FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

馬賊(渡辺龍策/中公新書)

  • 2007/04/14(土) 22:22:39

中国近代史や実在のアウトローに興味があるので、この本を読んだ。
著者は幼児のころ、北洋軍閥の頭目・袁世凱に抱っこされたのだが、その時に肩を脱臼、大人になっても痛むことあるというエピソードの持ち主である。

これまで馬賊については漠然としたイメージしかなかったのだが、この本によると史実の馬賊とは、以下のようなものであったという。

馬賊の実態は、中国の特に東北地方の、村落自警団の精鋭部隊である。

日本軍は、日露戦争(1904~1905)で馬賊を利用。その後の中国侵出でも、馬賊を利用し続けた。
日本に利用される馬賊は、「謀略馬賊」と呼ばれる。そして日本人の中には、大陸に渡って馬賊のリーダーとなり、日本軍に協力した者もいた。

軍閥割拠、満州国(1932~1945)建国の頃まで、馬賊は活躍した。
しかし、日中戦争(1937~1945)以後、馬賊は活躍の場を失っていった。

そして中華人民共和国の成立(1949.10月)により、馬賊は完全に消滅したという。

馬賊と中国近代史について、勉強になった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する