1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第41話「人として当たり前の」

  • 2017/01/29(日) 22:56:46

【感想概略】
今回は、名瀬の死を悲しむ鉄華団を暴発させようとジャスレイが暗躍、オルガは仇討ちを主張するシノたちを抑えるが、ジャスレイ一派のあまりの外道さに自重を説いていた昭弘も激怒、ついにオルガは決断を下す、というお話であり、見応えがあり、面白かった。

それにしてもジャスレイは地獄すら生ぬるい非道ぶりであり、その謀略で散っていった人々の無念を命で償うことに注目したい。

また三日月は、名瀬の遺児を見て赤ん坊に興味を抱き、アトラが三日月以外の人との子供など考えられないというと、「じゃあ俺と作る?」と平然と発言し、アトラに保留を求められていたが、三日月はこれを大したことだと思っていないように、例えば缶詰のフタを開けてやるとかと同列のことに思っているようと見える。三日月の認識が今後どのようになるのかにも注目したい。

【名瀬の葬儀】
テイワズのボス、マクマード・バリストンが名瀬の葬儀を行なって弔おうとしていた。
これにジャスレイは、名瀬はマクマードに盃を返したのだ、そして名瀬はギャラルホルンに指名手配された犯罪者だと言い、葬儀に強く反対する。

だがマクマードは、葬儀はテイワズとしてではなくマクマード個人として行なうのであり問題はない、名瀬を犯罪者というが死ねばみな仏様だ、それに今回の件は納得のいかないことが色々とあるとジャスレイを一睨みした。
これにジャスレイは引き下がるが、ますますマクマードへの不満を募らせ、密かにイオク・クジャンと手を組んで何やら企んでいる様子である。

そして葬儀当日、タービンズと鉄華団のメンバーたちが名瀬とアミダを弔っているところにジャスレイが舎弟たちを連れて乗り込み、名瀬と参列者たちを嘲笑し、憎まれ口を叩きまくって立ち去った。

これに参列者はみな激怒。
飛びかからんばかりのシノとユージンをオルガは止めるが、実はオルガも怒り心頭である。

【マクマードとラフタ、アジー、エーコ】
マクマードは、現在のタービンズのリーダー格であるラフタ、アジー、エーコと会い、今後は自分の下で、引き続き輸送業務に従事してほしいと言う。
これにラフタたちは恐縮するが、マクマードはタービンズがいなければテイワズの物流は回らないのだと言う。
マクマードとしては、これはタービンズの実力とこれまでの実績への相応の扱いなのであり、何も引け目を感じることはないのだと言外にいっているのだろう。

マクマードと会った後、アジーはラフタに鉄華団に行くことを勧める。
アジーは、ラフタが昭弘に想いを寄せていること、そのことを亡きアミダも気付いていて、ラフタの想いを応援していたことを知っていた。
「自分の気持ちに素直になっていいんだ」とラフタの背中を押すアジーである。

【鉄華団年長組の会合】
装甲強襲艦イサリビのブリッジでは、シノとユージンは名瀬の仇ジャスレイを討つことをオルガに訴える。
だがオルガは、それは名瀬の望むことではないと言い、あくまで自重を説く。
これをシノたちは渋々受け入れるのであるが、それはオルガが名瀬を敬愛し、その死を深く悲しんでいることをよく理解しているからだろう。
そして昭弘もまた、オルガの意見に賛成である。

そこにライドが現れ、ラフタが昭弘を呼んでいるという。
昭弘はラフタが何の用か見当すらつかないが特に疑問は抱かない。
一方シノとユージンは面白そうな様子である。

昭弘は艦内の廊下で待っていたラフタに会った。
するとラフタは、少しだけ飲みに行かないかという。
これを昭弘は了承、そしてみんなを呼んでくると席を外した。
一方聞き耳を立てていたシノとユージンは昭弘の鈍感さに頭を抱え、「女心が分かっていねえな!」「金で買えない愛があるかもしれねえだろうが?」と言い、昭弘を一人で送り出すのであった。

【ラフタと昭弘】
昭弘はラフタと、以前鉄華団の仲間たちと来たことのあるパブで会っていた。
そこでラフタは、ぽつりぽつりと自分の過去を話す。

ラフタは子供の頃から違法船で働いていたが、雇い主が酷い男で、みないつも暗い表情で会話も無く、それが当たり前と思い、人間らしい感情を知らなかった。
だが名瀬とアミダに引き取られ、タービンズに入ってから、嬉しいとか、楽しいとか、誰かを好きという気持ちとか、何かを守りたいという願いとか、人として当たり前のことを教えてもらったのだと。

