1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく! 第17話「あなたのためにメイっぱいナギ倒します?」

  • 2007/07/22(日) 13:53:56

ナギ、漫画賞落選に激怒!
人生経験を積むためマリアのお手伝い!

【感想概略】
原作未読。前回ナギは傍観者だったが、今回はナギの苦悩と葛藤が描かれており、おもしろかった。

【ナギ激怒】
漫画賞に落選し、激怒するナギ。
「人生経験が足りない」との審査員コメントにも、いたくご立腹である。
怒りのおさまらぬナギは、審査員への悪口雑言を連発するが、ここら辺は作者の経験が反映されているかもしれず、興味深かった。

ハヤテはちょっと可哀想に思うが、マリアは、お金ではどうにもならないことの存在を知る良い機会だと語る。
マリアの言葉には、強い説得力をかんじる。

【ナギの人生経験値上昇作戦】
一方ナギは、人生経験の不足を補う策を立案。

まずは、いかにも人生経験豊富そうなハヤテに聞き込みである。
13歳の頃、何をしていたかと聞かれ「麻雀の代打ちをしていました」と、笑顔で恐ろしいことを言うハヤテ。
また、漫画賞に応募して賞金を稼いでいたとも。
想像を絶し過ぎのハヤテの人生経験である。

続いてナギは、普段やらないことを行なって人生経験を積むことを画策。
最もやらないことであるマリアの手伝いをすると言い出す。

メイド姿ではりきるナギだが、ハヤテは困った笑顔。
そしてマリアは笑顔で「ハ~ヤ~テ~く~ん(怒)」と、怒りのどす黒いオーラをハヤテに浴びせていた…。

【ナギのお手伝い】
案の定、ナギのお手伝いはマリアの仕事を激増させていった。

まず掃除では、花瓶類を破壊し尽くす。
続いて蔵の掃除では、蔵を勝手に憩いの場としていたクラウスと遭遇!
扉を釘で打ちつけ、クラウスを閉じ込めた。

ナギは一仕事終えた爽やかな笑顔だが、ハヤテは困った笑顔である。

次は接客だ!というナギ。

【ナギの接待】
ちょうどそこへ伊澄が現れた。
自宅の庭で探し物をしていたところ、気がついたらナギ邸の敷地内だったという。
伊澄はいきなりどこに出現しようと「迷子になった」の一言ですんでしまい、他に何の理由もいらないという、すごいキャラクターであった(例え舞台が月の裏側の回があったとしても、伊澄はいきなり現れるのではないか)。

まずナギは、自ら紅茶を淹れて伊澄にふるまおうとするが、ハヤテは密かに味見、絶句。こっそり自分の淹れた紅茶とすりかえた。
そして、笑顔でおいしいと言う伊澄に、ナギも笑顔である。

さらにナギは、もっと手厚く伊澄をもてなすため、何と大勢の紳士淑女の集まる大パーティーを開催。
咲夜、ワタル、サキ、生徒会三人娘、ヒナギク、雪路先生まで招待されるのであった。
特に咲夜、ワタル、サキは久々の登場である。

ナギは手料理を来客へふるまおうとするのだが、ハヤテはこっそり味見、その味にまたもや絶句した。
そして…ふるまわれた料理は大好評、ナギは大喜びである。
しかしヒナギクは、料理を作ったのはハヤテと気付く。

【ナギの弱音】
大成功だったパーティーに大満足のナギだが、出されたのはハヤテの料理、自分の料理は激マズということを知ってしまう。
ナギは怒り、やがて、本当は自分には漫画の才能が無いのではないか?とつぶやく。

ハヤテは言う。
漫画を何本も描き上げ賞に応募するのは、才能があるということ。
1本も描き上げることの出来ない人は少なくない、と。

ここら辺は、作者自身の経験も反映されているように思え、説得力をかんじた。

そして気を取り直したナギは、再び「レベルの高い」漫画を精力的に描き始め、伊澄だけは本気でナギの漫画にどきどきするのであった。

【ナギの漫画について】
ナギの漫画だが、画力は13歳としては高い気がするし、13歳で何度も投稿するのは大したものではないか。
丁寧にペン入れし、応募誌を変えて投稿すれば、入選できるかもしれず、ストーリーを変えれば同じ応募誌でも入選の可能性は皆無ではないと思う。

ナギの作品は、内容に独りよがりなところがあるかもしれないが、13歳という年齢を考えれば、無理からぬことかもしれない。

また、ちょうど反抗期にあたる13歳の少女を相手に、「自分の描きたいことだけでなく、いま読者が好むものにも目を向けよう。周りの人の声も聞こう」などとアドバイスしたところで、なかなか耳を傾けてもらえなくても無理はない気がする。

【気付いた小ネタ】
◆ナギは、ファースト「ガンダム」の何話で何があったなどと引用。ハヤテも平気でついていった。二人のオタク濃度は、濃縮したカルピスなみ?
◆西沢さんが訪れた飲食店の店員は「メルヘヴン」のドロシー?
◆蔵にあった、全てクラウスがモデルの絵画彫刻は、「ギレン元帥」「モナリザ」、ムンクの「叫び」、ロダンの「考える人」。
◆ハヤテが麻雀の代打ちをしていたと語る場面のイメージ映像は「アカギ」
◆ハヤテの料理に感動する生徒会三人娘は「おいしんぼ」?雪路先生は「ミスター味っ子」の味皇
◆ナギの料理を食べ、泡になって消える雪路先生は、「仮面ライダー」ショッカー怪人の断末魔?

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) ハヤテのごとく! 第17話 「あなたのためにメイっぱいナギ倒します」

ハヤテのごとく! 02ナギは憤慨していた。なぜか?それは、マンガ賞に落選したからだ。しかも、審査員より「人生経験が足りないから」とコメントされる始末。自分に足りないもの・・考えたナギは人生経験の豊富そうなハヤテに色々聞いてみることにした・・・。

  • From: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |
  • 2007/07/22(日) 21:11:23

ハヤテのごとく! 第17話 「あなたのためにメイっぱいナギ倒しますv」

経験の差が、決定的な戦力の差――!?アバンで、ナギの超マンガきたー(笑)放送事故か、打ちきりネタか…ひどい言われよう(^^;どー見ても魔女っ子ものに見えない超絶レベルの作品。それで賞を取ろうなんて道理が

  • From: SERA@らくblog |
  • 2007/07/23(月) 09:16:38

ハヤテのごとく!ハヤテのごとく!は、畑健二郎の漫画。週刊少年サンデー2004年45号から連載されている。ラブコメディーの体裁をとっているがギャグ要素が非常に強く、伏せ字を用い他の事象(主にサブカル)を揶揄するブラックユーモア的手法がよく採られる。1話完結的な物語

  • From: このマンガが読みたい! |
  • 2007/07/29(日) 19:37:50

レビュー・評価:ハヤテのごとく!/第17話 「あなたのためにメイっぱいナギ倒します」

品質評価 22 / 萌え評価 21 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 30 / シリアス評価 16 / お色気評価 60 / 総合評価 26レビュー数 84 件 庭で掃除を慰しているハヤテ。と、そこに屋敷からナギの咆哮が聞こえてきた!慌てて、ナギの部屋に駆け込むハヤテ。そこで見たものは、部屋

  • From: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン |
  • 2007/09/06(木) 14:37:34

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。