1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムMSV戦記 ジョニー・ライデン(長谷川裕一/講談社 Gレジェンドコミック)

  • 2007/11/16(金) 23:48:08

一年戦争のジオン軍エースパイロット、ジョニー・ライデンの戦いと人間性を描く「機動戦士ガンダム」外伝マンガ作品。

【感想概略】
ジョニー・ライデンを主人公として描いた作品は、珍しい気がする。

このジョニー・ライデンの初登場は、ガンダムのプラモデル企画であるMSVである。
その後、ゲームなどにも登場しているが、ゲーム「ジオンの系譜」などでは、井上和彦の演ずるジョニー・ライデンは、白狼シン・マツナガに「お互い有名になっちまって困ったもんだなあ」と話し掛けると「貴公など知らん」と冷たく言われたり、シャアに「俺はあんたとよく間違えられるんだ。あんたもだろう?」と話かけると「いや…間違えられたことはないな」などと素っ気無く言われていた。

これらの僅かな描写から、「ジョニー・ライデン」に対しては、「自意識過剰なおもしろい兄ちゃんだが、信念の男」というイメージを抱いていたのであるが、本作で描かれたジョニー・ライデンに違和感はかんじず、むしろ好感を抱いた。

本作はジョニー・ライデンの魅力有り、戦争の現実を描いた社会派的な一面あり、そして戦闘描写の迫力あり、ガンダム作品の面白さあり、などなどの魅力豊かな物語であり、好きな作品である。

【戦争嫌いのジョニー・ライデン】
本作では、ジョニー・ライデンは、なかなか毛色の変わった魅力的な若者として描かれている。

マンガ版では、ジョニーは、独裁を敷くザビ家が嫌いで戦争が嫌いなどと平然と発言する。
軍に志願したのも、ジョニーの本意ではなかった。
多くの若者同様、ジョニーも独裁政権の国家総動員体制から逃れられない力無き個人なのである。

MS戦闘では常人離れした強さを発揮するが、それでもジョニーは「戦争嫌い」を曲げず、戦争から逃げることをもっぱら考えていると軽い調子で公言する。
国全体が戦争へ向かう時代、「みんな」が戦争に賛成する中で、エースパイロットとはいえ権力に対しては無力な存在でしかないというのに、平然と戦争否定を口にするその反骨精神がまず好きである。

一見軽薄に見えるジョニー・ライデンであるが、以前は宇宙移民の独立について理想をともにする仲間たちと議論を繰り返し、ジオンのためを思い自分で色々と勉強していたという一面を持っている。
ジョニーの戦争嫌いは、ただの感情論ではない。
自らの理想と冷徹な現状分析に基づき、この戦争はザビ家のための戦争であり、この戦争の果てに宇宙移民の独立などありはしないと結論してのことなのである。

ジョニーが戦争を嫌う理由も筋が通っていて好きであり、そんなジョニーの人間性が好きである。
物語の面白さの大きな要素の一つは、登場人物の魅力だと思うのだが、本作のジョニー・ライデンには、共感と好感を抱いた

【ジョニー・ライデンのMS戦】
本作は、大きく三話からなるのであるが、各話のメカ戦には必ず見せ場があって盛り上がり、おもしろかった。

一話では、一年戦争とジョニーの戦いが描かれる。
まず、高機動戦闘を得意とするという従来の設定を上手く生かしつつ、ジョニーの戦争嫌いが戦闘の強さとなって現れるあたりには、皮肉さとおもしろさがあった。
ラストではフルアーマーガンダムが圧倒的な強敵として登場。
戦争嫌いでありながらも戦う理由と相まって、オリジナルMS「フルバレット・ザク」による戦闘が盛り上がった。ラストも好きである。

二話は、一年戦争から2年後のオーストラリアの復興村が舞台である。
ジョニーは名を隠し、復興のために働くが、ジオン軍兵士として従軍することでコロニー落としをはじめとする大虐殺に加担したという罪悪感に、人知れず苦しむ。
そんな彼の元を訪れたシン・マツナガ。
そして復興村を襲うジオン残党MS集団との戦いが描かれる。
ろくな武装をもたないジョニーがいかに相対的に強力な武装を持つMS集団と戦うかというおもしろさがあり、同時に罪は罪として背負いながらも過去を乗り越えようとするジョニーの内面が描かれ、ストーリー的にも好きである。

三話では、狂気の科学者Dr.Qの開発した、謎の防御力と強大な攻撃力を有するMS「パーフェクト・ザク」との戦いが描かれる。
何と、ジョニー・ライデンとシン・マツナガと共闘という、まさに夢の共演である。
そして、敵MSの性能も筋が通っており、戦闘は荒唐無稽な中にも理のかんじられる戦い方が好きである。


長谷川裕一には、今後も他のガンダム外伝キャラクターをマンガ化してほしいと思った。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。