1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学園キノ 2巻(時雨沢恵一/電撃文庫)

  • 2007/07/19(木) 22:53:23

小説「キノの旅」の作者・時雨沢恵一自身によるパロディ作品の続編。
現代の日本を舞台に、本編でお馴染みのキノ、エルメス、シズ、陸、ティーが登場。それぞれ変身して魔物と戦うのだが、魔物そっちのけでお互いに戦うことも多い。

【感想】
まず、シリアスな本編「キノの旅」とはうって変わり、徹底的にバカバカしいところがおもしろく、本編では決してくずれることのないシズや陸が崩れまくっていた。
そして「学園キノ」作中では、作者自身が本編では発揮することの無いオタク趣味が平然と投入されているのである(これでもまだ抑えているのかもしれない)。

本編「キノの旅」は人の生死にかなりシビアだが、「学園キノ」は激しい銃撃や日本刀による戦闘が繰り広げられるにも関わらず、シリアスに死人が出ることはまずなく、心から気楽に楽しめた。

あとがきでは、作者が読者からの「どうすれば作家になれますか?」という質問に答えるということで、作者自身の経験を紹介している。
ワープロソフトで毎日日記をつけることや、作者自身の一年のスケジュールと、それぞれの時期のようすなど、興味深かった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。