1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狐とアトリ 武田日向短編集(武田日向/角川コミックスドラゴンJr.)

  • 2007/07/10(火) 23:32:18

表題作を含む3篇を収録した短編集。
まず絵が上手く丁寧、何より物語がおもしろかった。

「狐とアトリ」
中世の日本を舞台とした伝奇作品。
山奥の神社を祀る美しい隻眼の巫女と、妹の童女・アトリ。
アトリは優しい姉を熱烈に慕うが、極端に嘘を嫌い、人を化かす狐を嘘つきと嫌っていた。
時に、些細な嘘をついてしまい「今日、妾は嘘つきの悪い子じゃった」と自己嫌悪に陥るアトリだが、姉は云う。
「そなたが嘘をつこうとも、私はずっと一緒におる」
二人には、アトリの憶えていない秘密があったが、アトリはだんだんと思い出し始める…。

描き下ろしの6頁の番外編では、その後の二人を描いており、短いながらも良い話だった。

姉とアトリ、それぞれの二面性もおもしろかった。


「ドールズ・ガールズ」
入院中の内向的な少女・実(みのり)の病室に、お洒落で外向的な少女・叶(かなえ)が入院してきた。
実(みのり)は正反対のタイプの叶(かなえ)に心を開こうとしないが、ふとしたことから二人は打ち解ける。
だがある日、叶(かなえ)の何気ない一言に、実(みのり)はショックを受け、心を閉ざそうとするが…。

描き下ろしの番外編では、その後の二人を描いており、こちらも良かった。

病院なのに叶(かなえ)はとてもお洒落なのだが、病状や病院の方針によっては許されるのだろうかと色々想像させられ、違和感はかんじなかった。


「やえかのカルテ番外編」
獣医学校で学ぶ少女やえかを描く同名作品の番外編。
本編を読みたくなった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。