1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒャッコ 第7話「16コメ 狐虎であったが百年目」「17コメ 虎の怒りを買う狐」

  • 2008/11/25(火) 22:33:33

今回は、女子生徒たちの撮影に情熱を燃やす京極柳と古囃独楽、そして虎子の兄・狐の視点から描かれるお話である。人物たちのそれぞれの個性とやりとりが楽しめ、おもしろかった。

【狐と虎子】
まず、狐(きつね)は独特の個性をもつ人物であり、これが印象的であった。
狐は、好きな子はいじめたくなるタイプのようで、特に妹・虎子の怯えぶりを喜ぶのである。

虎子はこれまで、誰に対しても物怖じせず、好意を抱いた相手には邪険にされてもまとわりつく姿が描かれていた。
だが今回は、兄・狐には怯えた様子を見せるという意外な一面を見せ、この怯えた表情が狐の嗜虐性を刺激し、益々いじめたくなるようである。
そんな虎子が可哀相なのだが、可愛らしかった。

【歩巳と潮と知恵】
歩巳は、ヤンキー風の少女・幕之内潮やロボット研究会の涼ヶ崎知恵とも談笑。
クラスメイトたちとそれなりに上手くやっている様子である。
潮は歩巳と割りと気が合うようで、ここら辺は意外であり、ほほえましく思えた。

【虎子の姉・鬼百合】
ラストには、狐と虎子の姉、鬼百合が登場。
狐を見ても眉一つ動かさぬ鬼百合だが、虎子の名を聞くとたちまち表情を動かすあたりに、虎子への執着と溺愛ぶりが伺える。
次回以降の虎子とのドラマがどのように描かれるか、楽しみである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。