1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第46話「誰が為」

  • 2017/03/05(日) 23:46:44

【感想概略】
今回は、マクギリス率いる革命軍及び鉄華団が、アリアンロッド艦隊との大敗による絶体絶命の窮地をひとまず切り抜け、火星に落ち延びるお話である。ヤマギとオルガ、デルマ、そしてジュリエッタという生き残った人々が、それぞれの苦悩にそれぞれのこたえをひとまず見出し、決意を新たにする姿が描かれ、見応えがあり、面白かった。

【三日月VSジュリエッタ】
前回、マクギリス率いる革命軍及び鉄華団は、ラスタル率いるアリアンロッド艦隊と激突した。
だがアリアンロッド艦隊の戦力は革命軍の二倍以上、さらにラスタルは謀略でもはるかに上手であり、革命軍は艦隊の半数を失い、鉄華団も大打撃を受けてしまう。

鉄華団は一撃逆転を狙い、輸送艦ホタルビと装甲強襲艦イサリビ、そしてモビルスーツ隊でアリアンロッド艦隊に突撃。敵艦隊の猛攻の前に、イサリビはホタルビを切り離して後退する。
が、ホタルビに潜んでいたシノは流星号でダインスレイヴを構え、ラスタル艦の艦橋に狙いをつけ、引き金をひく。
だがその瞬間、駆けつけたジュリエッタはレギンレイズ・ジュリアで刀剣を流星号の砲身に投げた。これにより流星号は砲の構えが乱れ、砲撃は船体をかすめるにとどまった。
シノは流星号で突撃するが、敵艦隊の猛攻を浴び、撃破された。

そして今回。オルガは流星号の大破に逆上し、シノの回収を叫ぶ。
だがユージンから、シノが命を張って作ったチャンスをムダにするな、シノは鉄華団のため、オルガのために逝ったのだと叱咤されて正気を取り戻す。
そしてオルガは、イサリビ及びモビルスーツ隊に退却を指示するのである。

一方、三日月はシノの砲撃を妨害したジュリエッタに「お前、消えろよ」と激怒、レギンレイズ・ジュリアに猛攻を繰り出す。
ジュリエッタは、敬愛するラスタルを守ろうとバルバトスの攻撃を浴びながらも立ち塞がるが、ついにコックピットに直撃を浴びてしまう。
ジュリエッタは重傷を負いながらも、レギンレイズ・ジュリアでバルバトスの足を掴み、必死に阻止しようとする。

その時、三日月はユージンから撤退を指示された。
三日月は、シノがやれなかったのだから、今度は自分が敵将を仕留めると言うが、強く説得され、しぶしぶ離脱した。

そしてホタルビが自爆、大量のナノミラーチャフが散布され、アリアンロッド艦隊の探知装置及びレーザー通信を麻痺させた。アリアンロッド艦隊が艦隊として行動できない間に、鉄華団は戦闘宙域から撤退するが、敵モビルスーツ隊の猛追撃により、少なからぬ損害を受けてしまう。

【マクギリスVSガエリオ】
マクギリスはガンダム・バエルで、ガエリオのガンダム・キマリスと斬り結ぶが、マクギリスが押され気味である。
バエルを駆るマクギリスといえども、リミッターを解除した阿頼耶識と同等の戦闘力を有するというアインの脳を組み込んだキマリスには及ばないということだろうか。

さらに、マクギリスの左手はアルミリアの自害を阻止した時の傷が癒えておらず、機体操作に反応しきれない。
ついにガエリオは必殺の一撃をバエルに繰り出すが、石動がヘルムヴィーゲ・リンカーで割って入り、間一髪でマクギリスを救う。
だが石動自身はコックピットに直撃を受けてしまう。

もはや瀕死の石動はマクギリスに、自分が抑えている間に、残存部隊をまとめて鉄華団と合流して落ち延びることを促す。マクギリスは石動を残していくことを躊躇し、石動に詫びて撤退するが、さすがに心苦しそうである。

残った石動は、キマリスの前に立ち塞がりながら言う。
ギャラルホルンに所属していても、自分のようなコロニー出身者は明日の夢を見ることも出来ない。だがマクギリスの元でなら夢を見ることが出来た。生まれながらボードウィンの名を持つあなたには分からないだろうと。

石動は息絶えたが、時間は十分に稼げたようで、ガエリオはマクギリスを追跡しようとはしない。
そしてガエリオは心中で石動に語りかける。
以前の自分は、石動のような階層の人間の気持ちを理解しきれていなかった。それを分からせてくれた存在がある、だからこそマクギリスが石動に見せた夢はまやかしだと言える、自分も一度はマクギリスの理想に夢をみた、もう覚めてしまった過去の夢だと。

ガエリオは、大破して漂うレギンレイズ・ジュリアを回収して艦隊に帰還、これによりジュリアは一命をとりとめた。ラスタルはガエリオにジュリエッタ救助の礼を言うのである。

【ザックとハッシュ、デイン】
鉄華団及び革命軍の残存艦隊は、かつてタービンズが利用していた航路を利用し、火星に向かっていた。イサリビ艦内では、収容した残存モビルスーツ隊の修理と負傷者の救護に追われている。

ザックは、黙々と作業するハッシュとデインに語りかける。
モビルスーツを半分以上失い、残存する機体も損傷が大きい、もう鉄華団を辞めたほうがよいのではないか、家に帰り、別の仕事を探したほうがよいのではないかと。

