FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

今日の買い物

  • 2008/03/24(月) 23:59:02

機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊 2巻
(漫画:曽根由大/脚本:クラップス/角川書店)


宇宙世紀0079年12月。1年戦争での北米大陸。
教導団ネメシスに配属された連邦軍の田舎エース、ユージ・アルカナの戦いを描く、機動戦士ガンダム外伝マンガ作品。

前巻がおもしろかったので、購入。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

“オレら連邦愚連隊”という題から、上官の命令を聞かず、自分のやりたいようにやるというイメージがわいてきたんですが、具体的にどういう物語なんでしょうか?

  • 投稿者: ハル
  • 2008/03/25(火) 13:21:43
  • [編集]

ハルさん、コメントありがとうございます。

「オレら連邦愚連隊」についてですが、以下簡単に紹介します。


一年戦争末期の北米大陸を舞台に、友軍を訓練することを主な任務とする特殊な部隊「教導団ネメシス」の一員となったユージ中尉を中心に、ネメシスの人びとを描き、一年戦争終期の北米大陸で繰り広げられた戦いの数々を描き、MS独特の戦いを描く作品です。

まず主人公・ユージ中尉についてですが、元々ユージ中尉が連邦軍へ入隊したのは、故郷近辺へコロニーの破片が落下し、その災害救助に加わりたかったからでした。
そんな訳なので、当初は故郷の守備を離れてネメシスに加わることを辞退したりします。
また、このような理由で入隊するユージなので、仲間を大事にする気持ちや、他者への思いやりはとても強く、困っている人を見るとほうってはおけない気性であり、目の前で危機に陥っている人を助けるためには、上官に食ってかかったりすることもあります。
但し、非情と思える上官も、実は、困難に陥っている者を救うため、より効果的な方法を実施したりします。


このユージをスカウトした「教導団ネメシス」ですが、MS隊を訓練することを主な任務とし、兵を鍛える部隊だけあって、隊員たちも凄腕揃いです。
ネメシスの隊員たちは、友軍を鍛えることでより多くの仲間を救うことを信念としています。
このネメシス、通常は作戦には参加しないのですが、緊急時の実戦参加は認められています。
また新兵器を試すことも任務としています。
という訳で、結局はよく劣勢の友軍に加勢して実戦参加しています。


「教導団ネメシス」のメンバーたちも、なかなか個性的です。
豪快な男、ホーク大尉。
一見キツい印象の女性士官ポノワ中尉は、実は過去の失敗をひきずっています。

そしてネメシスの指揮官サキ・デッサウ少佐は、一年戦争後の世界も見据えており、普段は感情というものをほとんど表にしないが、内面は決して冷血ではなかったりします。

個人的には、サキ・デッサウ少佐が格好良いとおもっていたりします。


そして作中で描かれるMSの戦いですが、敵は真正面から戦いを挑む猛者であったり、強力な武器に加え知恵のある強敵であったりし、戦いは常に倒すか倒されるかの緊迫したものであります。
これらの強敵といかに戦うかというおもしろさがあり、MSの性能を最大限に生かし、仲間同士連携し、地の利を生かし、個々人それぞれのMS戦闘技能を駆使しての、MSならではの戦いが繰り広げられます。
MS戦闘もまた本作独特であり、おもしろいとおもっています。


以上、あまり説明になっていないかもしれませんが、「オレら連邦愚連隊」についてでした

  • 投稿者: 矢文
  • 2008/03/26(水) 02:02:39
  • [編集]

長々とご説明ありがとうございました。
自分も購入しようと思います。

  • 投稿者: ハル
  • 2008/03/26(水) 12:49:05
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する