FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

巷談 中国近代英傑列伝(陳舜臣/集英社新書)

  • 2007/04/23(月) 22:13:18

中国の近代とは、だいたい1840年のアヘン戦争から洋務運動・戊戌変法・辛亥革命に至る清末民初、軍閥時代、抗日、国共内戦から中華人民共和国の成立までの、激動の時代を指す。

本書「巷談 中国近代英傑列伝」は、この中国近代に活躍した人物や時代を象徴する人物など15人を紹介する人物評伝である。


【感想】
中国史に興味があり、陳舜臣の著書も好きなので、読みやすさと面白さ、知的好奇心を満たしてくれることを期待して読んだのだが、それぞれの人物の魅力や時代の面白さが伝わる内容であり、分かりやすく面白かった。

この時代は、日本と中国が相互に影響を与えあっており、アヘン戦争の敗戦に幕藩体制の日本が衝撃を受けたり、中国で魏源が海外事情について記した「海国図志」を幕末の在野の知識人が買い入れて研究したり、日本の明治維新や自由民権運動を中国側が意識しているところは、興味深かった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する