1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第21話「ラグナレクの接続」

  • 2008/08/31(日) 23:02:21

【感想概略】
今回は、ルルーシュが皇帝と決着をつけ、母マリアンヌと決別するお話のようである。
よく分からないところも少なくないのだが、おもしろかった。


【ルルーシュ、皇帝を「Cの世界」に閉じ込める】
前回、皇帝は神根島の遺跡から「Cの世界」へ行った。
皇帝の目的は、「ラグナレクの接続」を行ない、「神」を殺し、「嘘の無い世界」を実現することのようである。

そこへルルーシュが登場。
「Cの世界」への入り口を爆薬で爆破した。
ルルーシュの目的は、皇帝を永遠に「Cの世界」へ閉じ込めることのようである。

一見すると、ルルーシュの作戦は成功したようである。

【ルルーシュ、マリアンヌと再会】
ルルーシュは、皇帝に問うた。
母マリアンヌを殺したのは誰なのか。
何故、皇帝は母の暗殺を止めなかったのか。

皇帝シャルルは笑ってルルーシュに言う。
他人に対しては嘘をつきながら、自らは真実を求めるのかと。

ルルーシュは、不敵な笑みを浮かべて言う。
誰しも嘘をつくのは当然のこと。
他人に話を合わせるため、場に溶け込むために。
それが無ければ、社会も国も存在し得ないではないか。

すると皇帝は言う。
嘘をつくことが全て無駄と分かれば、嘘はなくなり、理解し合えれば、争いは無くなると。
だがルルーシュ、それは机上の空論と言い、呆れた顔をしてみせる。

その時、驚くべき人物が姿を見せた。
何と、死んだはずのマリアンヌである。

そして皇帝シャルルは、マリアンヌ暗殺へ至る道を語りだした。

【マリアンヌ暗殺の真相】
はじまりは50年前。
ブリタニア帝国では、帝位を巡る争いが激化。
多くの皇族が互いに殺し合い、シャルルの母も、その中で死んだ。

この殺し合いの中を、少年の頃のシャルルとV.V.の兄弟は、どうにか生き残った。
二人は世界を憎み、嘆いた。
そして二人は「嘘の無い世界」を築くこと、「世界の嘘を壊すこと」を誓い合うのである。

やがて、シャルルはマリアンヌと出会った。
マリアンヌはシャルルの理想に賛同、C.C.もこれに加わった。
一方、V.V.は、マリアンヌによってシャルルが変わってしまうことに危機感を覚えた。

そしてある晩。
V.V.は、マリアンヌの元を訪れ、機関銃を発砲、マリアンヌを蜂の巣にしたのである。
マリアンヌは、ほぼ即死のようである。

そしてV.V.は、マリアンヌ暗殺をテロリストの仕業に見せかける偽装工作を行ない、ナナリーを暗殺事件の目撃者に仕立てたのである。

だがマリアンヌ銃撃の瞬間。
物陰から、震えながら見つめる者がいた。
行儀見習の少女・アーニャである。

マリアンヌは死の間際、ギアスをアーニャへ発動した。
このギアスは、人間の心を渡り歩く能力である。
こうしてマリアンヌの精神は、アーニャの中で生き続けていたのである。

V.V.は、マリアンヌ殺しの真相を、シャルルにすら隠した。
これにはシャルルも、はらわたが煮えくり返る思いだったようである。

事件の後、皇帝はギアスでナナリーとアーニャの記憶を改竄。
ナナリーの視力を封じたのは、目撃者として命を狙われることを防ぐためなのだという。

なおマリアンヌは、アーニャの表層に出た時は、C.C.と心で会話できることに気付いた。
そしてC.C.は真相を知ると、ギアス嚮団をV.V.に委ね、シャルルとマリアンヌの前から姿を消したのだという。

【C.C.とスザク、「Cの世界」に出現】
皇帝は言う。
嘘の無い世界を実現すれば、人間は互いを理解しあうことが出来、争いは無くなる。
人間は、ありのままでいることが出来る世界となる。
それはナナリーの望んだ「優しい世界」なのだと。

そして「ラグナレクの接続」には、不老不死のコードは二つ必要であり、そのためにC.C.に来てもらう必要があった。
マリアンヌはC.C.の説得を試みたが上手くいかない。
そこで、ルルーシュを利用したのだと。