だがハッシュもデインも、火星に自分たちがつける仕事があると思えない、そもそも帰る家などないと言う。
たぶん鉄華団の多くのメンバーたちも同様であり、だからこそ自分たちを家族として受け入れてくれる鉄華団を、自分たちの仲間と居場所を守るためには命もかけるということだろうか。

【デルマと昭弘たち】
イサリビの救護室は負傷者であふれかえっていた。
デルマは左腕を失いながらも一命をとりとめていたが、こんな状態で生き残ってももはや役には立てないと絶望していた。

そこに昭弘とダンテ、チャドが姿を見せた。
ダンテはデルマが生きていたことを純粋に喜ぶ。
そして昭弘はデルマの頭を撫でて「生き残ってくれてありがとうな」と笑う。
役に立つかどうかなど関係ない、ただ無条件にデルマを受け入れ肯定してくれる昭弘たちに、デルマは泣いた。

一方、アリアンロッド艦隊の艦内では、意識の回復したジュリエッタを、ガエリオが見舞っていた。
ジュリエッタはガエリオに、三日月との戦いは正直怖かった、これまでも命をの危険を感じたことはあったがそれとは違う、悪魔に魂を握りつぶされるような冷たさを感じたと明かす。
そして強ければどのような強さでもよいとはもう思わない、私は私のまま、人として強くなりますとまっすぐな目でいうのである。
これにガエリオは「それがいい」と笑い、ジュリエッタの選択を肯定するのであった。

【ヤマギとユージン】
オルガとユージンは、戦死者の安置室を訪れていた。
オルガは、鉄華団の仲間たちに良い暮らしをさせたかったのに、それを手に入れるために戦わせ、その挙句にこんな目にあわせてしまったと自分を責める。

だがオルガの言葉をヤマギが聞いていた。
ヤマギは、みなオルガの言葉を信じて死んでいた、なのにアンタがそんなに腑抜けていてどうするのかと叫ぶと走り去る。

ユージンはヤマギをつかまえると、シノが言っていたことを伝える。
実はシノは、ヤマギがシノに特別な感情を抱いていることに気付いていた。
だがシノは、自分たち鉄華団は家族であり、身内どうしでピンと来ないと神妙な顔であり、男同士ということは問題にしていない器の大きなシノである。

そしてシノは鉄華団について、気負いすぎてガチガチの団長、ヘタレが抜けきれない副団長、何を考えているのか分からない狂犬みたいな奴、筋肉バカ、そして自分のような人間を好きになってくれる物好きもいる、色々な奴がいるここが好きであり、鉄華団を守りたいと笑った。

ヤマギはユージンからシノの思いを聞くと、シノのいない場所で生きていくくらいなら一緒に終わりたかった、でもそんなことを言ったらシノはきっと怒るねと言って笑う。そして自分も鉄華団を守る決意を新たにするのである。

【オルガと三日月】
オルガは格納庫の三日月を訪れ、自分は皆に大きな嘘をついてしまったという。
すると三日月は、自分がオルガに嘘をつかせた、俺が邪魔する奴らを全部片付けていれば、オルガの言ったことは嘘にならなかったという。

三日月の言葉にオルガは思い至る。
仲間を間違った場所に連れてきてしまったのではと思っていたが、それは思い上がりだ、自分の言葉を実現するために三日月が、皆が支えてくれ、連れてきてくれたのだ、ならば自分の出来ることは迷わないことだと。

そしてオルガは三日月に右手を差し出し「お前の全部を俺にくれ」という。
すると三日月は「とっくに渡してるよ」と言いながら、オルガの手を握り返すのである。

【新江の裏切り】
革命軍及び鉄華団は、火星の周辺宙域に到着した。
マクギリスとしては、自分の支持勢力であるギャラルホルン火星支部の戦力と合流し、鉄華団の本拠地である火星の地の利を活かし、補給線の伸び切ったアリアンロッド艦隊を迎え撃つという作戦のようである。

早速マクギリスは、ギャラルホルン火星支部の本部長、新江・プロトに通信する。
この新江はマクギリスの推薦によって今の地位についたのであり、マクギリスとしては新江は当然自分たちに味方すると思っているようである。

だが新江はマクギリスたちの宇宙港への入港を拒否した。
実は新江は、既にラスタルにより懐柔されていた。
そして新江は不敵な笑みを浮かべ、マクギリスはギャラルホルン内の全ての地位を剥奪されたと言い渡すのである。

マクギリスは、新江が裏切らないよう、彼の弱みを握るくらいしておいた方がよかったのかもしれない。

【次回】
「生け贄」

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #46「誰が為」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第46話を見ました。 #46 誰が為 ラスタルを狙う起死回生の一撃がジュリエッタにより阻止されてしまう。 「誰かシノを回収に行かせろ!」 「そんな暇はねえ!すぐにホタルビの仕掛けが作動すんだ。MS隊にすぐ戻るように連絡急げ!」 「シノはどうすんだ!?」 「アイツが命張って作ったチャンスだろうが!無駄にできっかよ!シノの野郎は鉄...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2017/03/06(月) 08:18:45

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯46「誰が為」

評価 ★★☆ 全く……困った女だ……           

  • From: パンがなければイナゴを食べればいいじゃない |
  • 2017/03/11(土) 21:35:11

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。