1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」

  • 2008/11/30(日) 23:26:35

【感想概略】
今回は、ほとんど全身凶器のサーシェス専用MS・アルケーガンダムと、ダブルオー及びセラヴィとの戦闘が描かれ、ライルの実は理性的な一面が描かれ、カティ・マネキン大佐とスメラギの知略のぶつかりあいが描かれ、ビリー・カタギリとMr.ブシドーとの変わらぬ友情が描かれ、おもしろかった。

今回は特に、MSの充実が進んでいる様子が描かれており、今後の戦闘描写が楽しみである。


【全身凶器アルケーガンダム】
前回、ティエリアは女体化してアロウズ関係者のパーティを偵察した。
また刹那は運転手に変装、駐車場でティエリアをサポートしていた。

ところがティエリアも刹那も、それぞれトラブルをおこし、パーティ会場を脱出。
ダブルオーとセラヴィで、プトレマイオスに向けて飛行していた。

すると、二機の前に、赤い擬似太陽炉搭載MSが出現した。
何と、戦争屋アリー・アル・サーシェスの駆る機体「アルケーガンダム」である。

ティエリアと刹那は、敵機のパイロットがサーシェスと知り、闘志を燃やし、戦闘を開始する。
特にティエリアにとって、サーシェスは亡きロックオンの仇であり、撃破せねば気がすまないようである。

だがサーシェスは恐ろしく強い。
まずは大剣を振りかざしてダブルオーを圧倒。

さらにセラヴィの間合いへ瞬時に踏み込み、セラヴィのビーム砲を斬り飛ばした。
ところがティエリアはセラヴィを駆り、肩のビーム砲をサーシェス機に向ける。
サーシェス機は咄嗟に両手で敵ビーム砲をつかみ、セラヴィと押し合う。

するとセラヴィのスネから、隠し腕が現れ、ビームサーベルを握った。
どうやらティエリア、これを狙っていたようである。

ところが、サーシェス機も足に隠し腕を装備。
ビームサーベルを握ると、セラヴィの隠し腕を斬り飛ばすのである。

サーシェス機は、大剣を振るい、GNファングの群れを放ち、足に内蔵した二本の隠し腕にそれぞれビームサーベルを握り、変幻自在の攻撃を繰り出し、セラヴィとダブルオーを翻弄する。

その時、何者かがサーシェス機を砲撃した。
ケルディムおよびアリオスが援軍に駆けつけのである。
サーシェスは、さすがに4対1では分が悪いと判断し、撤退した。

【リボンズと、リジェネ・レジェッタ】
リボンズは、リジェネ・レジェッタに言う。
ティエリアがパーティを台無しにしてしまったと。

するとリジェネは、逆にリボンズに言い返す。
ティエリアを怒らせたのはリボンズのせい、上手くやればティエリアを仲間とすることが出来たのにと。

だがリボンズは、ソレスタルビーイングには戦ってほしいという。
アロウズに匹敵する武装集団が抵抗を続ければ、それだけアロウズが支持を得るというのである。

さらにヒリング・ケアは、リボンズの意見を支持。
そうでなければ、戦闘用である自分たちに活躍の場は無いと笑みを浮かべるのである。

ここでリジェネはリボンズに問う。
ツインドライブは、ソレスタルビーイングが独自開発したものか。
それとも、トランザムと同様、イオリア・シュヘンベルグの遺産なのかと。

これはリボンズにとって、触れられたくない話題らしく、一瞬不快そうな表情を見せる。
だがすぐに笑みを浮かべて言う。
「どちらにしても構わないよ。
あの程度の性能、ガデッサに遠く及ばない。
次の戦闘で、リヴァイブ・リヴァイバルが証明してくれるさ。」

リジェネとリボンズとでは、それぞれ思惑が異なる様子である。
この二人の今後の動向にも注目したい。

【ライル、仇について知る】
プトレマイオス艦内。
ティエリアはライルに、サーシェスはロックオンの仇であり、ロックオンの家族の仇であることを明かした。
ティエリアとしては、仇を取り逃がしたことに熱くなっている様子である。

