1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひだまりスケッチアルバム-TVアニメ公式ガイドブック(芳文社)

  • 2008/11/13(木) 22:56:48

アニメ「ひだまりスケッチ」は、4コママンガ誌「まんがタイムきららキャラット」に連載中の同名4コママンガのアニメ化作品である。
原作が好きなので視聴したのだが、アニメ版は原作を大事にしながらアニメならではのおもしろさと魅力があり、好きなアニメ作品である。

本書は、このアニメ「ひだまりスケッチ」の解説本であり、大変楽しめる内容となっている。

まず、第1期と第2期の全話ストーリー紹介は解説そのものがおもしろく情報量も豊富で楽しめ、さらに全話について原作者・蒼樹うめのコメントを掲載、まさに原作者ならではのコメントで貴重であり、おもしろかった。

メインキャストインタビューは、ひだまり荘の4人(阿澄佳奈・水橋かおり・後藤邑子・新谷良子)と吉野谷先生(松来未祐)と原作者との対談であり、それぞれの作品と役への思い入れが伺え、同時にこの6人のかけあいがおもしろい。

メインスタッフインタビューは、監督・脚本・演出をはじめとするスタッフたちが作品について語っており、原作を大事にしながらアニメとしておもしろい作品にしようと様々な工夫を重ねているところが伺えておもしろく、興味深い。

「まんがタイムきららキャラット」2007年2月号および10月号に掲載された、里好および鬼八頭かかしによるアフレコレポート漫画も掲載。こちらもおもしろく、またアニメ開始時の熱がかんじられて興味深いのである。

本書を読んだら、またアニメを見たくなった。



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。