FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

夕日ロマンス(カトウハルアキ/フレックスコミックス)

  • 2007/07/18(水) 22:57:25

「ヒャッコ」の作者カトウハルアキの漫画。
オビにはでかでかと「アタシが愛しているのは弟でございます」の文字。さらに「ユウは姉、ヒロは弟。これは、禁断の恋の物語」の文字。
一見すると近親相姦を耽美に描いた作品のようだが、実は弟が大好きで欲情すら抱く、勉強は出来るがおバカではっちゃけた姉の話であり、おもしろかった。

物語のおもしろさの大きな要素は、登場人物の魅力であるが、本作の人物には独特の味があって好きである。

まず、主人公の少女・ユウ(紅夕暮)は、弟ヒロが大好きである。
ユウの弟への好意は熱く、女友達に弟の素晴らしさを嬉々として語り、内容が暴走してドン引きさせたりするほどである。
また黒髪の美形であるユウは、特別注文の黒い制服を愛用。黒ずくめの異形の姿から、「暗黒姫」などと呼ばれている。

ユウは一見すると、常識など既に超越し血の壁を平然と越えてもおかしくなさそうだが、決してそんなことはなく、弟には決して自分の気持ちを伝えることはできず、弟は決して自分の想いに応えることはないことに悶々としたりする。
ユウの一見すると奇抜な振舞いは、実はマイペースさの現れであり、ここら辺がユウというキャラクターの可愛らしさであり、おもしろさである。

このユウに溺愛される弟・ヒロ(紅緋色)も、独特である。
この手の作品では、超絶美形文武両道の超人的な弟が出てきそうだが、ヒロはそんな超人からは程遠い少年である。
ヒロは、顔は良いが誰もが惚れるほどではなく(姉の女友達からは「そこまで言うほどいいかな?」と評される)、運動も勉強も苦手で不器用という、普通寄り、あるいはダメ気味の弟であるが、ここら辺に愛嬌がかんじられる。

巻の後半から登場する、ユウとヒロの腹違いの妹トモ・(旭名灯)もまた、異母兄ヒロが大好きである。
ただ、トモの目には、生まれてはじめて会う兄ヒロが他人に見えても、それは仕方のないことかもしれず、トモが好意を抱くのはユウとは少し事情が違うのかもしれない。
ヒロを巡り、ユウをライバル視するのだが、決して陰湿にならないところが面白さである。

その他、ユウとヒロの母(紅紅色)、トモの母(旭名燈)、ユウの友人たち、トモの友人たち、マコト先生(女性)とツトム先生(女性)などなど、個性的でその行動・発言・内面を見ているとおもしろかった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する