FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

押井守・映像機械論 メカフィリア(著:押井守/画:竹内敦志/大日本絵画)

  • 2007/06/25(月) 22:33:19

本書「メカフィリア」は、「攻殻機動隊」などのアニメ監督として有名な押井守が、1999~2001年に渡って、模型誌「モデルグラフィックス」で連載した押井守監督作品に登場したメカについてのコラムを単行本化した本である。
扱うメカは、レイバー、プロテクトギア、戦車、攻撃ヘリ、銃、などなど。

押井守監督作品「アヴァロン」に登場した多砲塔戦車ツィタデルの記事を目当てに購入したのだが、他の記事も皆おもしろかった。

押井守と言えば、ガンマニア、戦車マニア、軍事マニアとして有名だが、コラムにはマニアのこだわりがかんじられ、読み応えがあった。
そして、ドラマを生み出すメカを求める演出家のこだわり、メカデザイナーと演出家の火花散るやりとり、などなど、作品製作秘話としてもおもしろかった。

なお、本書「メカフィリア」は、初版が2004年10月5日という少し前の本なのだが、近所の書店に新品が置いてあったのは、押井守の新作映画「スカイ・クロラ」の製作にあやかってのことだろうか(「スカイ・クロラ」も楽しみである)。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する