FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

グレートメカニックDX5(双葉社)

  • 2008/06/13(金) 23:59:07

今号もロボットを中心とするメカへの愛と深読みに溢れた内容であり、おもしろかった。
今号では、アニメについては「ガンダム」「マクロス」「ボトムズ」「宇宙戦艦ヤマト」「巨神ゴーグ」などを取り上げている。同時に、現実のメカや軍事関係についても各種記事で紹介、自衛隊とUFO・雪上車の紹介と開発史・現実に構想され計画されている近未来の交通機関などを取り上げている。
今号の主な記事は、以下のようなものである。

◆俺の80'sグラフィティ(巨神ゴーグ)
イラストレーター森下直親が、1980年代のロボットアニメを熱く語る記事。今回は、安彦良和監督作品であるテレビアニメ「巨神ゴーグ」を取り上げ、その人物・メカ・作品の魅力を熱く語る。

◆大特集 ザクという文化(機動戦士ガンダム)
「機動戦士ガンダム」を象徴するMSであるザクについて様々な切り口から考察した大特集記事。
・ZAKU CATALOG 2008
一年戦争からZZ、さらには「ガンダムSEED DESTINY」に登場したザクを網羅したカタログ。
・ザク名場面集
ザクが強さを発揮する姿、見事なやられっぷりの数々、思わぬ使われ方の数々を紹介。
・ザクについての富野由悠季ロングインタビュー
・フルCGによってガンダム世界でのMSを初めとするメカの戦いを描く作品「MSイグルー2 重力戦線」の今西隆志監督とスーパーバイザーを務める出渕裕のザク及び作品についての対談。

◆「機動戦士ガンダムOO」メカデザイナーズインタビュー
「機動戦士ガンダムOO」のMSは、各勢力ごとに異なるデザイナーによってデザインされている。6人のメカデザイナーに対するそれぞれのデザインによるMSについてのインタビュー記事。

◆軍隊ってどんなところ?「自衛隊とUFO」

◆明日の都市交通

◆珍メカ博物誌 「雪上車」編

◆空白の一年で進化を遂げたものとは?(コードギアス 反逆のルルーシュ R2)
黒の騎士団による一大反攻事件「ブラックリベリオン」からR2に至るまでのゼロ不在の一年間に、各勢力のナイトメアフレームは、そして世界情勢はどのように変化したのかを考察し、さらに今後の情勢を推察する記事。
・ナイトメアフレームについては、特にブリタニア帝国のランスロット及び黒の騎士団の紅蓮弐式それぞれの発展について考察。両機の開発競争は、両軍の戦力に直結していることを指摘する。
そしてナイトメアフレーム全体の大きな変化として、特にフロートシステムおよび飛翔滑走翼による空戦能力の実現と普及について考察している。
・世界情勢については、ブリタニア帝国によるEU連合への侵攻についてブリタニアの内情と周辺諸国との関係、この情勢下での中華連邦について整理し、今後を推測する。

◆大解剖 VF-25メサイア(マクロスF)
「マクロスF」に登場する可変戦闘機VF-25メサイアについて、S.M.Sのスカル小隊のアルト機、オズマ機、ミハエル機、ルカ機のそれぞれの特徴を検証した記事。

◆河森正治総監督へのVF-25及び「マクロスF」についてのロングインタビュー(マクロスF)

◆Les's 70's メカGO!(宇宙戦艦ヤマト)
1970年代のアニメを取り上げるコーナー。今回は「宇宙戦艦ヤマト」のテレビシリーズを取り上げ、第二次世界大戦の戦闘機械を思わせる雰囲気重視のメカ描写、戦う男たちの「男のロマン」など、その魅力を考察する記事。

◆はじまりは最終回 (宇宙戦艦ヤマト)
アニメ及びメカアニメに巨大な影響を与えた作品「宇宙戦艦ヤマト」について、その本質は「冒険とロマン」であること、それは戦前の少年小説で語られていた要素を受け継ぐものであることを考察した記事。

◆特別企画インタビュー(装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ)
「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ」の9話以降についての高橋良輔監督とスティーヴ塚田プロデューサへのインタビュー記事。ネタバレを回避しつつも作品について、キリコについて、メカについて興味深い内容であり、9話以降が楽しみになるインタビューである。

◆AT Stories アイアンファティーグ
「装甲騎兵ボトムズ」の外伝マンガ。



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する