1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第24話「ダモクレスの空」

  • 2008/09/21(日) 23:38:29

【感想概略】
今回は、ルルーシュとシュナイゼルの勝負に決着がつくお話である。フレイヤ弾頭を砲撃する天空要塞ダモクレスと皇帝ルルーシュの軍勢との戦闘が楽しめ、ルルーシュとスザクの息のあったコンビぶりが描かれ、ルルーシュとシュナイゼルの決着が描かれ、おもしろかった。

次回は、ルルーシュとナナリーの対決が描かれ、そしてナイトメア最強頂上決戦であるスザクのランスロット・アルビオンとカレンの紅蓮聖天八極式との戦闘が描かれるようである。
物語がどのような結末を迎えるのか、楽しみである。


【星刻、一隊を率いアヴァロンに突入】
富士山周辺地域での、皇帝ルルーシュの軍勢と、シュナイゼルが指揮する黒の騎士団及び天空要塞ダモクレスとの戦闘は依然として続いている。

ルルーシュは、富士山のサクラダイト鉱山を爆破して火山噴火を起こし、火山弾の雨を降らせ、黒の騎士団に壊滅的な打撃を与えた。

するとダモクレスに座乗するシュナイゼルは、ルルーシュの軍勢に対し、フレイヤ弾頭による攻撃を開始。
フレイヤ弾頭が炸裂するたびに、ルルーシュの軍勢は確実に削り取られていく。

さらにシュナイゼルは、フレイヤ弾頭の照準を敵軍の旗艦アヴァロンに合わせた。
これに血相を変えたのが星刻である。
アヴァロンには捕虜として、天子も捕らえられているのである。

神虎を駆る星刻は一軍を率い、ルルーシュの軍勢を背後から奇襲。
スザクの駆るランスロット・アルビオンと激闘を繰り広げるが、翼を斬り飛ばされてしまう。
すると、藤堂が満身創痍の斬月でスザクに突撃、斬り結ぶ。

一方、星刻は神虎で砲撃。
アヴァロンのフロートを破壊、航行能力を奪った。
そして星刻たちはアヴァロンに殴り込み、天子目指して突き進む。

【ルルーシュとニーナ】
ルルーシュは星刻たちのアヴァロン突入に、いよいよ自ら敵本陣へ突撃することを決意。
咲世子たちに後を託し、蜃気楼に搭乗するため、旗艦アヴァロンの格納庫へ向かう。
この蜃気楼には、ニーナの作り上げたフレイヤに対抗する秘策が搭載済みである。

途中、ニーナが姿を見せた。
そしてニーナは、自分も一緒に行くと言う。

だがルルーシュはニーナに言う。
「もう十分だよ、ニーナ。ユフィの仇である俺に、ゼロに、よく付き合ってくれた。」

するとニーナは言う。
自分はゼロを許しはしない。
だが、それとは別に、自分自身の答えを出さねばならないと思ったのだと。

ルルーシュは、立ち去るニーナの背中につぶやいた。
「君は立派だよ」

【ルルーシュ、蜃気楼で出撃】
アヴァロンの格納庫にルルーシュが姿を見せた。
ピンクのランスロットの傍に立つのはC.C.である。

C.C.はルルーシュに問う。
自分を恨んでいないかと。
だがルルーシュは、C.C.に礼を言う。
C.C.がいたから、自分は歩き出すことができたのだと。

その時。
壁をブチ破り、カレンの駆る紅蓮聖天八極式が殴り込んできた。
目的は、ルルーシュの首である。

いまや紅蓮の強さは突出しており、対抗できるのはスザクの駆るランスロット・アルビオンのみ。他の機体が紅蓮にケンカを売るのは自殺行為である。

だがC.C.の駆るランスロットが、紅蓮の前に立ち塞がり、必死の抵抗を試みた。
そしてルルーシュは、C.C.が時間を稼ぐ間に蜃気楼で飛び立ち、天空要塞ダモクレスへ向かう。

一方、C.C.はランスロットを駆り善戦。
だがやはりカレンの駆る紅蓮の敵ではなく、撃破されてしまう。

【ルルーシュとスザク、フレイヤを無力化】
シュナイゼルは、ルルーシュの駆る蜃気楼に照準を合わせ、フレイヤを射出した。
だがルルーシュには秘策があった。
それは、ニーナが作り上げたフレイヤを無力化する装置である。

だがこの装置。
フレイヤ炸裂19秒前の環境情報を入力せねばならず、さらにこの装置はフレイヤ炸裂0.4秒前にフレイヤ弾頭に接触させねばならない。

並みの人間には到底不可能な芸当だが、ルルーシュは環境情報を入力。
そしてスザクはこの装置をフレイヤに投擲、接触させ、見事フレイヤを無力化してしまうのである。
まさに息のあったコンビぶりを見せるルルーシュとスザクである。

