1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

装甲騎兵ボトムズAT完全報告書(双葉社MOOK グレートメカニックスペシャル2007)

  • 2007/05/28(月) 21:28:11

「装甲騎兵ボトムズ」は、私にとって別格の作品である。
「高橋良輔と大河原邦男のロングインタビュー」と「スコープドッグ タイプ21C報告書」に惹かれ、この本を購入した。

この本の主な記事は、以下のようなものである。

◆ペールゼン・ファイルズ設定資料
 新作に登場するCGのスコープドッグにもっとも惹かれた。

◆スコープドッグ タイプ21C報告書 最終決定間近!
「スコープドッグ タイプ21C」とは、サンライズのプロジェクトのこと。
当初は、これまでのスコープドッグのマーキングを統合・整理しつつ、新たなマーキングを作り出すプロジェクトとして始まった。
しかし、マーキングに書かれるのはスコープドッグの機械的な仕組みに基づくものであり、スコープドッグの内部機構が分からなければ、マーキングは書けない。
このため、スコープドッグの構造を一から検討し、組み上げるプロジェクトへとなっていったものである。
スコープドッグは、現実的に考えると無茶な機械だと思うのだが(例えば、ローラーダッシュで走り回ったら、たちまち足の裏が削れるのでは?とか)、これを実在しても無理の無い機械として検討する過程で描かれたスコープドッグの内部構造図に心惹かれた。

◆高橋良輔/大河原邦男/スペシャルインタビュー
大河原邦男は、以下のようなことを言っていた。
「ボトムズが長く愛されるには、ガンダムが宇宙世紀というしばりから抜けるきっかけとなったGガンダムのような、次の世代の作り手によるボトムズの世界を広げる作品が、ボトムズにも出てきてくれれば」
私もボトムズには長く続いて欲しいので、高橋良輔と大河原邦男以外の作り手によるボトムズの新作アニメを見たいと思う。ただ、初めは高橋良輔と大河原邦男を監修としてほしい。
最近のボトムズの新作は、「コマンド・フォークト」と「AT Stories」であろうか。

◆バンダイ 1/20スコープドッグレポート
この記事を読んで、「1/20スコープドッグ」がほしくなった。

◆コマンド・フォークト
「ホビージャパン」と「ノベルジャパン」で展開中のボトムズ外伝小説。小説1巻を読んだが、私は好きである。
http://yaplog.jp/yabumi/archive/129

◆ボトムズ関連商品調査報告
当然アクティックギアも紹介されていたが、「将来的には全ATを登場させたい」というメーカのコメントに喝采を送りたくなった。バーグラリードッグを出したのだから、オーデルバックラーとエルドスピーネを出して欲しいところである。

◆AT Stories
新兵の視点から、戦場におけるATの運用が描かれており、面白かった。

ボトムズ好きにとって、おもしろい本であった。
「ペールゼン・ファイルズ」に期待したい。



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フィギュア情報局

最新フィギュア情報をいち早くお届け

  • From: フィギュア情報局 |
  • 2009/03/31(火) 22:45:33

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。