1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「フューリー」を見た

  • 2014/12/29(月) 00:03:37

本日、映画「フューリー」を映画館で見た。
第二次大戦末期、1945年4月のドイツを舞台に、シャーマン戦車「フューリー号」を駆る5人の米軍兵士の戦いを描く戦争映画である。

本物のティーガー戦車が登場するという事前情報に期待して観に行ったのだが、戦闘描写は予想をはるかに超える大迫力であり、限られた戦力でいかに任務を遂行するかという頭脳戦のおもしろさもあり、まず戦争アクションとして素晴らしかった。
そして本作はそれだけの作品ではなく、戦争の残酷さや惨さを美化せずに描き、米軍兵士、占領地域のドイツ住民、独軍兵士それぞれの人間性を描く、大変見応えのある作品だったと思う。

また細部にまで非常にこだわって作られた作品であり、戦車戦闘について小林源文の劇画や「ガールズ・アンド・パンツァー」「萌えよ戦車学校」などの戦車を扱った作品と比較するおもしろさもあった。

http://fury-movie.jp/sp/trailer.html

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。