1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日帰京

  • 2009/01/03(土) 23:59:08

本日の午前、新幹線で新潟の実家から東京へ戻った。
帰りの新幹線には、持ち帰り自由の旅行冊子「トランヴェール」2009年1月号があり、2009年の大河ドラマ「天地人」の主人公・直江兼続ゆかりの土地を豊富な写真と図版で色々と紹介、分かり易くて興味深く、おもしろかった。
新幹線は指定席ということもあり、楽々と座って本を読みながら帰る事ができた。

年末年始の列車が混雑する時期は、ほとんど指定席で移動している。
以前、何度か普通席で帰京したのだが、ギュウギュウ詰めで立ちっ放し、さらに気候が大きく異なる場所へ短時間で移動するため身体が適応しきれないところがあり、これならが多少高くても、座って帰れる快適さが手に入るなら安いものと思ってのことである。

もっとも、帰省や帰京をすると、移動後は体調や感覚に多少の違和感をかんじてしまう。
これは、寒くて雪に覆われた新潟から、乾燥して比較的温暖な東京へ短時間で移動するため、身体が適応しきれないためという気がする。
今回は、体調に違和感をかんじるところがあり、アパートに到着して少し落ち着き、昼食をとり、洗濯をするなどしても違和感をまぎらわせず、葛藤の末、何時間か眠ってしまった。

この原因の一つは、新潟の実家と比べると東京は温暖なため、当初は部屋には暖房を入れなかったのだが、やはり冬であり、部屋は寒く、冷えてしまったところもあると思う。
この件からは、けちけちしないで暖房を入れて部屋を暖めた方が、結局は快適に過ごせるという教訓を得た。

また部屋にはろくな食べ物がなかったため、一度外へ食糧調達に行かねばならず、これも億劫だった。今回の帰京からは、事前に日持ちのする食糧を用意しておけば、出かける手間を省けるという教訓も得た。これらの反省を今後に生かしたいところである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。