1. 無料アクセス解析

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第14話「希望を運ぶ船」

  • 2016/01/11(月) 03:49:14

【感想概略】
今回は、鉄華団がスペースコロニーに寄港するが、火星の大富豪ノブリス・ゴルドンの陰謀に巻き込まれるお話しである。
地球圏であっても、コロニー育ちの住民は差別される姿が描かれ、前回三日月にキスされたことに戸惑うクーデリアの動揺が描かれ、ビスケットに実はコロニーで会社勤めする兄がいることが明かされ、フミタンがノブリスの密偵であるらしいこと、そしてクーデリア暗殺の命令に思い悩む姿が描かれ、鉄華団のメンバーたちはたまにしか風呂に入っておらず、艦内がにおっており、これを改善するためクーデリアとアトラが闘志を燃やす姿が描かれ、面白かった。

またタイトル「希望を運ぶ船」は意味深に思えた。
鉄華団の装甲艦イサリビが運んできたものに、コロニー民は確かに希望を見出した。だがその結果が現実をより良い方向に変えるものになるか、コロニー民にとって悲劇的なものになるかは不明である。希望の結果が善なるものとは限らないのであり、皮肉なタイトルなのかもしれないと思った。

そして今回からオープニングが新しくなり、新たに公家のような丸い眉の女性と、マスクをかぶった若い男性が登場。あのマスク男は新キャラクターか、それともマクギリスの変装だろうか。次回に注目したい。

【クーデリア、フミタンに相談する】
地球へ向けて宇宙を航行する鉄華団の装甲艦イサリビの船室では、クーデリアのメイド・フミタンは、クーデリア暗殺のため彼女をドルト2コロニーに誘き出せという何者かの指令を眺めながら思い悩んでいた。前回、火星の大富豪ノブリス・ゴルドンは、クーデリアにはコロニーで死んでもらうと発言していたが、フミタンはノブリスの密偵ということのようである。

そのとき、フミタンの部屋を思い悩んだ様子のクーデリアが訪ねてきた。
クーデリアは前回、震える三日月を抱きしめたところキスされてしまい、そのことで悩み一睡もできなかった。ところが先ほど顔を合わせた三日月は普段と全く変わらぬ様子であり、クーデリアはかなり混乱しているようである。
たぶん三日月は、前回の名瀬の行動と発言から、かわいく思えた女性にはキスすることがあるべき行動なのだと思い、それを実践しただけであり、これがクーデリアを思い悩ませるかもしれないとは考えてすらいないだろう。

クーデリアはフミタンに、目をそらして赤面しながら、たとえ話であるが、男性にキスされたら本気で交際するつもりがあると考えて差し支えないのか、その場合、真剣に結婚を考えるべきだろうかと尋ねた。

これにフミタンは思わず吹き出すが、クーデリアに「私、何かおかしなこと言った?」と抗議されると真面目な表情をつくり、気になるなら相手の男性に尋ねたらどうかと提案した。
クーデリアはフミタンの言葉に納得し、「フミタンにはどんなことでも相談してきたら、つい」と礼を言う。
一方フミタンは、クーデリアが自分に全幅の信頼を寄せることに複雑な表情を浮かべる。

その時、アトラがクーデリアをブリッジに呼びに来た。
コロニーが見えてきたのだという。

【オルガたち、ドルトコロニー群を目視】
地球へ向けて宇宙を航行する鉄華団の装甲艦イサリビ及びタービンズの装甲艦ハンマーヘッドは、複数のスペースコロニーを目視で確認した。
イサリビのブリッジで、オルガがユージンたちに説明する。
このドルトコロニー群は、地球四大経済圏の一つ、アフリカユニオンの公営企業ドルトコロニーが所有するものであり、イサリビはドルト2へ入港予定だと。

そしてビスケットが説明する。
ドルトコロニー群はコロニーごとに違いがあり、ドルト3は地球から来た工場経営者たちが住む高級住宅街とそれら富裕層向けの商業施設があると。
これに、さすがビスケットは物知りだと感心するシノである。

その時、アトラが彼方に青く光る地球に気付いた。
アトラ、三日月は初めて見る地球をきれいだと言い、感動の様子である。

【クーデリア、ドルト3行きを申し出る】
クーデリアは商業施設と聞くと、フミタンと一緒にドルト3へ買い物に行きたいと申し出た。
少し難色を示すフミタンを、クーデリアは「いいでしょ?フミタン。いろいろ買っておきたいものもあるし」と無自覚に笑顔で押し切る。
そして「いいな~」というアトラも誘い、ドルト3行きを決定してしまうのである。
これにオルガは、非戦闘員だけで行動させるのは危険ということで、クーデリアたちの護衛を三日月に依頼した。三日月はあっさり承知するが、クーデリアは複雑な様子である。
さらにビスケットもドルト3行きを希望、彼も同行するのである。

【オルガたち、名瀬たちと打ち合わせ】
コロニーへの出発前、オルガ、ユージン、シノはタービンズの装甲艦ハンマーヘッドに行き、名瀬およびアミダ・アルカたちと事前の打ち合わせを行う。

