FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

機動戦士ガンダム00 1話「ソレスタルビーイング」

  • 2007/10/07(日) 04:15:52

感想TOPへ

【あらすじ】
今度のガンダムは、西暦24世紀の物語である。
世界には三大勢力が割拠し、対立。
これらの勢力は、現代の世界の国々の延長線上の存在であり、暦も「西暦」であるため、生々しさをかんじる。
また、今回のガンダムには、宇宙植民地は登場せず、地球内部の勢力のみのお話のようである。

【感想概略】
戦闘ロボット物が好きなので、もっぱらロボット同士のどつきあいに期待して見た。

絵はきれいで、戦闘描写には迫力があった。
高河ゆんのデザインによるキャラクターたちも、悪いとは思わなかった。

まだ1話目なので情報量が少なく、かえって想像力を刺激されるおもしろさがあった。

主人公の個性はまだよく分からなかったが、どうも紛争地域で子供の頃から戦争に駆り出されていたようで、無口無愛想なのは仕方ないのかもしれない。
この無口ぶりは、「ガンダムW」のヒイロや、「装甲騎兵ボトムズ」のキリコを思い出させた。

顔見世のように多くの人物が登場したが、お話が進む中で、これらの人物ひとりひとりを描き、その多彩さがおもしろさにつながるのであろうか。まずは期待したい。

そして何より気になるのは、ガンダムを保有する私設武装組織が「武力による戦争の根絶」を世界に宣言したことである。
このテーマを描ききれるのだろうか?というおもしろさがあった。

【少年兵の戦い】
冒頭、中東らしき廃墟の町で、巨大ロボット兵器と少年兵が戦っている。
走りながら反撃する少年兵だが、好んで戦っているようには見えない。
少年たちは善戦するが、追い詰められていく。
その時、空から放たれた光線が、巨大ロボット兵器たちを次々と撃破。
そして、空から別のロボット兵器が現れた。

この場面、まずはガンダムに撃破された陸戦MSは、無骨なデザインで気に入った。
同時に、現代の「少年兵」の問題が思い出された。

現代の紛争地域では、子供を兵隊に仕立て、殺し合わせて戦争に利用しているという。
大人の争いに子供を利用するだけでも大問題だが、子供を兵隊に仕立てる手段がこれまた、とんでもないものである。
まず、近所のおばさんなど、子供たちにとって親しい人を殺すことを命じる。
拒む子供は、見せしめに残虐な手段で殺す。
こうなっては、子供たちは命じられるまま、知り合いを殺さざるを得ない。
そして上官の命令通りに誰であろうと殺す兵隊に仕立てるというのである。

この場面は、少年を戦争の手先に利用することへの、問題提起でもあったのかもしれない。

【ガンダム、演習に乱入】
この時代、世界には三大勢力が割拠し、対立している。
三大勢力の一つ、AEUの新型MS演習の最中、ガンダム「エクシア」が乱入。
圧倒的な強さで新型MSを撃破した。

ガンダムを操縦するのは、少し成長した冒頭の少年兵のようである。
(公式HPによると、彼の名は「刹那・F・セイエイ」、16歳)

巨大な建造物の間近を飛ぶガンダムに迫る戦闘飛行MS部隊。
多勢に無勢でさすがに苦戦するガンダム。

だが、戦闘飛行MSは、地上からビーム兵器で狙撃され、次々と撃墜される。
狙撃したのは、別のガンダム「デュナメス」であった。

【ガンダム、テロを阻止】
三大勢力の一つ、人類革新連盟は、軌道エレベータに各国の要人を招待してパーティを開催していた。
これをテロリストたちはMSで襲撃する。
守備隊のMSは、攻撃阻止に間に合わない。

そこへ、可変型ガンダム「キュリオス」が高速で飛来、テロリストのMSを次々と撃破。
1機残ったテロリストのMSは特攻を敢行するが、間一髪で、これまた別のガンダム「ヴァーチェ」に撃破された。

【ソレスタルビーイング、「武力による戦争根絶」を宣言】
間もなく報道機関は、ガンダムを保有する組織から送られたビデオメッセージを放送した。
映像に映る、初老らしき厳しい表情の男性は、自分たちをソレスタルビーイングと名乗った。
そして、武力で戦争を根絶すると宣言するのである。どうやら今回のガンダムの武力行動は、条約違反を明らかにするなど、全て戦争根絶のための行動だったようだ。

だがユニオンの男性たちは、このソレスタルビーイングのビデオメッセージに笑い出すのである。
武力で戦争を根絶とは、存在自体が矛盾している、と。

同感である。
この物語は、どのような結末を迎えるのか。
「武力による戦争の根絶」という題材がうやむやにならず、納得のいく結末を迎えることができるのだろうか。

とりあえず次回も視聴の予定。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 第1話 「ソレスタルビーイング」

機動戦士ガンダム00 2008年カレンダー ──西暦2307年。化石燃料は枯渇したが、人類はそれに代わる新たなエネルギーを手に入れていた。3本の巨大な軌道エレベーターと、それに伴う大規模な太陽光発電システム。しかし、このシステムの恩恵を得られるのは、一部の大国

  • From: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |
  • 2007/10/07(日) 04:27:20

機動戦士ガンダム00 第1話 「ソレスタルビーイング」

この世界に神なんていない――。 神の名のもとに少年たちすら戦いに借り出す戦争。 戦場で刹那の危機を救った光の翼を持つMS――ガンダム。 その出会いが少年をガンダムマイスターとし… 戦争を根絶するため武力を行使

  • From: SERA@らくblog |
  • 2007/10/07(日) 20:08:40

アニメ「機動戦士ガンダム 00」第1話。

第1話「ソレスタルビーイング」 地球へ…の後番、機動戦士ガンダム00。 ガンダムについての知識はほぼ皆無に等しいので、一体どんなんだろうと結構期待して待っていました。あまり期待しないようにって、別の記事に書いたのにね……。 OPのラルク、私は好きですよ。

  • From: ぎんいろ(旧夢の日々)。 |
  • 2007/10/08(月) 00:14:43

機動戦士ガンダム00 第1話 「ソレスタルビーイング」

ふっ。独創的なのはデザインだけだね。

  • From: 空色☆きゃんでぃ |
  • 2007/10/08(月) 16:04:22

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する