FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

ブラックマジック (柿沼秀樹/GA文庫) 感想

  • 2007/04/19(木) 21:50:40

かなり前によんだ士郎正宗の単行本「ブラックマジック」には、近未来の地球を舞台にした女性型戦闘アンドロイドの話と、金星を舞台とした話が掲載されていた。
小説「ブラックマジック」は、後者の小説化作品である。

【感想】
舞台は金星連邦の統治する太陽系、物語は首都ティオティワカンの地下層の街からはじまる。「第3惑星の金星化」という言葉が見えるところから、時代は恐らく地球に生物が現れる以前であろう。

主人公ダリィは、記憶を無くした戦闘サイボーグ少女である。
ダリィは為政者の巨大な陰謀が実行されるのを食い止めるため、革命勢力とともに戦闘を繰り広げる。
全編戦闘アクションの連続であり、小隊単位の集団戦闘及び個人同士の戦闘が楽しめた。

巻末には主人公ダリィをはじめとする作中人物の設定資料や、宇宙船の3DCG設定、背景美術の設定などが掲載されており、こだわりのかんじられる設定画を見ると得をした気分がした。

作者はアニメ原作・脚本・プロデュースに長年携わっている方なのだが、あとがきには同人誌時代の士郎正宗や園田健一の作品を見てレベルの高さに脅威を覚えたり、商売仇になる前に味方にしてしまえと思ったことなどが書いてあり、あとがきもおもしろかった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する