ここで名瀬はオルガに、くれぐれもギャラルホルンと騒動を起こさないように念を押して説く。
これまで鉄華団が活動していた圏外圏は言わば無法地帯である。
だがコロニーは既に地球圏であり、秩序と法があり、人を殺せば普通に罪に問われる。
圏外圏では泣く子も黙るテイワズも、地球圏では一企業の力しか持たないのであり、騒ぎを起こしてはならないと。

オルガたちは名瀬の言葉を肝に命じるのだが…。

【ガエリオ、独断でコロニー群へ出発】
地球では、ガエリオがアインを率い、宇宙船でドルトコロニー群に向かおうとしていた。
ガエリオとしては三日月を懲らしめないと気が済まず、「ちょび髭男」の報告で鉄華団がドルトコロニー群にいると知ると、居ても立っても居られなくなったようである。

アインは、地球圏で勝手に軍を動かしては問題になるのではとガエリオを諫める。
だがガエリオは、演習中に出発することにすればいいと強気であり、アインには上官の仇を取らせてやるという。
こう言われると反対はしないアインであるが、ガエリオの予想外の行動はノブリス・ゴルドンの計画を大きく狂わせるのだろうか。

またマクギリスとしては、クーデリアにはより大きな騒動を起こしてほしいのであり、自分のコントロールできないところで突然死なれては都合が悪いと思うのだが、クーデリアを危険にさらしかねないガエリオの行動をどう思っているのだろうか。

【クーデリア、鉄華団の衛生への無頓着さを指摘】
ドルト3の大型量販店に入る前、クーデリアはビスケットと三日月に、最後に体を洗ったのはいつかと問うた。
ビスケットは「確か4日…、いや5日前?」と自信なさそうであり、「ええ~?!」とアトラは驚愕である。

クーデリアは、言いづらそうに、実は以前から艦内に漂うにおいが気になっていたという。
アトラも「確かにくさいかも。みんなが集まっていると『ウッ』てなる時あるもん。雪之丞さんなんて、近くに行くと、目がツ~ンって痛くなるし」と言い、クーデリアに同意する。

クーデリアはこれを問題視し、今回のコロニー寄港を機会にイサリビ艦内をきれいにするつもりだという。これにはアトラも大賛成し、手伝いますと乗り気である。

そしてクーデリアたちはドルト3の大型量販店で、ショッピングカートに大量の洗濯用洗剤、洗浄剤、掃除用具、着替えを放り込んでいくのである。

【鉄華団、コロニー労働者に歓迎される】
装甲艦イサリビはドルト2に入港、手続きのためオルガ、ユージン、シノ、ヤマギ、そしてメリビットが下船した。
すると港の労働者たちはオルガたちを歓迎し、クーデリアと鉄華団を支持する理由を語った。

自分たちコロニー育ちの労働者たちは低賃金で働かされ、身体がダメになるとたちまち解雇されてしまう。病気や事故で死んでも何の保障もない。
一方地球出身の人間は遊んで暮らしながら利益を吸い上げている。

だが突然、希望の光が差し込んだ。
若き独立運動家クーデリアが火星独立運動の先頭に立ち、地球経済圏の大物を動かしたと聞いた。立ち上がれば世界は変えることが出来ると自分たちは気付いた。
革命の乙女クーデリアと、彼女を守り戦う鉄華団は、自分たちみんなの希望なのだと。

ユージンとシノは自分たちが褒められ、ものすごく嬉しそうである。
一方オルガは、結成したばかりの鉄華団の名が地球圏まで知れ渡っているのは妙だと疑念を隠さない。

【ビスケットと兄】
ドルト3の大型量販店では、ビスケットは三日月たちに、ここに来たかった理由を明かす。
ビスケットはドルトコロニー群の出身であり、ドルト3に来ることは小さい頃の憧れだった。
だが事故で両親が亡くなり、ビスケットと妹たちは火星の祖母に引き取られた。
そしてビスケットには兄がおり、学業優秀だったので会社の偉い人の家に引き取ってもらえたのだが、その後連絡はとっていないのだと。

すると三日月はビスケットに、兄と連絡を取ってみたらどうかと言う。
ビスケットは、急に連絡したら困るかもしれないと及び腰である。

だがアトラは「困るわけないじゃない!」と断言。
昭弘ももっと早く弟と会えていたらと言う。

これにビスケットは心を動かされたようで、兄サヴァランの務める会社に電話を入れた。
電話はあっさりとつながり、ビスケットは久々に兄と会話し、鉄華団で働いていると伝え、もし良かったら少しだけでも会いたいと言う。
するとサヴァランはこれを了承するのだが、鉄華団と聞くと表情を曇らせ、ビスケットとの再会を全面的に喜んでいるようには見えなかった。
またビスケットも、必ずしもサヴァランとの再会を喜んではいない。