さらにルルーシュとスザク、敵の攻撃を打ち破って生じた敵要塞ダモクレスの隙を逃さない。
ダモクレスは強力なブレイズルミナスを展開し、鉄壁の防御を誇るが、唯一、フレイヤ弾頭の射出口のみは、ブレイズルミナスを解除している。

ルルーシュとスザクは、このブレイズルミナスの死角を通り抜け、ついにダモクレスの懐に飛び込んだ。
さらにダモクレスの外壁をブチ破り、内部へ突入。
シュナイゼル目指して突き進むのである。

【蜃気楼、大破】
ルルーシュの駆る蜃気楼は、スザクの駆るランスロットに守られながら、ダモクレス内部をシュナイゼル目指して疾走する。
その時、ジノが強化改造されたトリスタンを駆って出現。
ジノは守るべきものがあると言い、ルルーシュとスザクの前に立ち塞がった。

スザクはランスロットでトリスタンに応戦。
この隙にルルーシュの駆る蜃気楼は、前進を開始する。

するとトリスタンは、蜃気楼めがけて剣を投げた。
剣は命中、蜃気楼に突き刺さり、機能停止に追い込んだ。

だがルルーシュは、コクピットから飛び降り、走って司令室へ向かうのである。

【スザクVSジノ】
スザクとジノは、ダモクレス内部から飛び出し、空中戦を展開する。
だがランスロット・アルビオンを駆るスザクは圧倒的に強い。

ジノはトリスタンのスラッシュハーケンを射出。
だがスザクはこれをかわして突撃。
すれ違いざまにトリスタンを腰から両断した。
上半身のみで飛行するトリスタンには、もはやランスロットと戦う力は無い。

だがジノは笑っている。
何と、先ほど放ったトリスタンのスラッシュハーケンが、ブレイズルミナスのシステムを破壊しているのである。
その直後、ブレイズルミナスに穴が開いた。

そして、紅蓮を駆るカレンが飛び込んできた。
ジノの目的は、スザクとカレンを引き合わせることだったのである。

カレンは凄みのある声音で言う。
「スザク、決着をつける時が来たようね。
わたしたちのすれ違いに!!」

【シュナイゼル、チェックメイトをかけられる】
シュナイゼルは、天空要塞ダモクレスもろともルルーシュを葬り去ることを決定。
カノン及びディートハルトとともに格納庫へ移動し、脱出艇に搭乗した。
何とシュナイゼル、ナナリーもルルーシュもろとも葬り去るつもりである。

その時、機内のモニターにルルーシュの姿が映った。
ルルーシュは司令室を占拠し、ダモクレスの制御をほぼ手中に収めた様子である。
何と、シュナイゼルを警護する将兵たちにも、ギアスがかかっている。

シュナイゼルは観念し、笑みを浮かべた。

【ルルーシュとシュナイゼル】
モニターの中のルルーシュは、シュナイゼルに問う。
ダモクレスによる世界の支配が目的なのかと。

するとシュナイゼルは答える。
目的は平和なのだと、皆がそれを望むからだと。

これにルルーシュは言う。
皇帝シャルルは昨日を求めた。
シュナイゼルは今日を求めている。
そして自分は明日を求めるのだと。

シュナイゼルにとって、ルルーシュの考え方は納得できるものでない様子である。
そしてシュナイゼルは、自分を殺せと言い、笑みを浮かべた。
自分も死ぬがルルーシュもフレイヤで死ぬ、これで平和が実現するのだと。

だがその時。
何とシュナイゼルの前に、ルルーシュが姿を見せた。
モニターに映るルルーシュは、シュナイゼルの受け答えを予測して事前に録画した映像だったのである。

ルルーシュは言う。
シュナイゼルは、自分が殺されるとばかり思っていた。
それが敗因だと。

そしてルルーシュはシュナイゼルに「ゼロに仕えよ」というギアスをかけた。
するとシュナイゼルはルルーシュにひざまずき、忠誠を誓うのである。

ディートハルトは、これに我慢ならず、「あなたの物語は、既に完結している!」と叫び、ルルーシュに銃を向ける。
だが次の瞬間、ディートハルトは銃撃を受け、血を吹き上げて倒れた。
何と、シュナイゼルが撃ったのである。

死の間際、ディートハルトはルルーシュに、せめて自分にもギアスをかけてもらえるよう懇願した。
だがルルーシュはディートハルトを傲然と見下ろし、お前にはギアスを使う価値も無いと言い放つ。
間もなく、ディートハルトは死んだ。

そしてルルーシュは、フレイヤの制御スイッチを持つナナリーの元へ向かう。

【ルルーシュ、ナナリーと対面】
ルルーシュは、ナナリーの前に姿を見せた。
そしてルルーシュ、フレイヤはナナリーには危険なものだという。

するとナナリーは言う。
「だからです。もう目を背けていられないから…。お兄さま、わたしにもギアスを使いますか」
ナナリーは、ギアスで封じられたはずの両目を開いた。


【予告】
次回「Re;」

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。