FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

舞-乙HiME-Zwei(阿倍野ちゃこ/チャンピョンREDコミックス)

  • 2007/07/23(月) 23:45:14

アニメ「舞-乙HiME」の続編「舞-乙HiME-Zwei」の漫画化作品。
「舞-乙HiME」は毎回楽しみにしていた作品である。
「舞-乙HiME-Zwei」は未視聴であるが、是非とも見たいとおもっている。

【感想概略】
マンガ「舞-乙HiME-Zwei」は、アリカとマシロ、ハルカとユキノという、二組のオトメとマスターの物語とも言える。
アリカとマシロの心は一時すれ違い、そのため危機に陥るのだが、逆境が二人の絆をさらに強める展開がおもしろかった。
また、ハルカとユキノの揺ぎ無い絆は、ある意味アリカとマシロとは対照的であり、そこにおもしろさがあった。

なおビジュアル的にも充実しており、カラーイラストに加え、コミックスのカバーを外すとニナのかなり大胆なイラストが拝めるのである。

【若き英雄アリカ】
ナギ大公の巨大な陰謀「ヴィント事変」から1年後。
アリカは未だガルデローベ学園の学生ではあるが、マシロ女王の正式なオトメとなっていた。
さらに、惑星エアルに落下しつつある巨大隕石を迎撃、粉砕に成功。
今やアリカは、若き英雄であった。

アリカはマシロと深い絆で結ばれ、一見順風満帆だが、まだまだ若い二人の関係には、危なっかしいところがあった。

【アリカとマシロのすれ違い】
マシロは女王として日々内政外交に取り組んでおり、政治的理想に近づくための大局的思考という面では、かつてとは全く比較にならぬほど格段に成長していた。

一方アリカは、未だ学生ということもあり、ものの見方・考え方に幼いところがあった。

また、マシロはものの見方・考え方は大きく成長したが、言葉が足りず相手に真意が伝わらないところは、あまり変わっていなかった。
特にアリカに対しては、分かってくれて当然と思うあまり、説明不足になりがちだった。

これが、二人のすれ違いを生むことになる。

マシロ女王は「最低賃金保障撤廃法」などの、社会的弱者切捨てともとれる政策を推し進め、アリカはマシロに違和感をかんじていた。

貧しい庶民がお給料を下げられるかもしれないのは可哀想というアリカに、情け心だけで政治はできないというマシロ。
マシロの言葉を、アリカは納得できない。

マシロは、アリカなら自分の真意を分かってくれると信じたいのだが、どこかで不安を感じてしまう。

アリカとマシロの関係がギクシャクしていたちょうどその頃、謎の敵が出現、惑星各地のオトメが次々と石化されてしまう事件が発生する。

そして、心がすれ違ったままアリカとマシロは敵の襲撃を受け、絶体絶命の危機に陥る!
お互いの信頼が揺らぐと「蒼天の青玉」の力を失うという設定も、ドラマに生かされていた。

【ハルカとユキノ】
ハルカとユキノは二人とも、物事を大局的にとらえ、公のためなら私情を捨てることのできる大人であり、お互いの信頼は揺ぎ無いものである。
ここら辺が、まだまだ不安定なアリカとマシロとは大きく異なる点である。

そして最大の危機に際し、ハルカとユキノの絆の深さが現れるのである。

惑星エアル存亡の危機に直面した時、ユキノは大統領として、ハルカに、作戦のため捨て駒となることを命じる。
全てを納得し、笑顔で受け入れるハルカ。
責務をまっとうすることに悔いは無くても、決して平気ではいられないユキノ。

私情にとらわれず冷静に行動するが、非情にはなれないユキノとハルカの描写が、よかったとおもう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

舞-HiME『舞-HiME』(まいひめ)は、サンライズ (アニメ制作会社)|サンライズが中心となって展開している、テレビアニメ、漫画、ラジオ等からなるメディアミックス作品である。私立風華学園を舞台に生徒達の友情と恋愛、戦いを描く。コミックス版は、単行本全5巻。.wikilis{

  • From: このマンガが読みたい! |
  • 2007/07/29(日) 16:17:51

舞-乙HiME (漫画)本項目は、サンライズ (アニメ制作会社)|サンライズが中心となって展開している、舞-HiMEプロジェクトによって制作された『舞-乙HiME』(まいおとめ)のコミック作品である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:W

  • From: このマンガが読みたい! |
  • 2007/07/29(日) 21:15:19

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する