FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

青空にとおく酒浸り(安永航一郎/月刊COMICリュウ9月号)

  • 2007/07/25(水) 22:16:16

漫画雑誌「月刊COMICリュウ」に連載中の安永航一郎のマンガ作品。
今回は、頭脳派格闘アクションとしても、おもしろかった。

【小朝、「博士」と出会う】
女子高生・小朝は、謎の人物により、体内にマイクロマシンを宿された。
このマイクロマシンは、小朝に常人を遥かに上回る身体能力を与えたが、その正体は全くの謎であった。

前回、小朝は、マイクロマシン研究者の元へ案内された。
だが「博士」と呼ばれるこの男、マイクロマシン研究のためなら小朝を実験動物扱いし、全身の血を抜き取ろうとさえする。

言いなりになる気のない小朝に対し、博士は自ら開発したマイクロマシンを自分自身に注射!超人的な力を得るのである。

小朝と博士、マイクロマシンを宿す者同士の戦闘開始か?!というところで、前回は終了していた。

【小朝、博士と戦う】
さて今回の物語である。
安永航一郎だから、戦闘以外の意外な展開になるのでは?!と、期待しながら読んだのだが、意外や意外、正統派の格闘アクションが展開されていた。

戦闘描写は迫力があり、しかも小朝は闇雲に戦うのではなく、敵マイクロマシンの弱点を突くという、本作の設定をいかした頭脳戦を展開しており、ある意味予想を裏切られ、おもしろかった。

無論、ギャグマンガの本筋を見失うことは全く無く、いつも通りの笑える話であった。

次回も楽しみである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する