1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チャンピオンRED」10月号(秋田書店)

  • 2008/08/22(金) 23:56:07

連載漫画「装甲騎兵ボトムズ CRIMSON EYES」を最大の目当てに本日購入。

本作「CRIMSON EYES」は、軍事政権が圧政を敷く惑星クラビウスを舞台に、幼児体系だが凄腕のボトムズ乗りの少女・レッカの戦いと生き様を描いた作品である。

レッカが戦う目的は、軍事政権の大統領を倒すことである。
そしてこの大統領、凄腕のボトムズ乗りであり、何とレッカの兄なのである。

このレッカの兄であるが、やはり只者ではない。
それまで大小の軍閥が割拠して各地で争いを繰り返し、無秩序の極みにあったクラビウスを統一した英雄児なのである。
レッカの兄は、果てることの無い戦乱状態にあったクラビウスに、曲がりなりにも平和と秩序をもたらしたのであり、それは彼なりの信念に基づく行動であることが伺うことができ、単なる悪者という訳ではなさそうである。

先月号では、レッカは大統領主催のバトリング大会へ出場するため、鉄道に乗車していた。
この列車を、何とATで組織された山賊団が奇襲。
レッカは、鉄道警備隊のファッティーを駆り、山賊団のATと激戦を繰り広げ、どうにか敵を退けることに成功した。
ところがそこへ乱入した者こそ、山賊団に雇われたクエント人傭兵の駆るAT「ベルゼルガ」なのである。

そして今月号では、山賊団に雇われたクエント人傭兵の駆るAT「ベルゼルガ」と、ファッティーを駆るレッカとの戦いが繰り広げられる様子である。

レッカはどのような戦いを見せるのか。
そしてベルゼルガはどのような戦いを見せてくれるのか。
これから読むのが楽しみである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。