だが、弟であるライルは、どちらかというと冷静である。
ライルは事情を聞くと兄さんらしいと笑い、そこまで家族を思い続ける兄を尊敬するという。

すると刹那、自身がKPSAに所属していたこと、ロックオンの家族を死に追いやったテロの実行犯である少年に、自爆テロを思いとどまるよう訴えたが、止められなかったことを明かす。

だがライルは、誰かがテロを行なっていただろうと言い、過去ではなく未来のために戦うと言う。

ティエリアは、ライルの言葉に、信じる道を突き進んで本当に良いのか、人類を宇宙に導くのだというイノベイターと敵対する先に本当の未来があるのかと、思い悩んでいる様子である。

【カティ・マネキン大佐、作戦を練る】
リント少佐はカティ・マネキン大佐に、プトレマイオス殲滅作戦を進言していた。
前回着任したイノベイターの一人、リヴァイブ・リヴァイバル大尉も同席している。

ここでリヴァイブ大尉、リント少佐の策に欠点があると指摘。
そしてカティ大佐は、リヴァイブ大尉の意見に同意するのである。

さらにリヴァイブ大尉、自分には免許状があるが、Mr.ブシドーと異なり、カティ大佐の戦術に従うと涼やかな笑みを浮かべる。
これに「それは有難いな」と笑うカティ大佐である。

一方、プトレマイオスでは、スメラギは敵が12時間以内に包囲殲滅作戦を実施するだろうと推測。
宇宙に脱出する策を立て、フェルトとミレイナに早速準備を指示するのである。

【Mr.ブシドー、ビリー・カタギリを訪ねる】
Mr.ブシドーは、空母を発進、アロウズのMS開発部門を訪れていた。
笑顔で迎えるのは、ビリー・カタギリである。

ビリーはMr.ブシドーの正体を良く知っているようで、思わず「グラハ…」といいかけて「Mr.ブシドー」と言い直すのだが、その面妖な姿に、つい笑ってしまいそうになるようである。

するとMr.ブシドー、「勝手にそう呼ぶ。迷惑千万だな。」と少し不満げである。
何と、「Mr.ブシドー」とは自ら名乗ったのではなく、ニックネームということであろうか。

Mr.ブシドーは、ビリーの開発主任就任の祝福に来たといい、さらに試作中の機体を「わたし色に染めてほしい」と言う。

ビリーはMr.ブシドーの希望を聞くと、確実にソレスタルビーイングを仕留めてほしいと言い、一瞬激しい怒りの色を見せる。
まだまだスメラギに怒っている様子のビリーである。

だがビリーは、すぐにいつもの穏やかな口調にもどり、アロウズ部隊は作戦行動中なのではと尋ねる。

するとMr.ブシドー、艦隊戦に興味はないと言い放ち、「心眼は鍛えている」という。
何とMr.ブシドー、どのような作戦が実施されるかを「心眼」で見抜き、それが興味の無い内容だったので、事前に抜け出したというのである。

謎の男・Mr.ブシドーの、今後の更なる活躍が楽しみである。

【アロウズ、プトレマイオス包囲殲滅作戦を開始】
リヴァイブ大尉が修正を加えた作戦が開始された。
リント少佐は、よほどプライドが傷ついたようで「私は本作戦に関わっていないことを、承知しておいて下さい」とカティ大佐にそっぽを向くのである。

まずは水中専用モビルアーマー「トリロバイト」6機が布陣。
水中を潜行するプトレマイオスへ、大型魚雷の群れを放つ。

するとスメラギ、格納庫内のセラヴィ、ケルディム、アリオスの三機にトランザム発動を指示。
同時に敵の攻撃時刻を予測して浮上開始した。

そして、トリロバイトが放った大型魚雷の群れは、互いにぶつかり合って次々と爆発、水中に猛爆発を巻き起こした。

するとプトレマイオスは、この爆発力を推力として更に加速。
海上に踊り出るとエンジンを全開にふかし、猛然と加速を開始した。

アロウズMS部隊は、プトレマイオスへ砲撃を加えるが、強力なGNフィールドにことごとく弾きかえされてしまう。
さらにプトレマイオスは、無数のGNミサイルを発射。
追いすがろうとするアロウズMS部隊に大打撃を与え、さらに加速する。

