1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説「電脳コイル」8巻(宮村優子/徳間書店)を購入

  • 2009/05/06(水) 21:39:59

TVアニメ「電脳コイル」のキャラクターと設定を独自の解釈により構築して描かれる小説作品の第8巻。

表紙は、紅蓮の焔を背に、不敵な笑みを浮かべてキラバグを高々と掲げるイサコ。
その足元にはヤサコとフミエがひざをつき、不安そうな心配そうな目でイサコを見上げている。
これは、この8巻の物語を何か反映しているのだろうか。






さてこの小説「電脳コイル」、5巻あたりからアニメとは異なる展開を見せているが、7巻ではメガネの子ども達がイサコを「女王」として崇め、祭り上げようとするという思わぬ動きが見られるのだが、イサコはこれに対処しきれない。
そして、イサコの神格化の黒幕は、何と大黒小の優等生・イイジマであり、イサコに対し何やら妖しげな様子を見せるのである。

そして裏表紙にある8巻のあらすじによると、ヤサコは不安に苛まれ、イサコを取り戻すため、ある計画を実行するというのである。
8巻では、ヤサコとイサコの絆はどのような姿を見せ、どのような冒険が繰り広げられるのか、楽しみである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。