すると昭弘は、自分もラフタと同じだと言い、ラフタに理解を示す。

これにラフタは、昭弘は誰よりも回りを見ている、不器用だが、言葉など無くても、気持ちで隣に寄り添うことの出来る、そんなヤツだと言うが、でも隣にいられると暑苦しいから無理やり元気だして立ち上がるしかなくなるのと冗談めかして笑う。

昭弘は、馬鹿にしているだろうと言いながらも、ラフタにいう。
「俺はお前を尊敬する。筋を通さねばならないこと、大事にせねばならないものを、きちんと見つめ、真っ直ぐ生きる…。俺も、お前のようにありたいと思う」

ラフタは、昭弘が自分に最大限の敬意を抱いてくれていること、それを明かしてくれたのは自分に心を許しているからこそであり、それで今は良しとしたというところだろうか。
昭弘は恋愛に疎く、ラフタもまた一般的な恋愛はしたことがなく、どうしていいか分からないところもあるだろう。

そして別れ際、ラフタは昭弘の首に「ギュ~!」と言いながら抱きつき、昭弘を赤面させ、笑って分かれるのであった。

【ラフタ暗殺】
ラフタとアジーは歳星のショッピングモールで、衣類の買い出しを行なうが、アジーは買い忘れに気付き、ラフタに少し待っててくれるように頼むと店に引き返した。

ラフタは近くにあったヌイグルミの店舗に入り、眉の太いくまのヌイグルミに昭弘を思い出して笑う。
その時、店舗の外から黒服の男がラフタに発砲した。
そして駆けつけたアジーが見たのは、血溜まりに倒れて息絶えたラフタだった。

全ては、鉄華団を暴発させるためのジャスレイの差し金である。
ジャスレイとしては、鉄華団に戦いを仕掛けさせ、その混乱に乗じてマクマードも亡き者とするつもりのようである。

【オルガ、打倒ジャスレイを決意】
ラフタ暗殺に、装甲強襲艦イサリビのシノとユージンはジャスレイを討っておけばよかったと怒り、昭弘も今度ばかりは激怒し、オルガに命令を求める。
オルガはついに決断し、ジャスレイ討伐作戦を発動した。

そしてオルガはマクギリスに通信してこのことを伝え、ジャスレイ討伐が成功しても失敗しても自分たちはテイワズには戻れない、それでも自分たちに利用価値はあるかと尋ねる。
するとマクギリスは、自分たちは運命共同体であり、決して裏切ることはないとこたえた。オルガはマクギリスに「この恩は忘れねえ」と深く感謝するのである。

だがマクギリスにとっては、鉄華団がテイワズの直参組織でなくなることなど大した問題ではなく、関心事は他にあるようだ。
ただマクギリスは敬愛するアグニカ・カイエルの姿を鉄華団と三日月に重ねていることに嘘はなく、鉄華団を応援する気持ちはあるとは思う。

そしてマクギリスと石動は、ギャラルホルン本部の別室を訪れ、待っていたギャラルホルンの将校たちの敬礼をうける。
この将校たちがマクギリスの言う「同志」たちのようだが、マクギリスは彼らと何をしようというのだろうか。

一方、イサリビのオルガはモビルスーツデッキに顔を出し、バルバトスを調整中の三日月に声をかけた。オルガは意識していないだろうが、三日月の顔を見て話をすることが、彼にとって最大の癒やしなのだろうと思う。
すると三日月はオルガに、今度の相手はテイワズの人間であり、やるといってもどこまでやるのかと尋ねる。
これにオルガはこたえて言うのである。
「徹底的にだ。しながらみなんざ一切どうだっていい。全て根こそぎ叩き潰せ」

【次回】
予告「落とし前」

次回、まずはジャスレイとイオクが、名瀬を死に追いやった落とし前をつけることを期待したい。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #41「人として当たり前の」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第41話を見ました。 #41 人として当たり前の 名瀬とアミダの葬儀をマクマードは歳星で葬儀をあげるが、そのことでジャスレイの反感を買ってしまう。 「ラフタ、アンタは行ってもいいんだよ?」 「え、どこに?」 「鉄華団に」 「はぁ?」 「さっき聞いたとおり、うちにはMSの乗り手は必要がなくなる。だけど、鉄華団は常に戦力を欲して...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2017/01/30(月) 09:50:37

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯41「人として当たり前の」

評価 ★★☆ ああやって続いていくんだ……           

  • From: パンがなければイナゴを食べればいいじゃない |
  • 2017/02/04(土) 21:45:57

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。