新の激動と密接にかかわり、江戸幕府の終焉を見届け、明治以降も生き抜いた女性である。
本書は、今年のNHK大河ドラマの主人公でもある天璋院について、そして彼女の生まれ育った薩摩および島津家、嫁ぎ先である徳川将軍家、嫁である和宮、などについて紹介した文庫である。

【感想概略】
本書は、天璋院とその時代について、101の記事で紹介している。
一つの記事は見開き2ページ強ほどで読みやすい。
そしてどの記事も結構よみごたえがあり、記事の内容が薄いということは全く無く、おもしろかった。

本書を読んで、天璋院は歴代大奥の御台所の中では、個人についてのエピソードが多く伝わっている方なのだろうが、それでも確実に分かっていることは限られているのだろうとかんじた。
だが、本書は天璋院について分かっていることをかなり網羅しているようであり、天璋院の人物像を伺わせる様々なエピソードについて、そして天璋院と幕末維新期の有名人との交流について知ることができた。

特に、明治以降、江戸幕府滅亡後も生き延び、文明開化の時代を生きた天璋院と徳川将軍家についての各記事は、天下を失っても人としての前向きさを失わない天璋院と徳川宗家の生き様が興味深かった。

同時に本書では、幕末維新期の薩摩や徳川将軍家、そして大奥及び大奥の人脈に連なる公家や朝廷についても結構詳しく扱っており、徳川将軍家及び大奥からの視点から幕末維新を眺めることが出来、近世から近代への過渡期という新旧両時代のせめぎあうおもしろさ、魅力的な人物が多数活躍した幕末維新期のおもしろさを、改めてかんじた。

なお本書の巻末には、島津家家系図、徳川将軍家家系図、そして人物辞典と史跡辞典を掲載。
天璋院とその時代について調べるのに便利である。



今日の買い物

  • 2008/01/09(水) 22:14:48

天璋院と徳川将軍家101の謎(川口素生/PHP文庫)

今年のNHK大河ドラマの主人公である天璋院について、そして彼女の生まれ育った薩摩および島津家、嫁ぎ先である徳川将軍家、嫁である和宮、などについて紹介した文庫。
おもしろそうなので購入。
特に幕末および明治以後の天璋院についてのエピソードを興味深くおもっており、読むのが楽しみである。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。