FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

機動戦士ガンダムOO 16話「トリニティ」

  • 2008/01/26(土) 23:58:11

感想TOPへ

【あらすじ】
トリニティ三兄妹の駆る新ガンダム3機、三大勢力合同軍を奇襲!
ガンダム4機、危地を脱する!
監視者アレハンドロ・コーナー、監視者の会合で新ガンダムについて提議!

【感想概略】
今回は、前半と後半が事実上別のエピソードであった。

前半は、ガンダム4機を消耗戦で追い詰める三大勢力合同のMS大軍団を、トリニティ三兄妹の駆る新ガンダム三機が奇襲、ガンダム4機を救出するお話であり、新ガンダムの三大勢力合同軍への大反撃が楽しめた。

後半は、総集編的なお話であり、監視者アレハンドロ・コーナーが他の監視者たちとの会合に出席、コーナーがこれまでのソレスタルビーイングの数々の介入活動を報告、新ガンダム3機について提議する。
別の場所では、トリニティ三兄妹が、ガンダム4機のこれまで活動を取り上げて批判していた。

この後半は、これまでの戦闘場面中心に編集されており、まずMS戦闘名場面の数々が楽しめた。
そして単なる総集編になっておらず、監視者及びソレスタルビーイングの実態の一端が描かれ、トリニティ三兄妹のガンダム4機に対する気持ちの一端が描写され、おもしろかった。

【チームトリニティ、三大勢力合同軍を奇襲】
前回、ユニオン、AEU、人革連の三大勢力は、合同でガンダム鹵獲の大規模作戦を決行。
ガンダム4機を砂漠地帯へおびき寄せ、約1000機のMSで取り囲み、猛攻を加え続けた。
さしものガンダムマイスターたちも、10数時間にわたる不眠不休の戦闘状態によって肉体的限界に達してしまい、次々と鹵獲されてしまう。

刹那の搭乗するエクシアは、戦争屋サーシェスの駆るMAアグリッサの放つ強力な電撃に追い詰められ、手も足も出ない。

すると上空から何者かがアグリッサを狙撃。
アグリッサの甲殻類のような下半身はたちまち爆発。
サーシェスは瞬時に下半身を切り離して離脱した。

刹那とサーシェスは、上空に赤い翼のガンダムを見た。
形勢不利と見たサーシェスは即座に離脱。
一瞬の判断力と決断力、一度逃げると決めたら徹底したその逃げっぷりは見事である。

上空のガンダムのパイロットが、刹那に通信で無事か尋ねてきた。
何と操縦者は、見た目はそばかすの可愛らしい少女、ネーナ・トリニティであった。

【長男ヨハン、ヴァーチェを救出】
ヴァーチェは、AEUのMS部隊に鹵獲されていた。
指揮をとるコーラサワー少尉は「指揮をとったのは俺だ!」とおおはしゃぎである。
すると突然、コーラサワー配下のMSたちが次々と狙撃され、墜落。
たちまち部隊は壊滅し、ヴァーチェを取り逃がしてしまう。

コーラサワーも狙撃を受け、撃墜されてしまった。
もっとも、コクピットへの直撃だけはかわし、命は助かったところを見ると、コーラサワーの技量はそれなりに高いのだろう。

コーラサワー機たちを狙撃したのはガンダムスローネアイン。
搭乗者はトリニティ三兄妹の長男、ヨハン・トリニティである。

【長男ヨハン、デュナメスを救出】
デュナメスは、ユニオン軍の精鋭部隊オーバー・フラッグスに鹵獲されていた。
すると突然、何者かがオーバー・フラッグスを狙撃。
瞬く間に隊員たちが、低空からの狙撃で次々と撃墜されていく。
ヨハン・トリニティの駆るガンダムスローネアインの攻撃である。

グラハム大尉は、即座に編隊を組みなおすことは不可能と判断。
配下を率いて戦場を離脱した。

デュナメス鹵獲まであと一歩に迫りながら、情勢不利と見るやガンダム鹵獲という戦果に拘らず、潔く兵を引くグラハムは格好良かった。

【次男ミハエル、キュリオスを救出】
人革連のセルゲイ中佐及びソーマ・ピーリス少尉を中心としたMS部隊は、キュリオスを鹵獲。
鎖で縛り上げ、地面に引きずって連行していた。
セルゲイ中佐は、以前のようにキュリオスがいきなり暴れ出すことを警戒する。

すると上空からミサイルのような物体が多数飛来。
が、ミサイルとは異なり、小刻みに移動し、先端からビーム兵器を発砲。
たちまち、キュリオスを連行するMS群は撃破されてしまう。
生き残ったのは、セルゲイ中佐とソーマ少尉だけであった。

人革連MS部隊を攻撃したMSは、ガンダムスローネツヴァイ。
搭乗者はトリニティ三兄妹の次男、ミハエル・トリニティである。
戒めがとけ、キュリオスは戦場から離脱した。

【ネーナ、GN粒子を大量散布し電子戦撹乱】
ネーナの駆るガンダムスローネドライは、GN粒子を大量に散布した。
すると禍々しい赤さのGN粒子が、たちまち広範囲に広がっていく。
これにより広い範囲が通信不能となり、センサーによるガンダム探知は不可能となった。
この隙に、ガンダム4機は砂漠地帯からの離脱に成功した。