さすがのアロウズMS部隊も、大気圏を脱出しようとするプトレマイオスの動きにはついていけない。
プトレマイオスは、アロウズ部隊を振り切ったかに見えた。

【リヴァイブ大尉、出現】
ところが、雲の上にリヴァイブ大尉の駆るMS「ガデッサ」が待機していた。
そしてガデッサ、プトレマイオスに向けて大型砲を発砲。

砲撃はGNフィールドに弾き返されたが、リヴァイブの目的はプトレマイオスの撃沈ではなく、大気圏脱出コースを少し変えさせることだったのである。

プトレマイオスは、コースを外れた衛星軌道上に到達した。
そしてプトレマイオスの前に立ち塞がるのは、アロウズのジェジャン中佐の率いる巡洋艦とMS部隊である。

一方、プトレマイオス艦内のガンダム3機はトランザム発動後であり、即座の戦闘参加は困難である。
これはまさに、カティ大佐の読みどおりである。

【カティ大佐、伝言をつたえる】
ところが巡洋艦に、何者かが猛スピードで接近する。
ダブルオーガンダムである。
何とダブルオーは、大気圏脱出の途中、プトレマイオスから出撃していたのである。

そして刹那はダブルオーで敵艦を撃沈。
すると、母艦を失った敵MS部隊は撤退した。

だが敵MSは、プトレマイオスに通信を送っていた。
敵からの通信の内容は、スメラギの活躍を讃えるものであり、差出人はカティ・マネキン大佐を名乗っている。

スメラギは、知人であるカティ・マネキンがアロウズに加わっていることに、ショックを受け、過去からは逃れられないとつぶやき、複雑な様子である。

【ホーマー・カタギリ司令の苦悩】
一方、アロウズのホーマー・カタギリ司令は、巡洋艦撃破とジェジャン中佐戦死の報告に、ショックを受けている様子である。
そして、もはやこれ以上犠牲は出せないといい、イノベイターの力を借りざるを得ないとつぶやく。

ホーマー司令とリボンズとの間には、どのような秘密があるのか。
次回以降描かれるのが楽しみである。

【オーライザー完成】
ソレスタルビーイングの小惑星秘密基地。
イアンは、新たな秘密兵器オーライザーの完成に「こいつがあれば、ダブルオーは無敵だ」大喜び。
オーライザー完成に尽力した女性スタッフ・リンダに、良くやったと大感謝である。

次回以降、リボンズ一味の開発したガデッサ、サーシェスのアルケーガンダム、ビリーの開発したブシドー用新MS、そしてオーライザーを装備したダブルオーとの間で、激戦が繰り広げられると思われる。
まずは、セカンドシーズン第一次最強決戦が楽しみである。

【予告】
次回「天の光」

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン』 第9話 「拭えぬ過去」

「敵討ちをさせてもらう!!!」 刹那もティエリアもサーシェスには特別な思いがありますからね{/kaeru_en2/} でもやっぱ一番ティエリアが熱くなってます{/good/} その気持ちはよ~くわかるけど、無茶だけはしないでください{/face_yoka/} ライルがサーシェスについ...

  • From: ★一喜一遊★ |
  • 2008/11/30(日) 23:37:38

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd SEASON 第9話 「拭えぬ過去」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD] 刹那とティエリアの前に現れたアリー。圧倒的強さの前に為すすべのない刹那達。だが、その時・・・!

  • From: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |
  • 2008/11/30(日) 23:38:04

機動戦士ガンダムOO 2nd season 第9話 『拭えぬ過去』

オレたちは過去じゃなく未来のために戦うんだ――。 ニールの仇サーシェスに怒りをあらわにぶつかるティエリアと刹那。 弟ライルに刹那はか...

  • From: SERA@らくblog 3.0 |
  • 2008/11/30(日) 23:38:27

機動戦士ガンダム00 2nd09話「拭えぬ過去」感想

大気圏強行突破! 本日は思いっきりバトル編。 ブシドーたんは、ちょこっと登場。 機動戦士ガンダム00 1 (ブルーレイディスク) ¥3,780 <ちょっと気合はいったまとめ> ・00、セラヴィー、サーシェス機と死闘を展開。 ・サーシェスの体の半分...