そもそもサヴァランが、わずかでもビスケットたちに仕送りしておらず、連絡すらとっていなかったことも不可解である。
サヴァランにはどのような事情があるのだろうか。

【ドルト2の労働者、武装蜂起】
ドルト2の港では、鉄華団の運んできたコンテナが開けられ、荷物の確認をしていた。
だが出てきたのは自動小銃多数、そして戦闘用モビルワーカーである。

積荷にリストには工業用物資と記載されており、シノとユージンは困惑する。
だが港の労働者たちは銃を手に取り「これだけあれば十分だぜ」と笑顔である。
労働者たちは、この武器はクーデリアの代理を名乗る支援者からのものであり、支援者の名前は知らないという。

その時、ギャラルホルンの装甲車が多数、港に乗り込んできた。
そして多くの武装兵が次々と降車し、労働者たちに銃を向け、武器を捨てて両手を高く上げるよう命じた。
いきなり発砲したりせず、火星のギャラルホルンよりは人権を尊重しているようである。

ギャラルホルン兵たちはコンテナの武器を確認し、ここで違法な取引があるとの通報を受けて来たのだと言い、労働者たちを連行しようとする。

これに一部の労働者が発砲、ギャラルホルン兵を撃った。
すると他の労働者たちも開き直ってギャラルホルン部隊に発砲、攻撃を開始した。
ギャラルホルン部隊は応戦、たちまち激しい銃撃戦が繰り広げられる。

オルガたちは物陰に隠れて様子を伺いながら、イサリビに騒動に巻き込まれないよう港を離れるよう指示する。
イサリビはドルト2を離脱するが、メリビットは武器を満載したコンテナの依頼主はGNトレーディングという会社だと報告する。

間もなくギャラルホルン部隊は鎮圧するには兵力不足と判断し、撤退した。

労働者たちは「俺たちの勝利だ!」と大喜びである。
だがオルガは労働者たちに、喜んでいる場合ではない、ギャラルホルンはより多くの兵力を投入してくると言う。
しかし労働者たちは、戦って勝つしかない、俺たちはやれるんだとあくまで強気である。

その頃、装甲艦ハンマーヘッドのブリッジで、名瀬は「あのバカども、いきなり騒ぎを起こしやがった」と頭を抱えていた。
これを聞いたアルカは笑みを浮かべているように見えたが、面白そうなケンカができると思っているのだろうか。

ノブリスの計画は、クーデリアをまずは「革命運動の象徴」に祭り上げ、ギャラルホルンの凶弾によって革命に殉じたことにして「革命の女神」に神格化し、以後は「クーデリアの理念の後継者」を名乗る者が革命運動を牛耳るということだろうか。
そして地球圏であるドルト2で武装蜂起を発生させたのは、蜂起をギャラルホルンが鎮圧して多数の死傷者を出せば、法と秩序の世界で市民を虐殺したという汚名をギャラルホルンに着せることが出来るという効果を狙ってのことかもしれない。

【予告】
次回「足跡のゆくえ」

まずはビスケットと兄の再会がどうなるかが気になる。
コロニー民の武装蜂起に巻き込まれたオルガたちがこの危機をどう乗り切るのか、蜂起したコロニー民たちはどうなってしまうのかも気になるところである。
そしてクーデリア暗殺計画とフミタンがどう行動するかに注目したい。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #14「希望を運ぶ船」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第14話を見ました。 #14 希望を運ぶ船 さまざまな困難を乗り越え、ついに地球を目前にした鉄華団は歳星でテイワズから輸送依頼を受けていた荷物を届けるため、ドルトコロニー群へと向かう。 キスされたことで過剰に三日月を意識するクーデリアを複雑な視線で見つめるフミタンにはクーデリアの行く末を示された「命令書」が届いていた。 「フミタ...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2016/01/11(月) 05:52:36

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第14話 『希望を運ぶ船』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 15.12.27バンダイビジュアル (2016-01-29)売り上げランキング: 72Amazon.co.jpで詳細を見る  今週は裏で糸を引く連中の思惑が一気に表に出てきた感があって、  私の推理(妄想?)も暴走気味です(笑)  当初は、先週多大な衝撃を残した...

  • From: 新・00をひとりごつ |
  • 2016/01/11(月) 07:14:38

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第14話 『希望を運ぶ船』 鉄華団は臭い!雪之丞は特に臭い!!

ネットで見たプラモの説明書か何か。雪之丞の紹介に「体臭がきつい」とありました。その設定必要なのか。嫌がらせにも程があると思ったらしっかり回収。クーデリアがイサリビで気になっていた事があると。 汚い&臭いこと。まあ密閉空間ですし、潜水艦とかも風呂は入れないから臭いとか言いますし。そんな訳で洗剤か消臭剤?を大量に買い込み。火星という水が豊富とは思えない場所の出身で、しかも民兵組織に所属していた。...

  • From: こいさんの放送中アニメの感想 |
  • 2016/01/11(月) 19:02:08

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯14「希望を運ぶ船」

評価 ★★★☆ パンドラの箱?              

  • From: パンがなければイナゴを食べればいいじゃない |
  • 2016/01/17(日) 10:48:15

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する