1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風林火山 第20回「軍師誕生」

  • 2007/05/20(日) 21:34:58

信濃豪族VS武田勢!
長窪城、勘助の調略で陥落!
勘助、晴信の軍師を拝命!
晴信、由布姫との仲を勘助に相談。
遂に登場!猛将・村上義清!


【感想】
前半は、信濃豪族と武田勢の戦いである。
これは勘助の調略により、信濃方の武将たちを内応させ、ほとんど戦わずに長窪城を陥落させた。
なお、この軍功により、勘助は晴信の軍師を拝命するのである。

久々の合戦でおもしろかった。
間もなく始まる、調略の通用しそうにない村上義清との本気バトルが楽しみである。

後半は、晴信の側室となることを受け入れた由布姫の葛藤が描かれていた。
由布姫は、(晴信に)「心は許さぬ」と言いながら、晴信に心引かれているようで、懐妊している三条夫人に嫉妬しているようである。

三条夫人は今回も、由布姫に優しかった。
由布姫をねぎらい、京の扇をプレゼントし、由布姫の暴言にも決して怒らない。そして由布姫から、東光寺参詣に誘われると快く同道する。
まさに大河ドラマ「武田信玄」の人物像とは全く真逆である。

由布姫はネット上では批判されることが多いようだが、父を殺した男の側室となるのを嫌悪するのは当然だと思うし、仇にあっさり惚れる方が理解し難いと思うので、「風林火山」のような描き方もありだと思う。

由布姫の葛藤は、次回で決着がつくようである。
また、NHK公式サイトによると、6/17に上杉=Gackt=謙信が初登場とのことである。今から待ち遠しい限りである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。