  • From: 優しい世界~我が心に迷いあり(β) |
  • 2008/11/30(日) 23:43:34

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」

拭うどころか、更新してしまった炭酸w

  • From: 明善的な見方 |
  • 2008/11/30(日) 23:45:41

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第9話「拭えぬ過去」

  アレルヤが発見された報告を受けたティエリア。その前に同じ容姿を持つリジェネ・レジェッタが姿を見せた。イオリアの計画に必要な存在として、生み出されたイノベーターであるリジェネ。何も知らなかったティエリアに対し、計画の詳細について話始めた。計画は3段階に分

  • From: アニメのストーリーと感想 |
  • 2008/11/30(日) 23:45:59

機動戦士ガンダム00 2ND SEASON #09 『拭えぬ過去』

 ソレスタルビーイングのティエリア・アーデはイノベイターを率いるリボンズ・アルマークと会い、そこでソレスタルビーイング創設者、イオリア・シュヘンベルグの計画にソレスタルビーイングの滅びが含まれていたことを伝えられた。  しかしティエリアは計画に従う道で...

  • From: 月の静寂、星の歌 |
  • 2008/12/01(月) 00:05:40

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」 

博士「スメラギさんの恥ずかしい過去www」 助手「違うだろっ!!」

  • From: 電撃JAP |
  • 2008/12/01(月) 00:12:29

機動戦士ガンダム00 2ndSeason #09『拭えぬ過去』

色んな人が繋がって来て俄然盛り上がってきた!?なガンダム00。 ビリーとブシドーが再会するやら スメラギが敵指揮官がマネキンであることを知るやら 2人目のライセンス持ち(笑)が登場するやら、でございました。

  • From: 風庫~カゼクラ~ |
  • 2008/12/01(月) 00:16:28

機動戦士ガンダム00 2nd Season 9話「拭えぬ過去」感想

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD] 地上に、思いと思惑に、絡み取られたまま、天に糸を引き、再び宇宙へ・・・ Cパートの男、ひろC・アリー・アル・サーシェスが遂に、冒頭から殴りこみ!ニールの命を銃身に込めた『ラストシュート』 なんとか、生命は

  • From: 月の砂漠のあしあと |
  • 2008/12/01(月) 00:19:12

ガンダムOO「拭えぬ過去」

再会したサーシェス。いきなりファングで襲いかかる。ファングは以前よりも速くなり応戦するが被弾するティエリア。「再生治療のツケを払え。てめえの命でな」と刹那に襲いかかる。 「仇打ちをさせてもらう」とサーシェスに挑むティエリアに「自業自得だ、右目が見えね...

  • From: Lovers |
  • 2008/12/01(月) 00:21:48

機動戦士ガンダムOO 第09話 「拭えぬ過去」

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン   お勧め度:   []   TBS系 : 10/05 17:00   監督 : 水島精二   シリーズ構成・脚本 : 黒田洋介   メカデザ : 大河原邦男・海老川兼武・柳瀬敬之、中谷誠一   キャラデザ : 高河ゆん、千葉道徳   アニメ制...

  • From: アニメって本当に面白いですね。 |
  • 2008/12/01(月) 00:30:04

機動戦士ガンダム00 2nd season 9話「拭えぬ過去」

読みづらいかもしれませんが、よろしくお願いします(^^; ガンダムに襲い掛かるサーシェス。しかもかなり強い。 1期のときに体の半分を...

  • From: 新しい世界へ・・・ |
  • 2008/12/01(月) 01:05:30

【機動戦士ガンダム00】 第9話 ~拭え得ぬ過去~

Mr.武士道の弟子が突如、セツナ立達の前に参上!! その名もサーシェスだ。ロックオンの兄貴の命を奪った奴だ。 でもその原因を作...

  • From: エコロジー研究所 |
  • 2008/12/01(月) 01:09:21

逆襲のひろし…じゃなくて、アリー。そして舞台は宇宙(そら)へ! ガンダムOO 2nd 第9話『拭えぬ過去』

 潜入調査は一定の収穫を得られた潜入調査だったが、今度はアリーの新スローネの襲撃を受けてしまった刹那とティエリア機。  たった1機だ...

