1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第47話「生け贄」

  • 2017/03/12(日) 22:35:13

【感想概略】
今回は、ラスタルに軍事的に大敗した鉄華団及びマクギリスは、さらに法的、経済的にも追い詰められ、オルガはせめて団員たちの命を守るため必死で道を探るが…、というお話であり、鉄華団の団員たちそれぞれの事情と選択、テイワズやマクマード・バリストンなどの裏社会の動き、オルガの苦悩とユージン、昭弘たちのオルガと鉄華団への思い、そして三日月とアトラとクーデリアの人間模様が描かれ、見応えがあり、面白かった。

【マクギリスと新江】
ラスタル率いるアリアンロッド艦隊に大敗した鉄華団及びマクギリス率いる革命軍は、かつてタービンズが利用していた航路を通って何とか火星付近の宙域に落ち延びた。
だがギャラルホルン火星支部の新江・プロト本部長は、マクギリスの支援要請を断った。
マクギリスは、ギャラルホルンの最高権威であるガンダム・バエルに選ばれた自分に逆らうのかと新江を脅す。

すると新江はマクギリスに現状を説明する。
ラスタルのギャラルホルンでの発言力は高まり、セブンスターズもこれに同調、マクギリスの地位は全て剥奪され、さらにイズナリオ・ファリドとマクギリスの関係も公表され、マクギリスはイズナリオの妾腹の子ですらないことが明かされた、地球でのマクギリスの立場は消失したに等しいと。

しかし新江は、とはいえマクギリスには恩があるので、支援はしないが排除もしないと言うのだが、これが新江の出来る精一杯だろう。
これにマクギリスは礼を言い、鉄華団及び革命軍は非正規のルートから火星に降下し、久々に帰還するのである。
一方、新江の部下は、マクギリスと鉄華団を見逃してはラスタルの心証を悪くするのではと新江に進言する。すると新江は、マクギリスは悪運の強い男であり、今後どうなるか分からないと言う

【鉄華団、法的に追い詰められる】
鉄華団火星本部では、オルガたちはさらに厳しい現実を突き付けられた。
ラスタルはマクギリスと鉄華団を、ギャラルホルンに逆らった犯罪者として手配し、鉄華団の口座を封鎖した。
経理担当デクスターとメリビットは、融資の依頼に奔走するが、犯罪集団として扱われている鉄華団を相手にするところは全く無い。鉄華団はアリアンロッド艦隊との戦いに備えるどころか、団員たちを養い組織を日々運営していくことすら危うい状況に陥ってしまう。

【クーデリアとオルガ】
鉄華団をクーデリアが訪れた。
クーデリアはオルガに、自分の経営するアドモス商会が、大富豪ノブリス・ゴルドンからの融資を打ち切られたと告げる。
すなわちノブリスはクーデリアに、自分は商売柄、違法なものを表立って支援することは出来ず、だから鉄華団と提携しているアドモス商会に融資は出来ないと言う。そしてノブリスはクーデリアに、鉄華団と関係を断てば融資を再開する、自らの理想を鉄華団のために捨てるつもりなのかと問うのである。
それでもクーデリアは鉄華団に協力する姿勢を変えないのだが、オルガはクーデリアに鉄華団と手を切ることを申し出るのである。

【オルガと団員たち】
オルガは基地の広場に団員たちを集め、鉄華団を辞めたい者は今のうちに申し出てほしいと告げた。

オルガは言う。
鉄華団は本来、危険な仕事にはそれだけの報酬を保証する、そしていつかは安全な仕事だけで団員の生計が立つようにする、そういった場所のはずだった。だが今の鉄華団はそれとは違う場所になってしまったと。

これにライドたちは、最後までオルガについていくと言い、場の空気はオルガ支持の熱気に高まる。

だがザックはあえて空気に逆らい、自分は辞めると言う。
ザックは団員たちに、最後までとは何だ、結果はもう出ているだろう、このままでは全員お陀仏のバッドエンドと言い、考え直すように訴える。
が、多くの団員たちはザックを睨みつけて無言であり、ハッシュはザックに掴みかかるのである。

【ザックとデイン】
ザックは兵舎で荷物をまとめながら、生存がほとんど望めないのに鉄華団に忠義を尽くそうとするハッシュを罵る。
そして近くに腰掛けるデインに、何故出ていこうとしない、帰る場所が無いのならウチのオヤジに頼み込むと言う。

するとデインは犯罪者でもか?と言い、自らの過去を明かす。
自分はここに来るまでにたくさんの人間を殺してきた、だがそんな自分を鉄華団は受け入れてくれた、団長に恩義を感じているのは自分だけではないと思うと。

ザックは、デインの言葉に、鉄華団の団員たちはみんな、気の良い一生懸命な奴なのに、このままでは不幸になるのが見えているのにどうしてなのだと言い、鉄華団に残る団員たちの選択に納得できず、だが全面否定も出来ず、苦悩するのである。

【オルガとクーデリア】
オルガは、テイワズのボス、マクマードに通信を入れた。
マクマードはオルガに、金は貸せない、そもそも盃を割るとは、元の関係に戻るどころではなく、積極的に関係を断たなければならないと言い、渡世のルールを説く。
だがオルガは頭を下げ、ラスタル・エリオンと繋いでもらえるよう頼み込むのである。

【クーデリアと、三日月、アトラ】
クーデリアは格納庫を訪れ、バルバトスの傍にいる三日月に話しかけた。クーデリアとしては、久々に三日月と落ち着いて会話がしたかったというところだろうか。
すると三日月は、クーデリアは植物を育てるのが上手いので、自分の子供を育てて欲しいと言い出した。

