1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第13話「ダブリスの獣たち」

  • 2009/07/20(月) 23:42:35

【感想概略】
原作未読。今回の「鋼の錬金術師」は、アルの前に、ウロボロスの刻印を腕に刻んだ謎の男グリードとその一味が現れ、魂を鎧に定着させる秘密を探ろうとし、さらにアルを助けようとエドがグリード一味のアジトへ殴り込み、さらに掃除を放り出して姿を消したエドとアルにイズミが激怒、まずは物を大事にするところから修行だとグリード一味のアジトへ殴り込み、掃除もできないのかとエドを殴り倒し、ウチの者が世話になったなぁとグリードへ殺人的なガンを飛ばし、グリードをどつき回すお話である。

これまで、ウロボロスの刻印を刻む者たちは、ラストをリーダー格として行動していたが、このグリードはラスト一味とは別行動をとっており、さらに自らをホムンクルス、子分たちをキメラと明かし、不老不死を求めてアルに接触するなど、賢者の石を巡る勢力の謎の一端が描かれ、おもしろかった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。