1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「週刊マンガ日本史01 卑弥呼」(朝日新聞出版)

  • 2009/10/06(火) 23:21:09

日本史の各時代の代表的な人物を有名漫画家が描き、それぞれの時代を紹介する週刊誌の創刊号。
今号では弥生時代を取り上げ、邪馬台国の女王・卑弥呼の人物ストーリーを藤原カムイが描いている。
藤原カムイと言えば、「雷火」でも邪馬台国の時代を描いていたが、この「週刊マンガ日本史」では可愛らしくミステリアスな卑弥呼を描き、戦乱の弥生時代を描いており、また一コマ一コマの情報量が多くて楽しめた。

次号は聖徳太子、描くのは加藤和恵であり、予告を見ると聖徳太子を不敵な天才児と描いているような印象を受けるが、これは楽しみである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

邪馬台国のフシギ

結局まぼろし?の邪馬台国はどこだったのですか?

  • From: 邪馬台国のフシギ@ブログ |
  • 2009/10/19(月) 18:53:09

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。