1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストエグザイル 銀翼のファム【第3話】「Light Square」

  • 2011/10/31(月) 00:29:58

【感想概略】
今回は、まずアデス連邦指導部、アデス五大将軍とルスキニア総統、および皇帝サーラの実は仲の良い姿が描かれていたのだが、前回まで険しい表情ばかりのルスキニア総統が皇帝サーラの前では穏やかな表情を見せる姿には、心和むものがあった。
そして主人公サイドでは、ミリア王女がファムとの絆を深める姿が描かれ、空族が生まれた理由がジゼルの口から語られ、ミリア王女と打ち解けたファムが自らの夢、幼い頃にジゼルと一緒に見たヴァンシップの大レース「グラン・レース」をもう一度開催し、平和の空を飛びたいというおもいを目を輝かせながら語る姿が描かれ、おもしろかった。

そしてファムの新たな目標は、心機一転のミリア王女のため、「死神戦艦」シルヴィウスを盗むことなのだが、このシルヴィウスとは、前作では主人公たちが乗船していた「シルヴァーナ」の発展型と思われ、前作で「シルヴァーナ」の艦載機のパイロットだったタチアナ・ヴィスラが艦長を務め、その相棒だったアリスティア・アグリューが副長を務めている様子である。
ファムたちとタチアナたちがどのように出会い、どのような物語を繰り広げていくのか、楽しみである。


【アデス艦隊VSノトス艦隊】
今回は、アデス連邦艦隊と周辺国の一国、ノトス国艦隊との激戦からお話がはじまった。

アデス艦隊を率いるのは、アデス連邦五大将軍の一人、オーラン将軍である。
オーラン将軍率いるアデス艦隊は、敵艦隊に包囲されつつあり、普通ならば壊滅の危機である。が、実はこれは敵をおびき寄せる罠であり、追い詰められながらもオーラン将軍は冷静である。
そして五大将軍の一人・ソルーシュ将軍が高速艦隊を率いて突撃、オーラン艦隊とともに敵艦隊を逆包囲し、大打撃を与えるのである。

【老将サドリVS死神戦艦シルヴァーナ】
一方、別の地域の空では、五大将軍の最年長、老将サドリが「死神戦艦」シルヴィウスを追撃していた。
このシルヴィウスとは、前作では主人公たちが乗船していた船「シルヴァーナ」の発展型と思われる。
だが敵艦シルヴィウスの逃げ足は早く、姿を見失ってしまう。
するとサドリは、最早これ以上の追撃は無意味と判断、引き際の見事さを見せるのである。

【ルスキニア総統とカイヴァーン将軍、首都に帰還】
そしてトゥラン王国の王都を壊滅させたルスキニア総統と五大将軍のカイヴァーン将軍は、作戦が一段落すると艦隊を率いてアデス連邦首都モリヴァリードに帰還した。
そして連邦元首・皇帝サーラに復命するのである。

ルスキニア総統とカイヴァーン将軍の前に姿を見せた皇帝サーラは、何と10歳くらいの少女であり、サーラは二人の無事な帰還を心から喜んでいる様子である。

カイヴァーン将軍はサーラに、大事な兵を損ねたことを詫びた。
するとサーラは「カイヴァーンがいっぱい頑張ったこと、分かっているから…」とねぎらった。
幼くも聡明な主君の温かい言葉に、大感激のカイヴァーンである。

そしてサーラがねだると、カイヴァーンはサーラを肩に載せて立ち上がるのだが、これにサーラは大喜びであり、皇帝とはいえ、まだまだ歳相応の幼さを見せるのである。

【ヴァサント将軍、エグザイルの「鍵」について問う】
皇帝サーラに付き従うのは、五大将軍の一人、ヴァサント将軍である。
このヴァサント将軍は、美貌の女性であり、どうやら皇帝サーラの秘書的立場でもあるようである。

ヴァサント将軍は、ルスキニア総統がどこでエグザイルの作動キーのことを知ったのか問うのだが、この場ではウヤムヤになってしまう。
ルスキニア総統には、まだまだ秘密がある様子である。

【皇帝サーラ、民をおもう】
皇帝サーラは、ルスキニア総統、カイヴァーン将軍、ヴァサント将軍と地図を囲み、トゥラン王国攻略作戦の復命を受けていた。

そしてサーラは、トゥランの地に元々居住していたのはどのような人々かヴァサント将軍に訪ね、現在ゴーニア地方に住む人々が本来の住人と聞くと、ゴーニアは昨年は不作で大変だったはずであり、早く麦の大地を返してあげてほしいというのである。

これにはルスキニア総統、カイヴァーン将軍、ヴァサント将軍も大感激の様子である。
特にルスキニア総統は、民をおもうサーラの言葉に、柔らかな笑みすら見せるのである。

【ミリア王女、ファムに八つ当たり】
前回、リリアーナ王女奪還に失敗したファム、ジゼル、ミリア王女は、空族の集落・カルタッファルへ無事帰還していた。
だが敬愛する姉を取り返せなかったミリア王女は、ファムをひっぱたき、なぜ姉を助けてくれなかったのかと責め立てた。

これにファムはあえて反論せず、抵抗もしないのだが、ミリア王女の怒りはおさまらない。

見かねたジゼルはミリア王女の前に割って入り、「お気持ちはわかりますが、あの状況では…」となだめた。
ミリア王女はジゼルに喰ってかかりながらも、ファムを責め立てることは止めるのだが、ファムへの怒りはおさまらない様子である。
ミリア王女も、頭ではリリアーナ王女の救出は無理だったと分かっているが、誰かを恨まねば正気でいられないというところだろうか。

【ファムとミリア王女、リリアーナ王女の銀杯を追う】
空族の集落・カルタッファルでは、空族たちは捕獲したトゥラン旗艦ラサスを分解、艦船の部品及び積荷を売りさばき、活気づいていた。
これはリリアーナ王女との契約なのだが、ミリア王女は、悲痛な表情で商いに盛り上がる空族たちを眺めていた。
そして、空族たちが取引する戦利品の中に、リリアーナ王女愛用の銀杯を目撃するのである。

これにミリア王女は居ても立ってもいられない。
近くのヴェスパに飛び乗り、姉の銀杯を買った空族の船を追いかけようとするのだが、ミリア王女に操縦など出来ない。それどころか、下手に動き出せば危険であり、空族たちが集まってきて危ないから降りるように説得するのだが、ミリア王女は聞く耳を持たない。

すると騒ぎを知ったファムが現れ、ミリア王女に後部席に移るように言い、自分が操縦して目的の船を追うというのである。

(続く)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。