ルルーシュは、自分が利用されていたことを理解し、そしてブリタニアと黒の騎士団の戦争も、全てはC.C.を誘い出すためと知り、自嘲の笑みを浮かべる。
気が付くと、ルルーシュの背後には、C.C.とスザクが立っていた。

【ルルーシュ、皇帝の前に立ち塞がる】
皇帝は、C.C.に向かって歩き始めた。
皇帝のコードとC.C.のコードが一つになる時、「ラグナレクの接続」は発動し、「アーカーシャの剣が神を殺す」のだという。

スザクはルルーシュに問う。
これまで、なぜ世界を手に入れようとしたのかと。

ルルーシュは「ナナリーのために」と答えるが、スザクは納得しない。
するとルルーシュは、不敵な笑みを浮かべ、スザクにこたえた。
俺は、俺の大事なものを全て守りたかったのだと。

そしてルルーシュは、皇帝の前に立ち塞がった。
ルルーシュは皇帝に言う。
嘘をつくことは、何かと争うためだけでなく、何かを求めるからだと。
ありのままでいられる世界とは、変化の無い、思い出の世界に等しいものであり、生きるとは言えないものだと。

そしてルルーシュはマリアンヌに問う。
皇帝と同じ考えなのかと。

するとマリアンヌは笑顔でこたえた。
「ラグナレクの接続」の後は、死んだ者とも言葉を交わせる。
離れ離れだった人たちが、一緒にいられるのはよいことだと。

【ルルーシュ、ナナリーの望みを告げる】
ルルーシュは、皇帝とマリアンヌの行動に納得できない。
ルルーシュには、二人が自分とナナリーを棄てたようにしか思えない。

皇帝とマリアンヌは言う。
ルルーシュとナナリーを「マリアンヌ暗殺事件」の後、日本へ送ったのは、V.V.の手から逃すためなのだと。

だがルルーシュは、さらに二人に問う。
それならば、なぜ日本侵攻を強行したのか。
二人にとっては、自分とナナリーの生死は、もはやどうでも良いことだったのではないのか。

皇帝とマリアンヌは、言葉がない。

そしてルルーシュは言う。
ナナリーの望んだ「優しい世界」とは、自分ではなく「他人に優しくなれる世界」なのだと。
皇帝とマリアンヌは、自分自身が好きなだけなのだと。

【ルルーシュ、「神」にギアス発動】
皇帝とルルーシュは、全く相容れない。
だがルルーシュには、もはや皇帝を止める術はないはずである。

するとルルーシュ、何と「Cの世界」の神に対し、ギアスを発動しようとするのである。
流石の皇帝も、ルルーシュの無謀さに驚いている様子である。

その時、ルルーシュの右目にもギアスの紋章が赤く浮かび上がった。
ルルーシュは両目でギアスを発動、すると神にギアスがかかった。
そして神は、ルルーシュの「時の歩みを止めないでくれ」という言葉に従うのである。

だが皇帝はあきらめない。
皇帝のコードとC.C.のコードがあれば、「ラグナレクの接続」は実現できるはずである。
ところが、不死であるはずの皇帝の身体が、光の粒子となって消え始めた。
マリアンヌの身体も消えていく。
二人は、「Cの世界」に呑み込まれてく。

唸る皇帝だが、見ると、膝を抱えるC.C.には何の異常もない。
C.C.は、皇帝とマリアンヌにぽつりとつぶやく。
「済まない…。気付いてしまったんだ。お前たちは、自分が好きなだけだと…」

皇帝とマリアンヌは、光となって消滅した。

【ルルーシュたち、元の世界へ】
残されたルルーシュとスザク、そしてC.C.。
気が付くと、三人は元の遺跡にいた。

膝を抱えたC.C.は、ルルーシュとスザクに尋ねる。
皇帝の計画を否定し、時の歩みを進めることを選び、これからどうするのかと。

するとスザクは、ルルーシュに刃を向ける。
ルルーシュはユフィの仇だからと。

【ルルーシュ、帝位を奪う】
神根島の事件から一ヵ月後。

皇帝は、この一ヶ月、公の場に全く姿を見せなかった。
だが本日、皇帝より何か発表があるという。

そして帝都ペンドラゴンの玉座の前には、皇族たちと紳士貴顕が居並び、皇帝の出御を待っていた。
その様子は全世界に報道映像が流れている。

やがて、壇上に姿を見せたのは、何と学生服姿のルルーシュである。
ルルーシュは、玉座に就くと足を組み、自らが皇帝であると名乗った。
しかも、皇帝を殺したので、これからは自分が皇帝なのだと、凄まじいことを言う。

