FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

ハヤテのごとく! 第27話「ハヤテ大地に立つ」

  • 2007/09/30(日) 23:35:50

白皇学園理事長・葛葉の気まぐれで、執事バトル大会開催!
生徒会長ヒナギク、大会に参戦!

【感想概略】
今回は、少年漫画の王道「武道大会」のお話だが、はた迷惑な理事長と、真面目な生徒会長ヒナギクのお話でもあり、おもしろかった。
試合がテンポ良く進むところも気持ちよかった。
また、葛葉と詩音の妖艶さに、大変な力の入れようをかんじた。

【妖艶、葛葉と詩音】
冒頭、白皇学園理事長・葛葉とその執事・詩音が登場である。
葛葉は一見知性的な美女。
詩音は中性的な美形である。声は女性だが、性別は不明。

夜。白皇学院の理事長室。
葛葉は、詩音にスイーツを食べさせてもらいながら、「執事経済産業新聞」を読んでいた。
やがて新聞に「白皇学院の執事の業界先物指数が、3ポイント下落」の記事を見つけ、葛葉はつぶやく。
「たるんどる…」

葛葉は、執事とは常人なら死ぬような目にあってもケロリとして初めて一人前と呼べるものだ、などと無茶苦茶な執事のあるべき姿を語りだす。

そして、執事・詩音の顎に、細い指をかける。
うっとりと頬を赤らめる詩音。

妖しく見つめあい、盛り上がる葛葉と詩音である。

【ナギ、徹夜明け】
朝のナギ邸。
徹夜でマンガを完成させたナギは、原稿の郵送をハヤテに託すと、ふらふらと歩き去る。
朝日が無茶苦茶眩しそうな徹夜明けのナギの描写は、大変リアリティをかんじた。
やはり作者の実体験が反映されているのだろうか。

【ハヤテ、ヒナギクと談笑】
一人で登校したハヤテはヒナギクと出会い、談笑。
そこに理事長からの臨時放送が轟き、ヘリコプターから大量のビラがばら撒かれた。
ビラには「執事バトル大会開催、優勝賞品100単位」の文字。

ヒナギクはビラを見ると怒りの形相と化し、またろくでもないこと企んで!と走り出す。
訳が分からないハヤテも、ヒナギクの後を追う。

【ヒナギク、理事長・葛葉へ抗議】
ヒナギクは理事長室へ踏み込んだ。
続くハヤテ。

迷惑な行事を開いて生徒をおもちゃにして遊ばないで欲しいと訴えるヒナギク。
生徒の学ぶ権利、そして何よりも人権を重んずるヒナギクは、まさに正しい。

一方、理事長・葛葉の発言は、利己的・独善的であり、ヒナギクの正論に耳を貸そうとしない。

そして理事長・葛葉はいきなりトンファを振り回してハヤテに襲い掛かり、ハヤテに問う。
もし私が、お前の主の命を狙う者ならどうする?それでも執事に強さは必要ないと思うか?

が、理事長・葛葉はいきなり倒れる。
超人的な戦闘力を持つ理事長であるが、すぐにスタミナ切れになってしまうのが弱点であった。

そこへ現れる執事・詩音。
詩音に妖しく抱きかかえられ、理事長・葛葉は潤んだ瞳でおやつをねだる。

うっとりと妖しく見つめ合う葛葉と詩音。
妖艶な光景に、ヒナギクは真っ赤である。

【詩音VSハヤテ】
詩音は、葛葉が倒れたのはハヤテのせいと見なした。
「僕の大切な葛葉さまを…。君、許さないよ…」

執事・詩音は、いつの間にかハヤテの背後に廻って腕を固める。
「君なんかが執事だなんて、世も末だね。こんなに弱いのに…」と言うと、詩音はハヤテの耳に吐息を吹きかけた。
力が抜け、床に座り込むハヤテ。

詩音は、葛葉を抱きかかえ、ハヤテを見下ろして言う。
「いっそ執事をやめて、メイドに転職したらどうだい?その方がお似合いだよ…」

潤んだ瞳で見上げるハヤテ。
頬を上気させ、息が荒い。

「悔しかったら大会に出てみたまえ」
詩音は言い残し、去った。

詩音とハヤテの痴態に、またまた真っ赤なヒナギク。
ハヤテに「今のは、見なかったことに、して、下さい」と頼まれ、うなずくのであった。

【ナギ、ハヤテへ大会への出場を勧める】
ナギ邸に帰宅したハヤテは、理事長・葛葉とはどんな人なのかナギに尋ねる。
ナギは、これまでに理事長が開いた数々の迷惑行事を上げ、関わらない方がいいぞ、と忠告する。

が、ハヤテの強さに過剰な期待を抱くナギは、ハヤテが優勝するに決まっていると、ハヤテに執事バトル大会への出場を勧めるのであった。
だんだんその気になるハヤテ、二人の様子を見たマリアは困った笑顔である。

【ヒナギク、生徒会で大会介入を検討】
ヒナギクは、生徒会で執事バトル大会へ介入する手段を議論。
だがなかなか妙案は浮かばない。

そもそも執事のいない平民のヒナギクに何が出来るのか?