  • From: シュージローのマイルーム2号店 |
  • 2008/12/01(月) 01:53:47

機動戦士ガンダム00 2nd season 9話「拭えぬ過去」

『サーシェスの駆るアルケーガンダムと対峙した刹那とティエリア。ロックオンの仇と怒りを向けるティエリアだが、その攻撃力に圧倒されてし...

  • From: Spare Time |
  • 2008/12/01(月) 02:17:28

乙女はティエリアに恋してる 00第9話

 アロウズってちょっと悪く言われすぎだよね。連邦にしてもそうですけど、そんなに反体制が正義って事にしたいんでしょうか?そんなんだか...

  • From: 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式 |
  • 2008/12/01(月) 08:37:07

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第9話「拭えぬ過去」

機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第9話を見ました。第9話 拭えぬ過去「すまない、俺のミスだ」「だが見つけたぞ、刹那。世界の歪みを…そうさ、僕達はガンダムで世界を歪みを破壊する!!」「ところがぎっちょん!!」「あのガンダムは…!?」「スローネの発展型…?まさか!?...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2008/12/01(月) 13:37:40

機動戦士ガンダム00 2nd season

 第9話 『拭えぬ過去』  ライセンスってのは、 ダフルオーセブンのような殺しのライセンスって事なんですかね? 儚くも永久のカナシ(...

  • From: まるとんとんの部屋 |
  • 2008/12/01(月) 15:48:17

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第09話 「拭えぬ過去」 感想 (完成版)

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)アバンから暴れまわるサーシェス。アルケーガンダムの性能とサーシェスの腕も相まって2体のガンダム相手に脅威のチート力を誇ります。セラヴィーの隠し腕に吹いた。ジ・O以来かもしれないなこういうの。そのサーシェ...

  • From: 新・天の光はすべて星 |
  • 2008/12/01(月) 16:05:02

機動戦士ガンダム00 2nd Season 第09話「拭えぬ過去」

なんというチート合戦  この場合は高度な心理戦といった方がよろしいか…そんな9話。

  • From: 日常と紙一重のせかい |
  • 2008/12/01(月) 18:10:44

機動戦士ガンダム00セカンドシーズン第9話『拭えぬ過去』の感想レビュー

『逃れられないのね、私は・・・(あの、忌まわしい過去から・・・拭えない過去から・・・)。』 スメラギさんの戦術予報が冴え渡る! 地上から宇宙へと脱出するという僅かな時間が中心のお話ですが、様々な人の思惑が交差し、迫力のあるバトルシーンとあいまって、良回だ...

  • From: gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) |
  • 2008/12/01(月) 19:16:38

ガンダムOO「ブシドー色に染まりたいね」

はから脱出の戦術バトルの展開も 今回は&対サーシェスは凄い満足だし &&の過去トーク3人の思い伝わり  スメラギ対マネキンの戦術バトル見応えタップリで ブシドー&ビリーのコンビ復活で色に染まる様だし 両軍がレベルUPは確実で今後も楽しみだね 午前は...

  • From: 別館ヒガシ日記 |
  • 2008/12/01(月) 20:05:55

機動戦士ガンダムOO 2nd season 第9話「拭えぬ過去」

「貴様がロックオンの仇かっ!!」 ついにサーシェスとの戦いっ!! ロックオンの仇と言う事でティエリアが感情的になってました 過去から逃げら...

  • From: WONDER TIME |
  • 2008/12/01(月) 21:49:15

機動戦士ガンダム00 2nd 第9話 「拭えぬ過去」

「昔を悔やんでも仕方ねぇ。  俺達は過去じゃなく未来のために戦うんだ」 随分とライルがカッコ良くなってきましたね。 トランザム状態のGNドライヴを使って プトレマイオスが大気圏突破するとは驚きました。 その途中でOOがプトレマイオスから発進していた事にも...

  • From: いとちゃん徒然草 |
  • 2008/12/01(月) 23:06:53

ガンダム00 2nd 第9話「拭えぬ過去」

いやぁ~、6話の再来か?と悪い予感がチラ

  • From: ゆぐどらしる えくすぷれす |
  • 2008/12/04(木) 16:13:50

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #09 「拭えぬ過去」

ブシドー神話がついに解禁! その原点は上官の先を読みすぎた能力だったのか!?

  • From: らしんばん@うぇーぶ |
  • 2008/12/05(金) 21:20:23

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。