玉座の前の紳士貴顕は驚愕。
報道映像を見るルルーシュの友人知人も、度肝を抜かれた様子である。

ただ一人、第一皇子オデュッセウスは、ルルーシュが生きていたことが純粋に嬉しそうである。
オデュッセウスの目には、ルルーシュの不敬な行動は、やんちゃなイタズラと映っているようであり、元気そうで良かったとすら思っているようである。
オデュッセウスは、人間的には心優しい良い人に思える。

だが第一皇女ギネヴィアは激怒、ルルーシュを捕らえよと衛兵に命じた。
衛兵たちは、槍を構えてルルーシュに殺到する。

だが次の瞬間。
何者かが衛兵たちの槍の穂先をことごとく粉砕。
衛兵たちを叩きのめした。
何と、学生服姿のスザクである。

ルルーシュは不敵に笑い、自らの騎士としてスザクを紹介。
そしてスザクには、ラウンズを超える「ナイトオブゼロ」の称号を与えるという。

さらにルルーシュは、ギネヴィアやオデュッセウスをはじめとする皇族たちと紳士貴顕にギアスを発動。
ブリタニアの支配階層に、自らを皇帝と認めさせてしまったのである。

【シュナイゼル、何事か企む】
一方、第二皇子シュナイゼルは、ルルーシュの皇帝宣言を報道映像で眺めながら、何やら企んでいる様子である。
シュナイゼルの傍らには、コーネリア皇女と副官カノン、そしてディートハルトの姿が見える。

厳しい表情のコーネリアたちに、シュナイゼルは言う。
「ルルーシュに全て差し上げるとしよう。
ブリタニアという国すらね。
問題はその先にある。
世界を見るのはルルーシュのギアスか。それとも…」


【予告】
次回「皇帝ルルーシュ」

一ヶ月の間に、何があったのか
これからルルーシュは、ブリタニア帝国は、超合集国は、黒の騎士団はどうなるのか。
次回も楽しみである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話 「ラグナレク の 接続」

ちょ、最後のあれはちょっと……。

  • From: Shooting Stars☆ |
  • 2008/08/31(日) 23:16:50

コードギアス 反逆のルルーシュ R2  第21話 「ラグナレク の 接続」

こんな展開になるとは… 予想できた人誰もいないんじゃないか。 超展開の連続はさすがギアス… 30分でよくここまで話が動いたも...

  • From: のらりんクロッキーF |
  • 2008/09/01(月) 00:36:02

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN21『ラグナレク の 接続(前)』

最終的には母親まで参戦しての壮大且つ傍迷惑な 親子喧嘩、終幕。 今回は観念的な回だったため、イロイロ考えてたら超長文になったため 例の如く前後編仕様でお送りします。

  • From: 風庫~カゼクラ~ |
  • 2008/09/01(月) 02:06:24

(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話 「ラグナレクの接続」

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume02 大混乱するエリア11。引き返せない、いや引き返さない。硬く悲壮なまでの決意の元、スザクは戦いに挑む!最強の部隊を相手に彼は勝利する事が出来るのか!?そしてルルーシュもまた…。人智超越した世界で明かされる驚天動

  • From: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |
  • 2008/09/01(月) 02:16:18

アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ R2」 第21話 ラグナレク の 接続

そして傍らに立つ者。 「コードギアス 反逆のルルーシュ R2」第21話のあらすじと感想です。 それは、ナイト・オブ・ゼロ。 (あらすじ) ...

  • From: 渡り鳥ロディ |
  • 2008/09/01(月) 10:02:29

コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN21「ラグナレクの接続」

コードギアス反逆のルルーシュR2の第21話を見ました。TURN21 ラグナレクの接続C.C.とアーニャは気を失っていたスザクを発見した。「今はマリアンヌ、ルルーシュとナナリーのお母さんよ」黒の騎士団として、扇は動き、ゼロはもう生きてちゃいけないと考えをもっていた。「...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2008/09/01(月) 14:40:48

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。