その時、生徒会三人娘の一人・美希は何事かを思いつき、ヒナギクに提案する。

【執事バトル大会の開催】
そしていよいよ「執事バトル大会」の開催である。
審判は雪路先生。

【第一試合】
ナントカ家執事・その他一VS瀬川家執事・虎鉄。

が、虎鉄は現れず、ナントカ家執事の不戦勝であった。
実は虎鉄、廃線となる鉄道の撮影に出かけてしまったのである。

約束をすっぽかされ、泣く泉。
一方、レアな車両に大興奮、鉄道マニアと意気投合の執事・虎鉄である。

全く戦っていないにも関わらず、執事・虎鉄の変わり者ぶりが目に焼きついた。
執事・虎鉄の今後の活躍に期待したい。

【第二試合】
朝風家執事・柏木VS普通の執事

生徒会三人娘の一人、庶民の朝風理沙は、つてを頼り、かつてハヤテを親の借金のカタに売り飛ばそうとした「とっても親切な人たち」の一人・柏木を、執事として雇った。
セコンドは、柏木の兄貴と舎弟…。

「とっても親切な人たち」三人は、ポケットに手を突っ込み、肩で風を切り、観客を威圧しながらの入場である。

試合開始。
「ぶちのめせ~」とガラの悪い声援を送るセコンドを背に、柏木はゆっくりと対戦相手に近づき、何事かを囁く。

すると、相手はたちまち顔面蒼白となって土下座。
どうかそれだけはご内密にと床に額を摩り付けて懇願。
自らのネクタイを差し出すであった。
この「執事バトル大会」では、ネクタイを奪われたら負けなのである。

戦わずして勝つ、孫子の兵法の実践者柏木である。

試合後、理沙は「よくやった、この調子で百単位を頼むぞ」とねぎらう。
柏木は「任せといて下さい」と不敵にこたえる。

どす黒いオーラを放ちながら「クックック…」と邪悪な笑みを浮かべる二人は、とてもカタギには見えなかった。

【第三試合】
東宮家執事・野々原VS花菱家臨時執事・ヒナギク

なぜヒナギクが執事?!と驚くハヤテとナギ。
花菱美希は自慢げに説明する。
「ヒナは理事長に一泡ふかせたい。私は百単位をゲットしたい。つまり、利害の一致だな!」

試合開始。
「臨時執事とは、我々の職業もなめられたものです」と野々原。
「気を悪くしたらごめんなさい。でも、私も冷やかしのつもりはないわ!」とヒナギク。

序盤、竹刀で激しく打ち合う野々原とヒナギク。
が、野々原は超必殺技を放たない。
東宮くんに止められていたためであった。

しかし、手加減などヒナギクの誇りが許さない。
超必殺技を放て、とヒナギク。
野々原は受けて立ち、超必殺技「超爆裂炎冥斬」を叩き込んだ。

ヒナギクは正面から技を受け止め、弾き飛ばす。
兆弾は試合会場の壁を直撃、大穴を開けた。

再び「超爆裂炎冥斬」を放つため、構える野々原。
が、ヒナギクは技を放つ瞬間に野々原との間合いを詰め、ネクタイを奪った。
ヒナギクの勝利である。

「ありがとう、女だからって手加減しないでくれて」と野々原へ礼を言うヒナギクである。

【ヒナギク、葛葉と詩音に宣戦布告】
そして特等席の葛葉と詩音に竹刀を突きつけ、ヒナギクは叫んだ。
「いかが!貴方達のいるところに、一歩近づいたわよ!」

が、理事長・葛葉と執事・詩音は頬を妖しく上気させ、「いいな…」「ええ…いいです…」とヒナギクに釘づけである。
ヒナギク、優勝しても理事長・葛葉と二人きりになるのは危険かもしれない。

【謎の対戦相手】
そしてハヤテの対戦相手が登場。
マスクをつけた謎の初老の執事と、同じくマスクをつけたホワイトタイガーである。
一体何者か?!
見当すらつかず、緊張のはしるハヤテとナギであった。


【今回気付いた元ネタ】
◆サブタイトル「ハヤテ大地に立つ」は、「ガンダム」第一話のサブタイトル「ガンダム大地に立つ」より。
◆理事長・葛葉の迷惑行事の一つは、「逆襲のシャア」のアクシズ落とし。葛葉の服装はシャアのパイロットスーツ。宇宙を光りながら飛ぶのはサイコフレーム。宇宙で葛葉を止めるヒナギクの服装は、「ポケットの中の戦争」のアレックスのパイロット、クリスチーナ・マッケンジーのパイロットスーツ。
◆ハヤテに執事バトル大会出場をすすめるナギが真似する技は、「ドラゴンボール」のかめはめ波、ピッコロ大魔王の魔貫光殺砲など。
◆執事バトル大会でのヒナギクの戦闘服は、「少女革命ウテナ」の天上ウテナ。なお、天上ウテナが第一話で決闘の当初用いたのは竹刀であった。
◆執事バトル大会でヒナギクが歩く螺旋階段は、「少女革命ウテナ」の決闘広場への階段。
◆次回サブタイトル「黒いハヤテ」は、「Zガンダム」第一話サブタイトル「黒いガンダム」より。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハヤテのごとく! 第27話

今回は、ハヤテが執事バトル大会に参加するお話でした。 白皇学園の理事長登場、これまたとんでもないキャラですねぇ。 学園運営が気まぐれ極まりないです(笑)。 執事について語りだす理事長は絶対どこか頭のネジが吹っ飛んでますって。 まぁこの世界の“執事”は...

  • From: パズライズ日記 |
  • 2007/10/01(月) 23:19:44

ハヤテのごとく! 第27話 「ハヤテ大地に立つ」

執事を制するもの世界を制する、執事大戦の始まり――。 OP&ED一新の第2シーズンって感じでスタート。 天上ヒナギクが世界を革命!?(爆) トラを連れた謎の達人執事(笑)とかも登場する執事バトル大会が開催! 必

  • From: SERA@らくblog |
  • 2007/10/01(月) 23:45:23

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する