FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

DVDが復旧

  • 2007/09/10(月) 23:25:30

9/8(土)、メーカ修理の方が来訪、DVDを修理してもらった。
現在DVDレコーダは好調であり、リモコン操作を行なっても反応がとても良い。
また、修理代は電気店の保障額に収まり、ほっとしている。

今回の不具合の原因は、ゴミ箱によるファイル削除を頻繁に行なうことを2年間続けた結果、空きディスク領域が増えすぎたことだという。

修理担当の方から、DVDレコーダを長持ちさせる方法を、いくつか聞いた。


【DVDを長持ちさせる方法 その一】
ファイル削除の回数を減らすことが第一である。
つまり、目一杯ゴミ箱に不要ファイルをため込んでから削除するのが良いとのこと。

さらに、たまにHDを初期化すると、より効果的という。

これから実践していきたいところである。


【DVDを長持ちさせる方法 その二】
なるべく一つのメーカのDVD-Rを用いた方が、DVDレコーダに負荷がかからないそうである。

DVD-Rに録画すると、そのDVD-Rの情報をDVD本体に記録、再生時に参照するという。

DVD-Rの情報はメーカごとに異なる。
多くのメーカの製品を用いると、それだけDVD本体に記録される情報が増え負荷がかかるという。

なので、なるべく一つのメーカのDVD-Rを用いた方が、DVDレコーダに負荷がかからないというのである。

実はDVD-Rにもメーカの良し悪しがあるそうで、特に「That's 」(ザッツ)という商品名のDVD-Rがおすすめとのこと。

今度試してみようかと思う。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する