クーデリアは三日月の子供とはどういうことかと動揺しながらも三日月の発言から、三日月がアトラと子供作りしているらしいことを理解するのである。

そこにアトラが現れ、「クーデリアさんも作りましょう!一緒に!」と力強く申し出、三日月は「クーデリアも欲しいの?」と平然と言う。

クーデリアは二人の斜め上の発言に動揺しまくるが、「なんて不器用な人たち」と笑い出す。
そしてクーデリアは、アトラ、三日月と三人で抱きしめ合い、アトラを、生まれてくる子供を必ず守ることを誓うのである。

【オルガ、ラスタルに降伏を申し出る】
ラスタルはオルガとの通信に応じた。
マクマードは突き放すようなことを言いながらも、出来得る限りのことをしてくれたようである。

オルガはラスタルに、マクギリスの身柄及びバエルを引き渡すこと、鉄華団の解散、そしてオルガ自身の命と引き換えに、団員たちを助けてもらえるよう申し入れた。

だがラスタルは、もはやマクギリス一人でどうこうなる問題ではなく、生け贄が必要なのだという。

息を呑むオルガにラスタルは言う。
ギャラルホルンの権威は地に落ちた。
世間にはびこる犯罪を抑止する力を見せつけるには、マクギリス一人を討つだけでは不足である。
圧倒的な武力で世間を騒がせた悪魔の組織「鉄華団」を、アリアンロッド艦隊が屠ることで、宇宙の秩序は保たれるのだと。

オルガは何とかラスタルの慈悲にすがろうとするが、ラスタルの考えが変わるはずもない。
ラスタルは「観念して最後の時を待つといい」と言い残し、通信を切った。

【オルガとユージン、昭弘】
降伏すら認められず、オルガは言葉を失う。
その時、扉が開いてユージンと昭弘が姿を見せた。

ユージンはオルガの胸ぐらを掴み、勝手なことをするなと怒り心頭である。
オルガは、このままでは自分のせいでみんなの命がなくなってしまうと申し訳無さそうである。
するとユージンは「お前がくれたんだろうが!」と叫んだ。

呆気にとられるオルガに、ユージンと昭弘は言う。
CGSの頃は、大人たちに殴られ、弾除け扱いにされ、生きているのか死んでいるのか分からない毎日だった。
だがオルガがクーデターを起こして鉄華団を立ち上げてからは、団員たちはみな人間として尊重され、自分の意志で自分の人生を生きることが出来るようになった。オルガは生きる実感をくれた、そして家族を作ってくれたのだと。

そしてユージンは、「これからはお前だけが背負うことはねえ、みんなで話し合っていこうぜ」と頼もしい笑みを浮かべていうのである。

【クーデリア、別人になることを提案】
さっそくオルガ、ユージン、昭弘をはじめとする鉄華団年長組とクーデリアたちは食堂に集まり、この状況をどうやって切り抜けるかを話し合い始めた。
とは言え、そう簡単には妙案は出てこないのだが、クーデリアはいっそ別人になってはどうかと提案する。

鉄華団本部の所在するクリュセは、地球のアーブラウの植民地であり、鉄華団団員たちのIDはアーブラウで管理されている。アーブラウの代表・蒔苗は鉄華団、クーデリアと親しい間柄であり、蒔苗の協力を得て、アーブラウで団員たちのIDを改ざんすれば、ラスタルの生け贄のリストから逃れることが出来るのではないかと。
問題は、地球に行くにしても、潜伏するにしても資金が必要だが、今は口座が凍結されており、どこから資金を調達するかである。

すると経理担当デクスターが、鉄華団の資金の一部が使用可能になったと報告する。
いざという時のために別口座に資金の一部を移しておいたが、こちらがようやく使えるようになったという。
オルガは、デクスターとメリビットに頭を下げた。

早速クーデリアは、蒔苗に連絡を取ろうとするが、回線が落ちているのか、通信がつながらない。
その時、ライドが食堂に駆け込み、鉄華団本部がギャラルホルンのモビルスーツ隊に包囲されたことを伝えた。
その様子をマクギリスが、余裕の笑みを浮かべて双眼鏡で眺めているのである。

【次回】
「約束」

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #47「生け贄」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第47話を見ました。 #47 生け贄 「確かにこの状況は楽観できたものではない。しかし、君達にとって火星は勝手知ったる場所…」 「どうしてこの状況でアンタの命令を聞ける?」 「命令?我々は対等な立場で手を組んだはずだ」 「だったら今は対等じゃねえな。アンタの持ってる金と物資があってある程度の勝算も見込めたからこそ俺らは命を張って...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2017/03/12(日) 22:54:54

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第47話 『生贄』 三日月とアトラいつの間に。

出来ているかどうか分からないけど。最近出番の少なかったクーデリアが火星で三日月と再会。夜に抜けだして二人きり。いい雰囲気、久々にヒロインらしくなってきた。俺の子供も育ててくれる?仮定の話をしているかと思った。どうやらアトラと子作りしちゃった様で。 クーデリアの反応も最初早とちりかと思ったけどマジみたい。でも半身麻痺しているのにどうやって。ひょっとして阿頼耶識繋いだままここでしちゃったの?嬉し...

  • From: こいさんの放送中アニメの感想 |
  • 2017/03/13(月) 08:06:16

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯47「生け贄」

評価 ★★☆ 筋がとおらねぇ           

  • From: パンがなければイナゴを食べればいいじゃない |
  • 2017/03/18(土) 22:03:03

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。