セルゲイ中佐は、ガンダムが他にも存在したことに驚くと同時に、なぜガンダム4機が追い詰められながら新ガンダムが現れなかったのか、なぜ今回の戦闘当初から広範囲へのGN粒子散布という武器を使わなかったのかについて、疑念を抱いたようである。

一方、王留美の屋敷でガンダム4機からの連絡を待っていたプトレマイオスクルーたちは、ハロからの連絡に、心底ほっとした様子である。
が、スメラギは喜ぶと同時に、あの状況でなぜガンダム4機が生き延びることが出来たのかについて疑念を抱いた様子である。

【コーナー、監視者たちの会合に出席】
ソレスタルビーイングの監視者アレハンドロ・コーナーは、監視者たちの会合へ出席した。
会合場所には、コーナー以外の監視者は姿を見せない。
それぞれの監視者の座には、絵画やオブジェといった美術品がそれぞれ一品が配してある。
そして、各監視者が発言する時、美術品の一部に赤い光が強く燈るのである。

新ガンダム3機について、監視者たちは皆、知らないと口をそろえる。
そもそも稼動している太陽炉は5基であり、新ガンダム3機の太陽炉をどうやって調達したのか謎なのだという。
もっとも、本当に全員が知らないのか、中には知っている者がいるのかは不明である。

コーナーは、新たに出現したガンダム3機を認めるか否かについて、監視者たちの決をとることを求めた。

これに対し、監視者たちはこれまでのガンダム及びプトレマイオスクルーの活動内容を確認し、その上で決を採ることを求める。

するとコーナーはこれを了承。
まずは現在までのガンダムの活動について報告した。

コーナーの報告を受ける中、監視者たちは、スメラギの戦術予報士としての能力への疑問について、アレルヤの独断による人命救助とこれによる戦力発覚について、モラリアで刹那がコクピットハッチを開けて生身をさらしたことについて、ガンダムナドレについて発覚してしまったことについて、その多くは監視者たちの意見の一致が見られず不問に付されたことを再確認する。

この「監視者」とは、全員一致による否決権を持つのみなのだという。
そしてコーナーを含めた監視者たちは、新ガンダム3機を、全員一致で認めるのである。

【トリニティ三兄妹、ガンダム4機について語る】
一方、任務を終えたトリニティ三兄妹は、宇宙船にいた。
トリニティ三兄妹は結構仲がよく、ここら辺は刹那たちとは対照的である。

このトリニティ三兄妹、長男ヨハンはともかく、次男と妹はかなり極端な言動が目立つ。
どちらかというとストイックな、刹那・ロックオン・アレルヤ・ティエリアたちとは、ここら辺も対照的である。

さて、宇宙船内でくつろぐトリニティ三兄妹。
話題は、ガンダム4機のこれまでの戦い方についてである。

次男ミハエルは、ガンダム4機は緊急時以外は敵機のコックピットを狙わないことを批判。
熟練パイロットが減れば有利になると指摘する。
さらにミハエル、そもそもガンダム4機は甘いのだと、不快感を露わにするのである。
このミハエル、自らを「イカレた野郎」と嬉しそうに認め、戦いに際しての好戦性を隠そうとしない。

長男ヨハンは、コックピットを狙わないのは世間の批判への配慮なのだろうと、ガンダム4機に理解を示す。
弟妹たちが凶暴なのに比べると、このヨハンは穏やかで理性的な印象を受ける。

妹ネーナは、「煮え切らない男はきらーい」と言い、ミハエルの意見に賛意を示す。
容姿も声も可愛らしいネーナであるが、小動物を嬲り殺して遊ぶネコ科の動物のような印象を受ける。

このトリニティ三兄妹。
その言動の異様さからは、よほど過酷な過去を背負っていることが伺えるように思える。

トリニティ三兄妹の今後の活躍を期待したい。
そして三兄妹の過去が明かされることが楽しみである。

【予告】次回「スローネ強襲」
次回は、トリニティ三兄妹とプトレマイオス側ガンダムマイスターたちが対面。
さらにトリニティ三兄妹が戦争根絶のための武力介入を開始するようである。
次回からの新展開に期待したい。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム00 #16 「トリニティ」

 3大国の合同軍事演習地付近のテロ防止に、それが3大国の罠と知りつつ動いたソレスタルビーイングは、 “地上人” の執念の前に為す術なく4機全て戦闘不能に陥る。  しかしその “天上人” の絶体絶命の危機に、新たなガンダムが舞い降りる。  赤い粒子を撒くそ...

  • From: 月の静寂、星の歌 |
  • 2008/01/27(日) 06:19:29

アニメ「機動戦士ガンダム00」第16話。

第16話「トリニティ」 アリーの手にかかっていたエクシアを助けたのは、スローネドライ。パイロットはネーナ・トリニティだった。 ヴァーチ...

  • From: ぎんいろ |
  • 2008/01/27(日) 11:38:42

機動戦士ガンダム00 ♯16『トリニティ』

降臨なされた新型ガンダム・ガンダムスローネ。 刹那の元に現れたのはスローネドライを駆るネーナ・トリニティ。 ・・・シャナに非ず(笑)。

  • From: 風庫~カゼクラ~ |
  • 2008/01/27(日) 23:44:17

機動戦士ガンダム00 第16話「トリニティ」

挨拶といこうじゃないか、ガンダムマイスター同士――。 鹵獲寸前の刹那たちの前に現れた3機の新型ガンダム。 トリニティ3兄弟の駆るガン...

  • From: SeRa@らくblog |
  • 2008/01/29(火) 23:35:06

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する