FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

「紅顔」(井上祐美子/中公文庫)を購入

  • 2008/09/22(月) 23:59:38

17世紀中期から後半。
明末清初の中国を舞台に、「売国奴」と呼ばれた武将・呉三桂、その側室で「傾国の美女」と呼ばれる陳円円、そして時代そのものを描く中国歴史小説。
中国の歴史に興味があり、明末清初にも興味があり、この井上祐美子の中国歴史小説もしっかりした時代考証と品のある人物の描写が好きなので、本書を購入した。

本作の作者・井上祐美子による明末清初を舞台とした小説としては「摂政王ドルゴン」や明の女性武将・秦良玉を描いた「女将軍伝」などが挙げられる。

だが、呉三桂を主人公とした作品は、他の作家の作品でもあまり見かけたことが無く、この呉三桂の視点から明末清初を三藩の乱まで描いた作品も珍しい気がする。
本作はどのような呉三桂を、どのような明末清初を見せててくれるのか、これがまず楽しみである。

さらに、陳円円を意思を持った人物として描いた作品は、より珍しい気がする。この作者は女性を活き活きと描くことに巧みなので、どのような陳円円を見せてくれるのか、楽しみである。



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する