1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ガンダムOO」2月22日放映分を視聴

  • 2009/02/28(土) 23:59:47

本日、ようやく「ガンダムOO」2月22日放映分を視聴できた。
このお話は、セカンドシーズンの一つの区切りであり、見応えがあった。そして、明日以降の新たな展開が楽しみである。

ここ二週間ほど、休日出勤があったり風邪で寝込んだりして感想が2話分たまっているのだが、とりあえずこれらはすっとばし、明日放映される最新話の感想から感想更新を再開しようかどうしようか、ちょっと考えている(これまで、全話更新にこだわるあまり、どんどん更新していない回がたまってしまうということを何度も繰り返しているので)。

スポンサーサイト

風邪が治ってきた

  • 2009/02/26(木) 23:03:22

昨日は体調不良で本当にきつかったのだが、本日はだいぶ具合が良くなった。
風邪の大きな要因は疲労と寝不足というが、昨晩は比較的ゆっくりやすめたことが良かったのかもしれない。
完治まであと二歩くらいに思えるので、本日もできるだけ早く休み、健康を回復したいところである

体調不調

  • 2009/02/26(木) 00:43:37

本日も体調不調。日曜に寝込んで以来、いまだに治らない。正直なところ、休んで寝ていたいのだが、休むに休めない。何とかあと二日を乗り切り、土日に回復を図りたい。

眠る間際の咳

  • 2009/02/24(火) 22:14:04

一昨日に熱を出して寝込んで以来、いまだに体調不調である。
ただ健康であることがいかに幸せなことかを思い知らされている今日この頃である。

昨晩は、咳がひどくてなかなか眠れなかった。
眠りに落ちようとすると咳き込んで目がさめるのである。

そして今日、昨日一昨日はそれほどでもなかったハナカゼがひどく、はなばかりかんでいた。風邪になる大きな理由は、疲労と寝不足というが、これは風邪をひいている者にとっても大敵である。
今日は早めに寝ようと思うが、眠る間際に咳き込まないことを願うばかりである。

医師に診てもらった

  • 2009/02/23(月) 21:32:23

昨日は熱を出して寝込んだが、今朝、目がさめた直後の体温は36度8分であり、一応平熱の範囲内と思って起きることにした。
夕方の18時頃、医院へ行き、診察してもらったのだが、喉に細菌が感染したことによる体調不調と診断された。なお、この時の体温は37度である。
そして今、21時半頃、何やら寒気がするのだが、あくまで喉の不調なのだろう。
明日の朝には大分良くなっていることを期待したい。

風邪で寝込んだ

  • 2009/02/22(日) 23:42:01

昨夜、やたら寒気がしたのだが、風邪だったようで、今日は熱を出してしまい、一日寝込んでいる。そんな訳で、実は「ガンダムOO」本日放映分もまだ見ていないのだが、この感想は次回放映までに更新の予定。

休日出勤

  • 2009/02/21(土) 23:26:45

今日は、朝から休日出勤であり、23時頃に帰宅した。
その上、何やら寒気がする。
体温を測ったところ、36度8分であり、一応平熱の範囲内なので、少々ほっとした。私は元々身体頑健という訳ではないので、疲労の蓄積により免疫機能が低下しているのかもしれない。今日は早めに寝るつもりであり、明日朝は普通に起床したいと強く思うところである。

「チャンピオンレッド」4月号を購入

  • 2009/02/20(金) 23:00:31

連載漫画「装甲騎兵ボトムズ CRIMSON EYES」(漫画:杉村麦太)を最大の目当てに購入。

前回、レッカは謎の少女バシリッサとAT同士で激突した。
その中で、バシリッサの正体が明かされるのである。

実はバシリッサは、サグート大統領の計画によりAT乗りの英才教育を受けた孤児なのである。
サグート大統領は、野盗軍閥が割拠し戦いの絶えないこの惑星で争いを止めるものは力のみとの結論に達した。だからこそサグートは、自らATを駆って軍閥を平定し、力による支配を惑星に敷いたのだ。そしてサグートは、無法を力で束ねる次世代の英雄の育成を進めていたのである。

もっとも、サグートが真に新世代の英雄と見なすのはレッカのみのようであり、これがサグートを慕うバシリッサには気に入らない。
ここら辺、バシリッサの孤独が伺えるところである。

レッカとバシリッサは激闘を繰り広げる。
バシリッサの操縦技量は尋常ではなく、加えて地の利もバシリッサのものである。
レッカは劣勢に追い込まれる。

だがレッカは、窮地に立たされながらも冷徹に戦場を見つめ、戦士の能力を研ぎ澄ます。
絶体絶命の危機の中、レッカは不利を逆手に取って反撃に転じ、バシリッサに一撃を繰り出す。
そしてレッカの攻撃はバシリッサ機の急所をとらえるが、バシリッサ機の撃破に至らない。

だがこの戦いの本質は、レッカは試合に負けるが勝負に勝ったというものであり、サグート大統領はレッカこそ真の勝者と見極めるのである。

ところがラストで、正体不明のATの大軍勢が出現、首都に接近しつつあった。
この軍勢は一体何者なのか。
軍の反乱か、あるいは反政府ゲリラの大攻勢であろうか。
風雲急を告げる首都アルザケルで、乱世はレッカに何をもたらし、レッカは運命をどのように切り開くのだろうか。

これから読むのが楽しみである。

冬の雨

  • 2009/02/19(木) 23:59:53

本日は23:30頃に帰宅したのだが、駅から出ると雨が降っており、寒かった。
また報道によると、明日の東京地方では雪が積もるかもしれないとのこと。せめて交通機関にたいした影響が出ないことを願うばかりである。

テレビの映り

  • 2009/02/18(水) 23:14:51

ここ数日、NHKの映りが悪く、さらに雑音が結構うるさく、とても視聴できない。今日も、夜に帰宅してNHKをつけると雑音がひどく、視聴を断念した。

この雑音と画像の乱れという事象は、大河ドラマ「新撰組!」を放映していた頃にも発生し、何と半年近く続いた。実はこのため、「新撰組!」は全体の半分ほどしか視聴できなかった。
ちなみに私のアパートでは、真先に映りが悪くなるのはNHKだったりする。

せめて大河ドラマ「天地人」と時代劇「浪花の華 緒方洪庵事件帳」の放映時は、ふつうに映ってほしいところである。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。