1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電脳コイル 8話「夏祭り、そして果し合い」

  • 2007/06/30(土) 21:39:54

夏祭り、浴衣の女子と色気づく男子ども!
イサコ女王様、ラブコメ粉砕!

【感想概略】
今回は、「電脳コイル」のラブコメ化をイサコ女王様が粉砕する痛快な回であった。

【オバちゃん、再登場!】
冒頭はヤサコの夢、そして朝の小学校からはじまる。
遅刻せずに済んだと喜びあうフミエとヤサコ。

そこへ爆音を轟かせながら正門に滑り込む二人乗りバイク!
ハラケンを送ってきたオバチゃんだ!

抗議する教師を完全黙殺するクールさだが、相変わらずハラケンにはデレデレ。
さらにオバちゃん、公衆の面前でハラケンのおでこにキス!

唖然とする小学生たちだが、視聴者も唖然だ。
とてもNHKとは思えない、度肝を抜く再登場であった。

なお終業式の後、ハラケンはカンナの母から、カンナのメガネを託されていた。
カンナのメガネにはロックがかけられており、この謎解きも楽しみである。

【イサコ、フミエの排除を画策】
イサコは大黒黒客に作戦準備を指令!
フミエに果し合いを申し込めと命じた。
そして、しぶるダイチたちを「逆らうのか…」の一睨みで従わせるのである。

さらにイサコは、ダイチへ言い渡す。
勝ったら、暗号屋の技をいくつか教えてやる。
だが負けたら、大黒黒客から追放だ!

アメとムチを使い分けるが、イサコ女王様のムチは一撃即死の破壊力だ。

【夏祭りのはじまり】
さて夏祭り開始である。
ここにヤサコ、フミエ、さらにイサコが浴衣で登場。

するとハラケンや大黒黒客の男子どもは、頬を赤らめてしまう。
生意気にも色気づいているようである。

【京子、容赦無し!】
京子は、ハラケンには懐いている(以前助けられたからか)。
一方、ダイチに対しては、敵意を全く隠さない。

まず石を鷲づかみにし、藪の中のダイチへ投石!
続いてダイチの足の指を踏み付け!
さらにダイチの背中へラムネを豪快に注ぎ込む!

京子には迷いも容赦も全く無く、いっそ清々しかった。

なおヤサコは京子へ「変な人に近づいちゃいけないって言ったでしょ!」と注意する。
つまり京子の身を案じ、ダイチへの乱暴狼藉は全く問題にしていないのである。
この姉にしてこの妹ありなのか?

【イサコ、ラブコメ粉砕】
今回は、ダイチがフミエに好意を抱いていることがはっきりと描かれていた。
だが結局はイサコの命令通り、フミエに果し合いを申し込む。
そして「お前なんかだいっきらいだ!」と叫ぶのである。

イサコはダイチの気持ちに気付いているのだろうか?
そうならば、まさに鬼。
さすがは情無用、覇王の道を突き進むイサコ女王様である。

今後もイサコ女王様のラブコメ粉砕に期待したい。

あるいはイサコはそもそも、恋愛感情というものが、よく分からないのかもしれない。
余談だが、私は小学生の頃、友情は理解できるが恋愛感情は心に存在せず、「好きな子」などいるはずもなく、他人の恋愛感情も全く理解できなかった。

【ヤサコ、ハラケンに興味なし?】
ヤサコは、フミエを鈍感呼ばわりする。
だが、自分に向けられるハラケンの好意には全く気付かない。
屋台の相性判断マシーンで、ハラケンとの相性100%と出ても、全く意に介さず、「ひどいわー」と素で迷惑がるのである。

なおハラケンは、カンナの元ペットらしきイリーガルから、赤く光る電脳物質を託された。
だが次の瞬間。
そのイリーガルはキュウちゃんの光線で焼き殺された。

電脳ペットがイリーガルに変化するのだろうか?
託された電脳物質の正体は?
カンナのメガネの謎ともども、この謎解きも楽しみである。

【次回予告】
次回は、イサコ一味VSヤサコ一派の肝試し対決である。
久々の電脳バトルを期待したい。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。