1. 無料アクセス解析

「アクリャ~太陽の巫女と空の神兵~」1巻(高田慎一郎/Bbmfマガジン)

  • 2009/11/25(水) 21:50:08

【感想概略】
16世紀の南米と思われる世界を舞台とするマンガ作品。
一種の架空歴史ものなのだが、南米側が押されながらも善戦しており、人物は魅力的であり、おもしろかった。
こうなったら、現実の歴史とは異なる展開となることを、南米側が欧州勢力を撃退する展開を期待したい。

現実の歴史では、南米のインカ帝国は、スペイン軍の侵略にあっさり滅亡してしまった。
だが本作「アクリャ」では、南米側の連合国「ピスカ・スーユ」は、劣勢ながらも勝敗の行方はまだまだ定かではない。

まず本作独自の存在が、空を飛ぶ戦士「千の鳥」(ワランカ・アルパ)である。
このワランカ・アルパは、特殊な糸を独自の方法で織り上げた翼を纏って空を飛ぶことができ、これが欧州大陸からの侵略国「エストレージャ」の侵攻に頑強に抵抗しているのである。

そして主人公の少女カイは、このワランカ・アルパの兵士であり、通常戦闘技術は他の兵士に劣るが、飛行能力についてはずば抜けたものを見せるのである。
さらにこのカイ、戦いとなると死に急ぐような命をものともしない狂戦士ぶりを発揮するのだが、それは何を背負ってのことなのだろうか。

さらに、もう一人の主人公、巫女の少女チャルチ。
このチャルチ、カイの幼馴染であり、カイを大事に思っている様子なのだが、一緒に床についたカイに密かに刃を向けるなど、何やら秘密がある様子である。
さらにチャルチはもう一つ、驚くべき力を秘めており、カイを窮地に陥れたエストレージャ部隊を問答無用で壊滅させ、並みのワランカ・アルパとは既に別次元の狂乱残虐ファイトを見せるのである。
チャルチの謎とは何か、これも楽しみである。

また、南米側が反抗態勢をとりつつあるところも好きである。
囚われた皇帝アタタルカの兄弟インティ・クシ・ワマンが指導力を発揮、敵国のものであっても鉄砲や馬の有用性を認め、積極的に取り入れる姿勢を見せるなど、これは今後の展開が楽しみというものである。是非、南米側が軍事体制を整え、騎兵部隊と鉄砲隊を編成し、知略を駆使して欧州側に反撃するところを見たいところである。

次巻も楽しみである。



三連休も休日出勤

  • 2009/11/24(火) 21:38:14

昨日まで三連休だったのだが、何と休日出勤であった。という訳で「鋼の錬金術師」は昨日も視聴できず、既に五話分がたまっている。
一度こうなると、だんだん手をつけづらくなってくるのだか、何とか遅れを取り戻したいとおもう。まずは今週末に少しでも何とかしたい。

「トランジスタ・ティーセット」2巻

  • 2009/11/12(木) 01:38:25

秋葉原の部品屋街で無線屋を営む女子高生すずと、その向かいでメイド喫茶を営む少女みどり、すずを慕う小学生さいりを中心に、すずたちの秋葉原での日常と、秋葉原の街そのものを描く漫画作品の第二巻。

今巻もおなじみの人物たちは魅力的に描かれ、すずの日常の新たな変化が描かれ、みどりの謎の一端が描かれ、新キャラクターも登場してお話はさらに賑やかになり、楽しめた。

なお、オビによると本作のドラマCD化が決定、お話は原作者書き下ろしのオリジナルストーリーであり、キャストは以下の通りとのこと。

すず:井上麻里奈
みどり:ゆかな
さいり:桑島法子

これは是非聴いてみたい気がする。

なお、本日も携帯からの更新であり、キーボード入力のありがたみを感じた。

秋アニメの視聴状況

  • 2009/11/11(水) 00:01:27

本日も携帯からのブログ更新であり、帰宅中の電車からの更新である。

秋アニメの視聴状況であるが、以下の作品を視聴している。

クイーンズブレイド
恋姫無双
ささめきこと
けんぷファー
とある科学の超電磁砲
テガミバチ

それぞれかなり異なる個性の作品群であり、どの作品も独自の面白さがあって毎週楽しみにしているのだか、実は先週分がまだ視聴できていなかったりする。なお「鋼の錬金術師」も視聴できていない。
土日にまとめて視聴の予定であり、楽しみである。また、多少なりとも常識的な時間に帰宅できたら、少しずつ視聴していきたいと思う。

雑記

  • 2009/11/10(火) 00:11:11

最近ブログの放置状態が続いている。PCの前に座る時間がなかなかとれなかったりするためであり、状況打開の第一歩として携帯からの更新である。
少しずつでも時間を見つけて、継続的な更新を再開したいと思ってはおり、今回の更新を、その第一歩としたいとおもう。